リリースノート

Red Hat Satellite 6.6

Red Hat Satellite 向け製品情報、新機能、および既知のバグ

Red Hat Satellite Documentation Team

概要

本書では、Red Hat Satellite 向けの製品情報と、新機能および既知のバグを概説しています。

第1章 概要

Red Hat Satellite は、物理環境、仮想環境、およびクラウド環境でのシステムのデプロイ、設定、および保守を可能にするシステム管理ソリューションです。Satellite では、一元化された単一のツールを使用して複数の Red Hat Enterprise Linux デプロイメントのプロビジョニング、リモート管理、監視が可能です。

Red Hat Satellite Server は、Red Hat カスタマーポータルおよびその他のソースからのコンテンツを同期し、詳細なライフサイクル管理、ユーザーおよびグループのロールベースのアクセス制御、サブスクリプションの統合管理、高度な GUI、CLI、または API アクセスを含む機能を提供します。

Red Hat Satellite Capsule Server は、さまざまな地理的な場所でのコンテンツフェデレーションを実現するために Red Hat Satellite Server からのコンテンツをミラーリングします。ホストシステムは中央 Satellite Server からではなくローカルの Capsule Server からコンテンツおよび設定をプルできます。また、Capsule Server は Puppet マスター、DHCP、DNS、TFTP などのローカライズされたサービスも提供します。Capsule Server を使用すると、環境内で管理対象システムの数が増えたときに Red Hat Satellite を簡単にスケーリングできます。

1.1. Satellite 6 コンポーネントバージョン

Red Hat Satellite は、複数のアップストリームプロジェクトの組み合わせです。含まれるメジャープロジェクトと、Red Hat Satellite の各メジャーおよびマイナーリリースに含まれるプロジェクトのバージョンの詳細については、「Satellite 6 Component Versions」を参照してください。

1.2. Red Hat Satellite および Proxy Server のライフサイクル

Red Hat Network Satellite と Red Hat Satellite のライフサイクルフェーズの概要および本製品のサポート状況については、「Red Hat Satellite および Proxy Server のライフサイクル」を参照してください。

1.3. Red Hat Satellite のよくある質問 (FAQ)

Red Hat Satellite 6 に関する FAQ のリストについては、 「Red Hat Satellite 6 FAQ」を参照してください。

第2章 コンテンツ配信ネットワーク (CDN) のリポジトリー

このセクションでは Red Hat Satellite 6.6 のインストールに必要なリポジトリーについて説明します。

Red Hat Satellite 6.6 は、コンテンツ配信ネットワーク (CDN) からインストールすることができます。CDN からインストールするには、オペレーティングシステムと関連アイテムの正しいリポジトリーを使用するように subscription-manager を設定します。

CDN リポジトリーを有効にするには、以下のコマンドを実行します。

# subscription-manager repos --enable=reponame

CDN リポジトリーを無効化するには、以下のコマンドを実行します。

# subscription-manager repos --disable=reponame

以下のセクションは、Red Hat Satellite 6.6 で必要なリポジトリーについて説明します。これらのリポジトリーの 1 つがパッケージのインストールに必要な場合にそのリポジトリーを有効化する手順が本書に記載されています。

2.1. Red Hat Satellite

以下の表は、Red Hat Satellite Server のリポジトリーリストです。

表2.1 Red Hat Satellite

リポジトリー名リポジトリーラベル

Red Hat Satellite 6.6 (RHEL 7 Server 用) (RPM)

rhel-7-server-satellite-6.6-rpms

Red Hat Satellite 6.6 (RHEL 7 Server 用) (ISO)

rhel-7-server-satellite-6.6-isos

2.2. Red Hat Satellite Capsule

以下の表は、Red Hat Satellite Capsule Server のリポジトリーリストです。

表2.2 Red Hat Satellite Capsule

リポジトリー名リポジトリーラベル

Red Hat Satellite Capsule 6.6 (RHEL 7 Server 用) (RPM)

rhel-7-server-satellite-capsule-6.6-rpms

2.3. Red Hat Satellite Maintenance

以下の表は、Red Hat Satellite Maintenance のリポジトリーリストです。

表2.3 Red Hat Satellite Maintenance

リポジトリー名リポジトリーラベル

Red Hat Satellite Maintenance 6 (RHEL 7 Server 用) (RPM)

