Menu Close

第14章 Satellite Server 機能の拡張

Red Hat Satellite Server は、プラグインをインストールして拡張できます。たとえば、Foreman フックプラグインを使用して、ホストオーケストレーションを拡張できます。Foreman フックの詳細については、Red Hat カスタマーポータルで「Using Foreman Hooks in Satellite Server」のアーティクルを参照してください。このプラグインは、Red Hat リポジトリーと Foreman リポジトリーで、RPM パッケージとして提供されています。

Satellite 用のプラグインには通常、RPM パッケージ名に foreman という語が含まれており、Capsule 用のプラグインには、名前に smart_proxy が含まれています。

Red Hat が提供するプラグインは、Satellite CLI から yum コマンドを使用して検索とインストールができます。

アップストリーム Satellite プラグインは、Foreman リポジトリーで入手できます。Foreman のリリースごとにリポジトリーが異なり、各リポジトリーに対象のリリースのプラグインが含まれています。Foreman リポジトリーの設定の詳細については、「Foreman リポジトリーの設定」を参照してください。

重要

Red Hat では、Foreman API はサポートしていますが、Foreman リポジトリーからインストールしたプラグインはサポートしていません。

14.1. プラグインの検索

Satellite CLI を使って利用可能なプラグインを検索します。

注記

アップストリーム プラグインも検索するには、Foreman リポジトリーを 「Foreman リポジトリーの設定」 の説明に従って設定します。

手順

  • root ユーザーとして yum search を使ってパッケージ名に "-foreman" がつくパッケージを検索します。

    例 - Satellite 用 rubygem プラグインの検索

    # yum search rubygem-foreman
    Loaded plugins: product-id, search-disabled-repos, subscription-manager
    =================== N/S matched: rubygem-foreman ==============================
    tfm-rubygem-foreman-redhat_access.noarch : Foreman engine to access Red Hat knowledge base and manage support cases.
    tfm-rubygem-foreman-tasks.noarch : Tasks support for Foreman with Dynflow integration
    tfm-rubygem-foreman_abrt.noarch : Display reports from Automatic Bug Reporting Tool in Foreman
    tfm-rubygem-foreman_bootdisk.noarch : Create boot disks to provision hosts with Foreman
    output truncated

14.2. プラグインのインストール

Satellite CLI を使用してプラグインをインストールします。お使いのシステムの Foreman のバージョンと互換性のあるプラグインをインストールしてください。yum info または rpm -qi コマンドを使用して RPM パッケージの説明を表示し、てプラグインの ID を確認できます。

注記

アップストリーム プラグインをインストールするには、Foreman リポジトリーを 「Foreman リポジトリーの設定」の説明に従って設定します。

手順

  1. yum install を使用して必要なプラグインをインストールします。

    例: tfm-rubygem-foreman_templates プラグインのインストール:

    # yum install tfm-rubygem-foreman_templates
  2. foreman-maintain サービスを再起動します。

    # foreman-maintain service restart

インストールされたことを確認するには、yum を使ってインストールされたプラグインを一覧表示します。

  • 例: rubygem-foreman プラグインのインストール確認

    # yum list installed | grep rubygem-foreman | grep foreman
  • yum を使って Capsule プラグインを一覧表示することもできます。

    # yum list installed | grep proxy

14.3. Foreman リポジトリーの設定

アップストリーム プラグインをインストールするには、Satellite CLI を使用して Foreman リポジトリーを設定します。リポジトリーを設定すると、Satellite CLI から yum コマンドを使用して、プラグインを検索し、インストールできます。Foreman パッケージは現在、GPG 署名されていません。

foreman プラグインについての情報は、Foreman web サイトの Popular Plugins および List of Plugins セクションを参照してください。

手順

  1. rpm コマンドで Foreman のリリースを確認します。

    $ rpm -q foreman
    foreman-1.20.1.10-1.el7sat.noarch
  2. rpm 設定ファイルを作成します。

    touch /etc/yum.repos.d/foreman-plugins.repo
  3. 以下の内容をファイルに追加します。

    [foreman-plugins]
    name=Foreman plugins
    baseurl=http://yum.theforeman.org/plugins/1.20/el7/x86_64/
    enabled=1
    gpgcheck=0

    URL 内のバージョン番号を必要な Foreman リリース番号で置き換えます。