第14章 ISO イメージの管理

Red Hat Satellite 6 を使用して、Red Hat のコンテンツ配信ネットワーク (CDN) または他のソースからの ISO イメージを保存できます。仮想マシンイメージなどの他のファイルをアップロードしたり、リポジトリーに公開したりすることも可能です。

14.1. Red Hat からの ISO イメージのインポート

Red Hat CDN では、特定製品の ISO イメージを提供しています。このコンテンツをインポートする手順は、RPM コンテンツのリポジトリーを有効にする手順と似ています。

手順

Red Hat ISO イメージをインポートするには、以下の手順を実行します。

  1. Satellite Web UI で、コンテンツ > Red Hat リポジトリーに移動します。
  2. 検索 フィールドで、Red Hat Enterprise Linux 7 Server (ISOs) などのイメージ名を入力します。
  3. 利用可能なリポジトリーウィンドウで、Red Hat Enterprise Linux 7 Server (ISOs) を展開します。
  4. x86_64 7.2 エントリーでは、有効化 アイコンをクリックして、対象のイメージのリポジトリーを有効にします。
  5. コンテンツ > 製品 に移動して、Red Hat Enterprise Linux Server をクリックします。
  6. Red Hat Enterprise Linux Server ウィンドウの Repositories タブをクリックして、Red Hat Enterprise Linux 7 Server ISOs x86_64 7.2 をクリックします。
  7. Red Hat Enterprise Linux 7 Server ISOs x86_64 7.2 ウィンドウの右上で、アクションの選択 をクリックして、同期開始 を選択します。

同期の状態の表示方法

  • Web UI で、コンテンツ > 同期の状態 に移動し、たとえば、Red Hat Enterprise Linux Server を展開します。

CLI をご利用の場合

  1. file リポジトリーの Red Hat Enterprise Linux Server 製品を特定します。

    # hammer repository-set list \
    --product "Red Hat Enterprise Linux Server" \
    --organization "My_Organization" | grep "file"
  2. Red Hat Enterprise Linux 7.2 Server ISO の file リポジトリーを有効にします。

    # hammer repository-set enable \
    --product "Red Hat Enterprise Linux Server" \
    --name "Red Hat Enterprise Linux 7 Server (ISOs)" \
    --releasever 7.2 \
    --basearch x86_64 \
    --organization "My_Organization"
  3. 製品のリポジトリーの場所を特定し、同期します。

    # hammer repository list \
    --product "Red Hat Enterprise Linux Server" \
    --organization "My_Organization"
    # hammer repository synchronize \
    --name "Red Hat Enterprise Linux 7 Server ISOs x86_64 7.2" \
    --product "Red Hat Enterprise Linux Server" \
    --organization "My_Organization"

14.2. 個別の ISO イメージとファイルのインポート

以下の手順を使用して、ISO コンテンツとその他のファイルを Satellite Server に手動でインポートします。カスタムファイルをインポートするには、Web UI または Hammer CLI を使用して、以下の手順を実行してください。ただし、アップロードするファイルのサイズが 15 MB よりも大きい場合は、Hammer CLI を使用してリポジトリーにアップロードする必要があります。

  1. カスタム製品を作成します。
  2. ファイルのリポジトリーを製品に追加します。
  3. ファイルをリポジトリーにアップロードします。

手順

カスタムの ISO イメージをインポートするには、以下の手順を実行します。

  1. Satellite Web UI で コンテンツ > 製品 に移動して、製品ウィンドウで 製品の作成 をクリックします。
  2. 名前 フィールドで製品を識別するための名前を入力します。この名前が ラベル フィールドに投入されます。
  3. GPG キー フィールドには、製品の GPG キーを入力します。
  4. 同期プラン リストから製品の同期プランを選択します。
  5. 説明フィールドには、製品の説明を入力します。
  6. 保存をクリックします。
  7. 製品ウィンドウで、新製品をクリックし、リポジトリーの作成 をクリックします。
  8. 名前 フィールドには、リポジトリーの名前を入力します。これにより、自動的に ラベル フィールドにデータが投入されます。
  9. タイプ の一覧から ファイル を選択します。
  10. アップストリーム URL フィールドに、ソースとして使用するレジストリーの URL を入力します。アップストリームのユーザー名アップストリームのパスワード フィールドには対応するユーザー名とパスワードを追加します。
  11. 保存をクリックします。
  12. 新しいリポジトリーをクリックします。
  13. ファイルのアップロード に移動し、参照 をクリックします。
  14. .iso ファイルを選択して アップロード をクリックします。

CLI をご利用の場合

  1. カスタム製品を作成します。

    # hammer product create \
    --name "My_ISOs" \
    --sync-plan "Example Plan" \
    --description "My_Product" \
    --organization "My_Organization"
  2. リポジトリーを作成します。

    # hammer repository create \
    --name "My_ISOs" \
    --content-type "file" \
    --product "My_Product" \
    --organization "My_Organization"
  3. ISO ファイルをリポジトリーにアップロードします。

    # hammer repository upload-content \
    --path ~/bootdisk.iso \
    --name "My_ISOs" \
    --organization "My_Organization"