rhel-7-server-satellite-maintenance-6-rpms

2.4. Red Hat Satellite Tools

以下の表は、Red Hat Satellite Tools のリポジトリーリストです。

表2.4 Red Hat Satellite Tools for Red Hat Enterprise Linux 5

リポジトリー名リポジトリーラベル

Red Hat Satellite Tools 6.6 (RHEL 5 Server 用- AUS) (RPM)

rhel-5-server-aus-satellite-tools-6.6-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.6 (RHEL 5 Server 用 - ELS) (RPM)

rhel-5-server-els-satellite-tools-6.6-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.6 (RHEL 5 for System Z 用- ELS) (RPM)

rhel-5-for-system-z-els-satellite-tools-6.6-rpms

表2.5 Red Hat Satellite Tools for Red Hat Enterprise Linux 6

リポジトリー名リポジトリーラベル

Red Hat Satellite Tools 6.6 (RHEL 6 Desktop 用) (RPM)

rhel-6-desktop-satellite-tools-6.6-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.6 (RHEL 6 Server 用) (RPM)

rhel-6-server-satellite-tools-6.6-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.6 (RHEL 6 Server 用- AUS) (RPM)

rhel-6-server-aus-satellite-tools-6.6-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.6 (RHEL 6 Workstation 用) (RPM)

rhel-6-workstation-satellite-tools-6.6-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.6 (RHEL 6 for System Z 用) (RPM)

rhel-6-for-system-z-satellite-tools-6.6-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.6 (RHEL 6 for IBM Power 用) (RPM)

rhel-6-for-power-satellite-tools-6.6-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.6 (RHEL 6 for Scientific Computing 用) (RPM)

rhel-6-for-hpc-node-satellite-tools-6.6-rpms

表2.6 Red Hat Satellite Tools for Red Hat Enterprise Linux 7

リポジトリー名リポジトリーラベル

Red Hat Satellite Tools 6.6 (RHEL 7 Desktop 用) (RPM)

rhel-7-desktop-satellite-tools-6.6-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.6 (RHEL 7 Server 用) (RPM)

rhel-7-server-satellite-tools-6.6-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.6 (RHEL 7 Server 用 - EUS) (RPM)

rhel-7-server-eus-satellite-tools-6.6-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.6 (RHEL 7 Server 用 - TUS) (RPM)

rhel-7-server-tus-satellite-tools-6.6-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.6 (RHEL 7 Server 用- AUS) (RPM)

rhel-7-server-aus-satellite-tools-6.6-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.6 (RHEL 7 Server 用 - E4S) (RPMs)

rhel-7-server-e4s-satellite-tools-6.6-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.6 (RHEL 7 Workstation 用) (RPM)

rhel-7-workstation-satellite-tools-6.6-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.6 (RHEL 7 for System Z 用) (RPMs)

rhel-7-for-system-z-satellite-tools-6.6-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.6 (RHEL 7 for System Z 用 - EUS) (RPM)

rhel-7-for-system-z-eus-satellite-tools-6.6-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.6 (RHEL 7 for IBM Power 用) (RPM)

rhel-7-for-power-satellite-tools-6.6-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.6 (RHEL 7 for IBM Power 用 - EUS) (RPM)

rhel-7-for-power-eus-satellite-tools-6.6-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.6 (RHEL 7 for IBM Power LE 用) (RPM)

rhel-7-for-power-le-satellite-tools-6.6-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.6 (RHEL 7 for IBM Power LE 用 - EUS) (RPM)

rhel-7-for-power-le-eus-satellite-tools-6.6-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.6 (RHEL 7 for IBM Power LE 用 - E4S) (RPMs)

rhel-7-for-power-le-e4s-satellite-tools-6.6-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.6 (RHEL 7 for Scientific Computing 用) (RPM)

rhel-7-for-hpc-node-satellite-tools-6.6-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.6 (RHEL 7 for Scientific Computing 用 - EUS) (RPM)

rhel-7-for-hpc-node-eus-satellite-tools-6.6-rpms

表2.7 Red Hat Satellite Tools for Red Hat Enterprise Linux 8

リポジトリー名リポジトリーラベル

Red Hat Satellite Tools 6.6 for RHEL 8 x86_64 (RPM)

satellite-tools-6.6-for-rhel-8-x86_64-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.6 (RHEL 8 s390x 用) (RPM)

satellite-tools-6.6-for-rhel-8-s390x-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.6 (RHEL 8 ppc64le 用) (RPM)

satellite-tools-6.6-for-rhel-8-ppc64le-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.6 (RHEL 8 ARM 64 用) (RPM)

satellite-tools-6.6-for-rhel-8-aarch64-rpms

第3章 ドキュメントの重要な変更

今回のリリースでは、Red Hat Satellite のドキュメントにいくつかの重要な変更が加えられました。変更内容についての概要を以下の一覧に記載します。

ドキュメントの直接フィードバック (DDF: Direct Documentation Feedback)

