Menu Close

第4章 仮想ゲストの登録

4.1. VDC サブスクリプションのハイパーバイザーへの割り当て

前提条件

利用可能な VDC サブスクリプションを、仮想ゲストをホストするハイパーバイザーに割り当てます。

  1. Satellite web UI で、ホスト > コンテンツホスト に移動します。
  2. コンテンツホスト 一覧でハイパーバイザーを探してその名前をクリックします。
  3. コンテンツホストの詳細ページで サブスクリプション > サブスクリプション に移動します。
  4. Virtual Datacenter サブスクリプションを選択し、選択を追加 をクリックします。

すべてのハイパーバイザーでこれらのステップを繰り返します。

4.1.1. VDC サブスクリプションの確認

VDC サブスクリプションおよび関連のサブスクリプションプールが利用できることを確認するには、Satellite Web UI を開いて、コンテンツ > サブスクリプション に移動します。たとえば、VDC サブスクリプションを 1 台の仮想化マネージャーまたはハイパーバイザーに登録している場合は、サブスクリプションプールが以下のように表示されます。

Red Hat Enterprise Linux for Virtual Datacenters, Standard

1 out of 1				Physical

このサブスクリプションプールは、以下のように VDC サブスクリプションの下に表示されます。

Red Hat Enterprise Linux for Virtual Datacenters, Standard (DERIVED SKU)

1 out of unlimited		Guests of vmhost1.example.com

この例では、仮想マシンがサブスクライブされ、ハイパーバイザー vmhost1.example.com からサブスクリプションが継承されます。仮想マシンがサブスクライブされたことを確認するには、サブスクリプション数 (この例では 1 out of unlimited (無制限のうちの 1 件)) をクリックし、アクティベーションキー ドロップダウンリストから コンテンツホスト を選択します。

4.2. 仮想マシンのサブスクリプションプロセス

Virtual Machine Subscription Process

仮想マシンの登録プロセスは以下のとおりです。

  1. 仮想マシンは、Satellite を使用してプロビジョニングされます。
  2. 仮想マシンは、Satellite Server からサブスクリプションを要求します。
  3. サブスクリプションマネージャーは、この時点では仮想マシンがどのホストに所属するか把握していないため、最大 7 日間有効である一時的なサブスクリプションが付与されます。
  4. virt-who デーモンは、仮想マネージャーまたはハイパーバイザーに接続し、ゲスト仮想マシンの詳細を要求します。デフォルトでは、この要求は 1 時間ごとに出されますが、間隔は変更できます。Red Hat は、Red Hat サポートから依頼があった場合を除いて、この値を変更せずデフォルトのままにすることを推奨します。
  5. 仮想化マネージャーまたはハイパーバイザーは、UUID などのゲスト仮想マシン一覧を virt-who に返します。
  6. virt-who デーモンは、ゲスト仮想マシンの一覧を Satellite Server にレポートします。
  7. 次に、Satellite Server は、利用可能なサブスクリプションと、仮想マシンが必要とするサブスクリプションを照合します。必要なサブスクリプションが利用できる場合は、仮想マシンに割り当てられ、サブスクリプションが完了します。

4.3. ゲスト仮想マシンの登録

以下の手順に従って、ゲストの仮想マシンを登録します。

  1. Red Hat Satellite Server で登録する仮想マシンを設定します。

    # yum install http://satellite.example.com/pub/katello-ca-consumer-latest.noarch.rpm
  2. 仮想マシンを登録します。

    # subscription-manager register --org="organization_label"
  3. サブスクリプションを取得します。

    # subscription-manager attach --pool=subscription_pool_ID

    サブスクリプションプールが、ハイパーバイザーに使用するものと同じであることを確認します。仮想マシンは、Satellite Server からサブスクリプションを取得します。そのプロセスの詳細は「サブスクリプションのステータス」を参照してください。

Red Hat Subscription Manager でアクティベーションキーを使用することもできます。アクティベーションキーの詳細は 『コンテンツ管理ガイド』「アクティベーションキーの管理」を参照してください。