第5章 Capsule Server のアンインストール

Capsule Server をアンインストールすると、ターゲットシステムで使用されるすべてのアプリケーションが削除されます。ターゲットシステムで、アプリケーションまたはアプリケーションデータを Capsule Server の実行以外の目的で使用する場合は、Capsule Server をアンインストールする前に、情報をバックアップする必要があります。

Capsule Server をアンインストールするには、katello-remove コマンドを使用します。このコマンドは、システム内のすべてのパッケージと設定ファイルを削除する前に、警告を 2 つ表示して確認を求めます。

katello-remove コマンドは、以下のパッケージおよび設定ファイルを削除します。

  • httpd (apache)
  • mongodb
  • tomcat6
  • puppet
  • ruby
  • rubygems
  • すべての Katello および Foreman パッケージ

手順

  1. Satellite Web UI で、ホスト > すべてのホスト に移動します。
  2. アンインストールする Capsule Server の右側にある 編集 リストから、削除 を選択します。
  3. インフラストラクチャー > Capsules に移動します。
  4. アンインストールする Capsule Server の右側にある 編集 リストから、削除 を選択します。
  5. Capsule Server で katello-remove コマンドを入力します。

    # katello-remove

CLI をご利用の場合

  1. Satellite Server で、Capsule Server の全一覧を表示し、アンインストールする Capsule Server の FQDN および ID を書き留めます。

    # hammer capsule list
  2. Satellite Server で、Satellite ホストの一覧から Capsule Server を削除するには、hammer host delete コマンドを入力し、--name オプションを使用して Capsule Server の FQDN を指定します。

    # hammer host delete --name Capsule_Server_FQDN
  3. Satellite Server で、Satellite Capsule の一覧から Capsule Server を削除するには、hammer capsule delete コマンドを入力し、--id オプションを使用して Capsule Server の ID を指定します。

    # hammer capsule delete --id Capsule_Server_ID
  4. Capsule Server で katello-remove コマンドを入力します。

    # katello-remove