ドキュメントの質を向上し、お客様からのフィードバックを直接受け取れるように、ドキュメントの直接フィードバック (DDF: Direct Documentation Feedback) 機能が、Satelllite 6.5 および 6.6 英語版ドキュメントの multi-page HTML バージョンで利用できるようになりました。

Satellite 6.5 または 6.6 のドキュメントに対するフィードバックを提供するには、右上隅の Feedback ボタンをクリックします。または、テキストをハイライトして、Add Feedback ボタンをクリックし、ドキュメントにコメントを追加することもできます。コメントは、表示された状態のままとなります。また、このコメントは Bugzilla のチケットに追加され、Red Hat Satellite ドキュメントチームに送信され、同チームが確認します。

Red Hat Satellite の管理

OpenSCAP のドキュメントが改善されました。

セキュリティーコンプライアンスの管理

コンテンツ管理ガイド

Red Hat Satellite 6.6 ではコンテナーをプロビジョニングできなくなったため、『プロビジョニングガイド』から「コンテナーのプロビジョニング」のセクションを削除しました。コンテナイメージの管理に関する情報は、『コンテンツ管理ガイド』にあります。

コンテナーイメージの管理

Hammer CLI ガイド

Hammer CLI ガイド』にはHammer CLI 関連のトピックのみが含まれるようになりました。

Hammer CLI ガイド

Satellite Server の使用の関連する CLI の全手順と Bash スクリプトは、他のガイドの対応する手順に記載されています。

ホストの管理

ホストの管理』ガイドの「ホストの管理」の章は、「ホストの管理」や「ホストの登録」など、より具体的で、短めの章に置き換えられています。

ホストの管理

Red Hat Insights を使用した Satellite のホストの監視に関するドキュメントが改善され、『Red Hat Satelliteの管理』ガイドから『ホストの管理』ガイドへ移動しました。

Using Red Hat Insights with Hosts in Satellite

プロビジョニングガイド

プロビジョニングガイド には、VMware での cloud-inituserdata テンプレートの使用に関する情報が追加されています。

VMware vSphere cloud-init と userdata テンプレートを使用したプロビジョニング

Satellite Server のインストール

オンラインネットワークからの Satellite Server のインストール』および『オンラインネットワークからの Satellite Server のインストール』ガイドの「カスタムのサーバー証明書を使用した Satellite Server の設定」 セクションが改善されました。

オンラインネットワークからの Satellite Server のインストール』ガイドの「カスタムの SSL 証明書を使用した Satellite Server の設定

オフラインネットワークからの Satellite Server のインストール』ガイドの「カスタムの SSL 証明書を使用した Satellite Server の設定

Red Hat Insights を使用した Satellite Server の監視に関するドキュメントが更新され、『Red Hat Satelliteの管理』ガイドから『オンラインネットワークからの Satellite Server のインストール』ガイドへ移動しました。

Satellite Server での Red Hat Insights の使用

Capsule Server のインストール

Capsule Server のインストール』ガイドの「SSL 証明書を使用した Capsule Server の設定」の章が作成され、「デフォルトおよびカスタムの SSL 証明書を使用した Capsule Server の設定」の説明が改善されました。

SSL 証明書を使用した Capsule Server の設定

API ガイド
ナレッジアーティクル「API Changes Between Satellite Versions」がカスタマーポータルに公開され、『API ガイド』と『Red Hat Satellite のアップグレードおよび更新ガイド』にこのアーティクルへのリンクが追加されました。

