Menu Close

第6章 自動アタッチの適用防止

以下の手順を実行して、自動アタッチ機能で意図しないサブスクリプションがアタッチされることを防ぎます。

  1. 自動アタッチが有効かどうかを判断します。
# subscription-manager auto-attach --show
  1. 自動アタッチを無効にします。
# subscription-manager auto-attach --disable

6.1. ホストのサブスクリプションの更新

本セクションでは、複数のホストにサブスクリプションを再割り当てする方法を 3 つ説明します。以下のユースケースが適用されます。

  • ホストのサブスクリプションの有効期限が切れ、有効なサブスクリプションを新たに割り当てる必要がある場合。
  • ホストのサブスクリプションが有効ではあるか、追加サブスクリプションを割り当てる必要がある場合。

ホストのサブスクリプションの有効期限が切れており、自動割り当てと virt-who を事前に設定している場合は、サブスクリプションマネージャーが一連の基準に基づいて、ホストと、その仮想マシンに対応する有効なサブスクリプションの再割り当てを試みます。何か操作する必要はありません。

6.1.1. Web UI の使用

Web UI を使用すると、複数のサブスクリプションを複数のホストに同時に割り当てることができます。

  1. ホストコンテンツホスト をクリックします。プロンプトが表示されたら、組織を選択します。
  2. ホストを選択します。フィルター機能を使用すれば、サブスクリプションを割り当てるホストの一覧を絞り込むことができます。リストにあるホストをすべて選択するには、上部のチェックボックスを使用します。
  3. アクションの選択サブスクリプションの管理 を選択します。
  4. 割り当てるサブスクリプションを選択し、選択を追加 を選択します。

選択したサブスクリプションがすべて割り当てられると、タスクの結果に success と表示されます。確認するには、ホストコンテンツホスト に移動し、確認するホストを選択します。サブスクリプションサブスクリプション をクリックして、新たに割り当てたサブスクリプションが一覧に追加されていることを確認します。

6.1.2. Hammer CLI の使用

Hammer CLI を使用すると、各ホストのサブスクリプションを繰り返し更新するか、複数のホストに対するアクションをまとめたスクリプトを作成して自動化することができます。

  1. 組織で利用可能なサブスクリプションを一覧表示します。

    # hammer --output json subscription list --organization example
    
    [
    {
      "ID": 192,
      "UUID": "2c918093561eaa39015630f5cd841d56",
      "Name": "Red Hat Enterprise Linux Server, Premium (Physical or Virtual Nodes)",
       ...
    }]
  2. 有効なサブスクリプションが割り当てられていないホストを検索します。

    # hammer host list --search "subscription_status = invalid"
    
    ---|---------------------------|------------------|---------------
    ID | NAME                      | OPERATING SYSTEM | HOST GROUP
    ---|---------------------------|------------------|---------------
    45 | cloudforms.example.com    | RedHat 7.2       | Infrastructure
    84 | devnode-146.example.com   | RedHat 7.2       | Wordpress
    82 | virt-testing.example.com  | RedHat 7.1       | Development
    ---|---------------------------|------------------|---------------
  3. 希望のホストにサブスクリプションを割り当てます。

    # hammer host subscription attach --host devnode-146.example.com --quantity 2 --subscription-id 192
    
    Subscription attached to the host successfully
  4. サブスクリプションが適切に割り当てられていることを確認します。

    # hammer host list --search "subscription_status = invalid"
    
    ---|---------------------------|------------------|---------------
    ID | NAME                      | OPERATING SYSTEM | HOST GROUP
    ---|---------------------------|------------------|---------------
    45 | cloudforms.example.com    | RedHat 7.2       | Infrastructure
    82 | virt-testing.example.com  | RedHat 7.1       | Development
    ---|---------------------------|------------------|---------------

6.1.3. CSV のエクスポートおよびインポートを使用

CSV 方法でも Hammer CLI ツールを使用して、サブスクリプション、ホスト、アクティベーションキーのマッピング情報のバックアップを取得し、Satellite にインポートし直して、各ホストに適切なサブスクリプションが割り当てられていることを確認できます。サブスクリプションの更新にこの方法を使用する場合は、サブスクリプションの有効期限が切れる前に CSV ファイルをエクスポートする必要があります。

  1. CSV ファイルをエクスポートします。これを cron ジョブに追加して、すべてのホストのサブスクリプションステータスのバックアップが常に取得されているようにします。

    # hammer csv content-hosts --export --file content-hosts-export.csv --itemized-subscriptions --organization example
  2. CSV ファイルを変更して、新しいサブスクリプションの詳細 (新しい契約番号など) を追加します。
  3. ホストのサブスクリプションの有効期限が切れ、サブスクリプションの再割り当てが必要になった時に、CSV ファイルをホストにインポートし直します。

    # hammer csv content-hosts --file content-hosts-export.csv --itemized-subscriptions --organization example