第4章 新機能および改良された機能

本章では、Red Hat Satellite 6.6 の新機能について説明しています。

SWID パススルー
リポジトリーに SWID データが含まれている場合、Red Hat Satellite 6.6 はこのデータをミラーリングし、フィルター処理を行っている場合でもすべてのコンテンツビューで保持します。
アップグレード時の yum トランザクションに対する警告
satellite-maintain で更新またはアップグレードする場合には、yum トランザクションの実行前に警告が表示され、必要に応じて適切な手順を実行できるように、このアクションをキャンセルできるようになりました。
satellite-maintain エイリアスが追加されました
satellite-maintain エイリアスが、foreman-maintain コマンドに追加されました。
アップグレード時の除外の回避
yum の更新でパッケージを除外する時に、除外するパッケージが必須の Satellite リポジトリーから取得している場合に、依存関係の問題で yum の更新が失敗する可能性があります。この問題を回避するには、satellite-maintain では、yum の更新時に、パッケージの除外を設定したことを忘れてしまった場合に問題を回避できるように、パッケージの除外を回避できるようになりました。
Ansible 2.8 のサポート
Red Hat Satellite 6.6 は、Ansible バージョン 2.8 をサポートします。Ansible 2.6 は、2019年 にサポート終了 (EOL) となります。
Ansible 変数のサポート
Ansible 変数は、Puppet のスマートクラスパラメーターと同じレベルでサポートされるようになりました。Ansibleマニフェストがスキャンされ、使用可能な変数が判別され、インポートできるようになります。その後に、(正しいタイプに設定するなど) Ansible 変数を調整して、Puppet の場合と同様に上書きできます。
Ansible 変数の優先順位
以前の Satellite のバージョンでは、Ansible 変数のオーバーライドなどユーザーの特権昇格が必要な場合に、Ansible の become_user キーワードを使用して、Ansible のロールを Effective User に昇格させていました。Satellite 6.6 は、Ansible 変数の優先順位を使用した変数のオーバーライドをサポートします。Ansible キーワード become_user を使用してユーザーの特権昇格や変数のオーバーライドを行う既存の Ansible ロールがある場合には、これらのロールが Ansible 変数の優先順位に従うように再設定する必要があります。詳細は、『Ansible User Guide』の「Variable precedence: Where should I put a variable?」を参照してください。
Ansible Runner のサポート
Red Hat Satellite 6.6 では、ansible-playbook を直接呼び出す代わりに、Ansible ジョブを実行する方法として、Ansible Runner をデフォルト設定できます。 Ansible Runner は、Ansible ジョブ実行で推奨の方法です。
Ansible を使用した OpenSCAP デプロイメント
以前のリリースでは、Puppet なしで OpenSCAP をデプロイできませんでした。Red Hat Satellite 6.6 は、Ansible を使用した OpenSCAP のデプロイおよび、Puppe を使用せずにホストのレポートをサポートするようになりました。
virt-who のレポートの問題解決
以前のリリースでは、virt-who レポートの送信直後に Satellite に virt-who レポートを送信すると (別のハイパーバイザーからであっても)、Satellite のタスクが undefined method '[]' for nil:NilClass のエラーで失敗していましたが、この問題は解決されました。
virt-who 設定プラグイン機能の強化

Red Hat Satellite 6.6 では、以下の追加設定を使用して、virt-who をよりシンプルで、エラーの少ない設定ができます。

  • 設定可能なオプションを使用して、間隔を 1 時間よりも短く (例: 1 minute VIRTWHO_INTERVAL) 設定できるようになりました。
  • virt-who-configure-plugin ではデフォルトで ‘NO_PROXY=*’ が設定されるので、Satellite が正常にコンテンツ配信ネットワーク (CDN) に到達できるようになりました。
Red Hat Virtualization バージョン 4 API のサポート
Red Hat Virtualization バージョン 4 の API 統合が、Satellite 6.4 にテクノロジープレビューとして追加されていましたが、Red Hat Satellite 6.6 で完全にサポートされるようになりました。
新しいタスクダッシュボード
Red Hat Satellite 6.6 には、一時停止されたタスクや、エラーまたは警告のあるタスクに焦点を当てたタスクページが追加されています。このページでは、タスクのステータスをよりわかりやすくグラフィック表示されるようになりました。
タスク通知の拡張機能

Red Hat Satellite 6.6 には、システムでタスクが一時停止された場合向けに、以下の機能が強化されました。

  • Web UI で、admin ユーザーは、システム内で現在、一時停止されているタスク数に関する通知を受信し、通知エリアから直接、一時停止タスクのリストに移動できます。
  • Web UI で、タスクを開始したユーザーは、特定の一時停止タスクに関する通知を受信し、通知エリアから直接、タスクの詳細と Red Hat ナレッジベースアーティクルに移動してトラブルシューティングができます。
タスクロギングの拡張機能
Red Hat Satellite 6.6 では、タスク ID、実行計画 ID、新しい状態、結果など、タスクの状態変更 (一時停止または停止したタスクなど) に関してロギングされる内容が改善されました。
全 Satellite Server および Capsule Server の rsyslog へのロギング
一貫性を保つため、Satellite Server および Capsule Server はすべて、デフォルトで rsyslog にロギングされるようになりました。
cloud-init のサポート
Red Hat Satellite 6.6 には、foreman-userdata プラグインが追加され、cloud-init を使用したデプロイメントがサポートされるようになりました。
依存関係解決の機能を備えたコンテンツビューの作成
コンテンツビューフィルターを作成する時に、コンテンツビューから/へ任意のパッケージおよびエラータを追加したり削除したりできます。依存関係の解決は、作成されたリポジトリーで実行されるようになりました。
デフォルトのスケール設定の拡張機能

Red Hat Satellite 6.6 には、デフォルトの動作に対して、以下の拡張機能が追加されました。

  • Satellite には、さまざまなメモリーやサイズを設定するための事前定義済みの custom-heira.yaml テンプレートセットが追加されています。このテンプレートは、推奨の事前定義済みチューニング設定が含まれており、チューニンガイドを読んで手動で変更を加える代わりに、こちらを使用できます。詳細は、『オンラインネットワークからの Satellite Server のインストール』の「事前定義済みのプロファイルを使用した Satellite Server のインストール」を参照してください。
  • 未使用のタスクを消去する機能がデフォルトで有効化されています。この設定でパフォーマンスの問題、ディスクの使用量が減少し、アップグレードの成功率が向上します。詳細は、『Red Hat Satellite の管理』の「未使用のタスクのタスクを消去する機能の設定」を参照してください。
レポートの拡張機能

Red Hat Satellite 6.6 には、Satellite 6.5 に追加されたレポートエンジンに、以下の拡張機能が追加されました。

  • エラータのレポートテンプレートを新たに適用する機能
  • レポートをスケジュールする機能
  • レポートをメールで送信する機能
Google Compute Engine でのプロビジョニングのサポート

Red Hat Satellite 6.6 は、プロビジョニングプラットフォームとして Google Compute Engine (GCE) をサポートします。これには以下の機能が含まれます。

  • GCE コンピューティングリソースの作成
  • コンピュートリソースを使用したイメージベースのプロビジョニング
  • VPN を使用してオンプレミスの Satellite Server から更新を送信する機能
  • GCE 仮想マシンのデコミッション

    CLI および API のサポートは、Red Hat Satellite の今後のリリースで追加される予定です。

Composer の統合
Red Hat Satellite 6.6 の Composer 統合を使用して、Satellite からコンテンツをダウロードし、デプロイメント用にイメージをビルドでき、このデプロイメントイメージを Satellite にアップロードして、Satellite でこれらのイメージをプロビジョニングできます。
デフォルトのキックスタートプロビジョニングテンプレートの機能拡張
  • 新しい fips_enabled オプションが導入され、FIPS 関連のパッケージがインストールされるようになりました。
  • repo のキックスタートステートメントが proxy_string 変数で変更できます。
  • %post スニペットエラーが発生した場合には、エラーが Satellite Web UI のホストのステータスに報告されます。
  • テンプレート自体を変更せずに、Kickstart default custom post スニペットが自動的にテンプレートの %post セクションに追加されます。

第5章 リリースの情報

本リリースノートには主に、今回リリースされた Red Hat Satellite 6 のデプロイメント時に考慮すべきテクノロジープレビューの項目、推奨事項、既知の問題、非推奨となった機能について記載します。Red Hat Satellite 6 の本リリースのサポートライフサイクル中にリリースされた更新についての注記は、各更新に付属のアドバイザリーテキストに表示されます。

5.1. 機能拡張

Red Hat Satellite 6 の本リリースには以下の拡張機能が含まれます。

BZ#1152515 公開時にパッケージの依存関係を解決するように、コンテンツビューを設定できます。設定するには、コンテンツビューに移動して、依存関係の解決のチェックボックスを選択してください。依存関係解決機能では、以下のグローバル設定 2 つを設定できます。1. 管理 > 設定 > コンテンツに移動して、コンテンツビューの依存関係解決のデフォルト設定を変更し、デフォルトで依存関係の解決機能を有効化または無効化できます。2. 管理 > 設定 > コンテンツに移動して、コンテンツビューの依存関係解決のアルゴリズムの設定を変更して、適用する依存関係解決アルゴリズムを選択できます。コンテンツビューの依存関係解決のチェックボックスが選択されている場合は、Satellite はコンテンツビューで依存関係の競合がないかを確認し、コンテンツビューのフィルターを上書きして既存の競合を解決します。依存関係解決機能には、注意事項が 3 点あります。1. 依存関係解決機能を有効化してコンテンツビューを公開すると、約 3 倍時間がかかります。2. 依存関係解決機能は、リポジトリー間の依存関係の競合を解決しません。3. 依存関係解決機能が有効なコンテンツビューが正しく機能しているか公開後に確認する必要があります。カスタムのリポジトリーを使用している場合や、エラータのワークフローには、コンテンツビューに依存関係の競合が発生する可能性があります。

BZ#1559006 Red Hat Satellite 6.6 では、Red Hat Virtualization へのホスト作成時に、宛先ストレージドメインを選択できるようになりました。ホストのディスクを追加するテンプレートを選択する時に、ストレージドメインとストレージの割り当てを変更できます。こうすることで、テンプレートからディスクのクローンを作成し、ストレージドメインとクローンしたディスクの割り当てを変更して、Red Hat Virtualization で先にディスクを手動でクローンする必要なく、宛先ストレージドメインを選択できるようになります。

BZ#1658265 以前は、Satellite で HTTP プロキシーが設定されていた場合、virt-who 設定が HTTP プロキシーを使用して virt-who データの送信を試みて失敗していました。このリリースでは、virt-who は HTTP プロキシー設定を無視し、データを直接 Satellite に送信します。

BZ#1684573 Ansible 2.8 がサポートされるようになりました。

BZ#1698148 Red Hat Satellite 6.6 では、同期中のリポジトリーで提供される SWID タグデータを伝搬するサポートが追加されました。

BZ#1730648 以前は、Satellite は RHEL ベースのハイパーバイザーの複製プロファイルを作成し、2 倍のサブスクリプションを消費させていました。ユーザーは、RHEL ベースのハイパーバイザーを Satellite に登録する前に、VDSM モードで virt-who を手動で設定する必要がありました。Satellite 6.6 以降、Satellite は RHEL ベースのハイパーバイザー用のユニークなプロファイルを作成します。したがって、最初に RHEL ベースのハイパーバイザーを subscription-manager に登録してから、Satellite Web UI の virt-who 設定ツールを使用して virt-who を設定する必要があります。

BZ#1738199 以前のリリースでは、yum を使用して Satellite のベースオペレーティングシステムでパッケージを更新またはインストールすると、Satellite に関連するパッケージが更新され、システムの整合性に欠ける結果となっていました。今回の Satellite のリリースでは、yum を使用してパッケージのインストールおよび更新ができないようになっています。代わりに、foreman-maintain packages install および foreman-maintain packages update コマンドを使用する必要があります。foreman-maintain を使用すると、パッケージのインストール後に satellite-installer --upgrade スクリプトが実行されるので、複数のサービスが再起動される点に注意してください。この機能を無効にして、システムの安定性をご自身で管理することもできます。この機能は、Capsule Server では無効になっています。

5.2. テクノロジープレビュー

このセクションに記載する項目は、テクノロジープレビューとして提供しています。テクノロジープレビューの適用範囲のステータスに関する詳細情報およびそれに伴うサポートへの影響については、「テクノロジプレビュー機能のサポート範囲」を参照してください。

Container-native Virtualization Plug-in (コンテナーネイテイブの仮想化プラグイン)
Container-native Virtualization Plug-in (コンテナーネイテイブの仮想化プラグイン) が、テクノロジープレビュー機能として Satellite 6.6 で利用可能になりました。
カーネル実行 (kexec) テンプレート
Satellite 6.2 で導入された PXE なしの起動方法が含まれるカーネル実行テンプレートは、テクノロジープレビュー機能として引き続き利用可能です。
トレーサー
Satellite 6.3 で導入されたトレーサーツールの統合機能は、テクノロジープレビュー機能として引き続き利用可能です。

5.3. リリースノート

このセクションでは、Red Hat Satellite の注目すべき変更点や推奨プラクティスなどの今回のリリースに関する重要な情報を記載しています。お使いのデプロイメントに最大限の効果をもたらすために、以下の情報を考慮する必要があります。

BZ#1612800 VMware ハイパーバイザーの場合、Satellite Web UI、API、および Hammer CLI を介して、ホストペアレントをフィルタリングおよび除外できるようになりました。

BZ#1658284 virt-who 設定で、3 つの新しい間隔 (24 時間、2 日、3 日) が追加されました。これにより、以下の間隔で virt-who を実行するように Satellite を設定できるようになりました: 1 時間ごと、2 時間ごと、4 時間ごと、8 時間ごと、12 時間ごと、24 時間ごと、2 日ごと、または 3 日ごと。

5.4. 既知の問題

現時点で Red Hat Satellite 6 の既知の問題は以下のとおりです。

BZ#1578911 VMware コンピュートリソースを使用してホストをプロビジョニングする場合には、デフォルトのリソースプールしか選択できません。別のリソースプールを選択しようとすると、プロビジョニングに失敗します。回避策として、コンピュートリソースのキャッシュを無効にしてください。

BZ#1649927 Hammer CLI を使用すると、VMware コンピュートリソースを使用するイメージからプロビジョニングする場合に問題が発生します。回避策として、--compute-attributes="image_id='500d7545-8e17-ce0f-4011-79c5c2c88e49' などのように、Hammer CLI の --compute-attributes オプションで image_id を指定してください。

BZ#1678179 Satellite Web UI では、コンテンツホストのリポジトリーセットに対する一括アクション機能を使用する時に、カスタム製品リポジトリーが表示されません。カスタムリポジトリーではなく、空白のリストが表示されてしまいます。

BZ#1686245 「オンデマンド」ポリシーを使用して Kicstart リポジトリーをダウンロードする場合に、Satellite は誤ってファイルを保存するので、プロビジョニング時に問題が発生してしまいます。Kickstart リポジトリーには「即時」ポリシーのみを使用してください。

BZ#1692753 ApiDoc の location_id および organization_id パラメーターの説明が不明瞭で、さらに、これらのパラメーターのエラーメッセージが間違っています。これらのパラメーターを使用して API クエリーのコンテキストスコープを設定する必要がありますが、コンピュートリソースのロケーションまたは組織を更新しないでください。このコマンドを使用して、コンピュートリソースを更新する場合には、API 要求が「コンピュートリソースが存在しません」という誤ったエラーメッセージを返します。

BZ#1713401 プロビジョニング時に、OSPP セキュリティーポリシーを Red Hat Enterprise Linux 8 システムに適用すると、Satellite Server から katello-ca-consumer パッケージをインストールできないので、システムをコンテンツホストとして登録できません。回避策として、システムをプロビジョニングした後に、以下のコマンドを使用して katello-ca-consumer をインストールしてからシステムを手動で登録してください: # rpm -Uvh --nodigest --nofiledigest http://satellite.example.com/pub/katello-ca-consumer-latest.noarch.rpm

BZ#1719175 HTTP プロキシーパスワードに "?" などの特殊文字が含まれている場合に、Insights のアップロードが "407 Proxy Authentication Required" エラーで失敗します。HTTP プロキシーのパスワードに特殊文字を使用しないでください。

BZ#1719636 Satellite でホストのサブスクリプション情報を編集する場合に、Satellite Web UI の監査レコードにホストが表示されません。ホストの一覧の代わりに、"Host ids" の行に "Missing(ID: 2)" というエラーが表示されます。

BZ#1720369 以下のコマンドを入力すると、リポジトリーのメタデータのシンボリックリンクが破損する可能性があります。BZ#1720369 が解決されるまで、このコマンドを使用しないでください。# foreman-rake katello:delete_orphaned_content RAILS_ENV=production シンボリックリンクが壊れている場合には、yum リポジトリーのメタデータを再生成してください。

BZ#1728612 Ansible ジョブは常に sudo の become_method を使用します。実効ユーザーメソッドを変更すると、変更した設定は、SSH リモート実行には適用されますが、Ansible ジョブには適用されません。

BZ#1732657 Satellite 6.5 以降で subscription-manager を使用してクライアントを登録すると、登録時に追加の監査データやファクトデータが保存されるので、以前のバージョンよりも時間がかかります。

BZ#1743706 Satellite Server を FIPS モードで使用すると、外部の MongoDB サーバーに接続できません。FIPS モードと MongoDB を使用するには、内部の MongoDB を使用してください。

BZ#1745724 hammer organization コマンドを使用すると、非推奨になったオプションを使用していないにもかかわらず、そのオプションに対する警告が表示されます。このコマンドは問題なく機能するので、非推奨のオプションを使用していない場合には、この警告を無視しても構いません。

BZ#1745835 完全な Capsule 同期が失敗し、新しいメタデータを完全に公開しません。

BZ#1750239 アクティベーションキーを使用した登録時に、ホストにサブスクリプションをアタッチすると、Satellite は間違ったサブスクリプションをアタッチしてしまいます。代わりに、自動アタッチを使用してください。

BZ#1750248 HUP シグナルを foreman-proxy デーモンに送信しても、ローテーションしたログファイルは再度表示されません。その結果、削除済みのファイルが開いたままであるとの報告が出され、ロギングが正しく機能せず、ログの記録が失われる可能性があります。以下のコマンドを使用して、削除済みのファイルの有無を確認できます: lsof | grep deleted | grep "\/var\/log" この問題を回避するには、ログのローテーションが済んでから foreman-proxy サービスを再起動します。

BZ#1754314 katello-agent を使用する Satellite ホストでは、qpid-proton パッケージが原因でメモリーリークが発生する場合があります。

BZ#1754881 Foreman-maintain は、tar ファイルの読み取りに問題があるため、バックアップからのデータの復元に失敗します。今後のリリースでは、tar アーカイブエッジケースすべてをサポートする GNU tar を使用するように、foreman-maintain が更新される予定です。

BZ#1758645 ハードウェアバージョンが ESXi 6.7 U2 の VMWare 仮想マシンを、Satellite からプロビジョニングできません。

BZ#1759021 ホスト → コンテンツホスト → コンテンツホストの登録の順にクリックして、ドキュメントボタンを押すと、404 エラーが返されます。URL が変更されたにもかかわらず、Satellite Web UI の URL が更新されていませんでした。正しいドキュメントを表示するには、手動で https://access.redhat.com/documentation/ja-jp/red_hat_satellite/6.6/html/managing_hosts/registering_hosts に移動してください。

BZ#1759588 foreman-maintain packages update all コマンドが機能しません。Satellite ベースオペレーティングシステムですべてのパッケージを更新するには、foreman-maintain packages update \\* コマンドを入力してください。

5.5. 非推奨の機能

本項には、サポートされなくなった機能、または今後のリリースでサポートされなくなる予定の機能について記載します。

BZ#1670092 Red Hat Satellite 6.6 では、リソースのインポートまたはエクスポート用の "hammer csv" コマンドが削除されました。引き続き "hammer --csv" コマンドを使用して、フォーマットされた出力のみを生成できます。

BZ#1698182 Red Hat Satellite 6.6 では、foreman_docker プラグインが削除されたので、コンテナーをプロビジョニングできなくなりました。

BZ#1713222 hammer コマンドの --environment および --environment-id オプションは、ライフサイクルと Puppet 環境における混乱のため、非推奨となりました。代わりに --lifecycle-environment または --puppet-environment オプションを使用してください。

BZ#1716615 コンテンツホストのサブスクリプションイベント (Satellite Web UI のホスト > コンテンツホスト > ホスト名 > サブスクリプション > イベント) が非推奨となり、今後のリリースで削除される予定です。

BZ#1741454 検出用の foreman_organization と foreman_location のファクト値はいずれも非推奨となりました。代わりに、discovery_organization または discovery_location のファクト値を使用してください。ノードの検出先のサブネットも、ファクトで設定された組織およびロケーションに所属していることを確認します。所属していない場合には、セキュリティーの理由上、Satellite で設定が拒否されます。

法律上の通知

Copyright © 2020 Red Hat, Inc.
The text of and illustrations in this document are licensed by Red Hat under a Creative Commons Attribution–Share Alike 3.0 Unported license ("CC-BY-SA"). An explanation of CC-BY-SA is available at http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/. In accordance with CC-BY-SA, if you distribute this document or an adaptation of it, you must provide the URL for the original version.
Red Hat, as the licensor of this document, waives the right to enforce, and agrees not to assert, Section 4d of CC-BY-SA to the fullest extent permitted by applicable law.
Red Hat, Red Hat Enterprise Linux, the Shadowman logo, the Red Hat logo, JBoss, OpenShift, Fedora, the Infinity logo, and RHCE are trademarks of Red Hat, Inc., registered in the United States and other countries.
Linux® is the registered trademark of Linus Torvalds in the United States and other countries.
Java® is a registered trademark of Oracle and/or its affiliates.
XFS® is a trademark of Silicon Graphics International Corp. or its subsidiaries in the United States and/or other countries.
MySQL® is a registered trademark of MySQL AB in the United States, the European Union and other countries.
Node.js® is an official trademark of Joyent. Red Hat is not formally related to or endorsed by the official Joyent Node.js open source or commercial project.
The OpenStack® Word Mark and OpenStack logo are either registered trademarks/service marks or trademarks/service marks of the OpenStack Foundation, in the United States and other countries and are used with the OpenStack Foundation's permission. We are not affiliated with, endorsed or sponsored by the OpenStack Foundation, or the OpenStack community.
All other trademarks are the property of their respective owners.

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。