リリースノート

Red Hat Satellite 6.5

Red Hat Satellite 向け製品情報、新機能、および既知のバグ

Red Hat Satellite Documentation Team

概要

本書では、Red Hat Satellite 向けの製品情報と、新機能および既知のバグを概説しています。

第1章 はじめに

Red Hat Satellite は、物理環境、仮想環境、およびクラウド環境でシステムをデプロイ、設定、および保守することを可能にするシステム管理ソリューションです。Satellite では、一元化された単一のツールで複数の Red Hat Enterprise Linux デプロイメントをプロビジョニング、リモート管理、監視することができます。

Red Hat Satellite Server は、Red Hat カスタマーポータルおよびその他のソースからのコンテンツを同期し、詳細なライフサイクル管理、ユーザーおよびグループのロールベースのアクセス制御、サブスクリプションの統合管理、高度な GUI、CLI、または API アクセスを含む機能を提供します。

Red Hat Satellite Capsule Server は、さまざまな地理的な場所でのコンテンツフェデレーションを実現するために Red Hat Satellite Server からのコンテンツをミラーリングします。ホストシステムは中央 Satellite Server からではなくローカルの Capsule Server からコンテンツおよび設定をプルできます。また、Capsule Server は Puppet マスター、DHCP、DNS、TFTP などのローカライズされたサービスも提供します。Capsule Server を使用すると、環境内で管理対象システムの数が増えたときに Red Hat Satellite を簡単にスケーリングできます。

1.1. Satellite 6 コンポーネントバージョン

Red Hat Satellite は、複数のアップストリームプロジェクトの組み合わせです。含まれるメジャープロジェクトと、Red Hat Satellite の各メジャーおよびマイナーリリースに含まれるプロジェクトのバージョンの詳細については、「Satellite 6 Component Versions」を参照してください。

1.2. Red Hat Satellite および Proxy Server のライフサイクル

Red Hat Network Satellite と Red Hat Satellite のライフサイクルフェーズの概要および本製品のサポート状況については、「Red Hat Satellite および Proxy Server のライフサイクル」を参照してください。

1.3. Red Hat Satellite のよくある質問 (FAQ)

Red Hat Satellite 6 に関する FAQ のリストについては、 「Red Hat Satellite 6 FAQ」を参照してください。

第2章 コンテンツ配信ネットワーク (CDN) のリポジトリー

このセクションでは Red Hat Satellite 6.5 のインストールに必要なリポジトリーについて説明します。

Red Hat Satellite 6.5 は、コンテンツ配信ネットワーク (CDN) からインストールすることができます。CDN からインストールするには、オペレーティングシステムと関連アイテムの正しいリポジトリーを使用するように subscription-manager を設定します。

CDN リポジトリーを有効にするには、以下のコマンドを実行します。

# subscription-manager repos --enable=[reponame]

CDN リポジトリーを無効にするには、以下のコマンドを実行します。

# subscription-manager repos --disable=[reponame]

以下のセクションは、Red Hat Satellite 6.5 で必要なリポジトリーについて説明します。これらのリポジトリーの 1 つがパッケージのインストールに必要な場合にそのリポジトリーを有効化する手順が本書に記載されています。

2.1. Red Hat Satellite

以下の表は、Red Hat Satellite Server のリポジトリーリストです。

表2.1 Red Hat Satellite

チャンネルリポジトリー名

Red Hat Satellite 6.5 (RHEL 7 Server 用) (RPM)

rhel-7-server-satellite-6.5-rpms

Red Hat Satellite 6.5 (RHEL 7 Server 用) (ISO)

rhel-7-server-satellite-6.5-isos

2.2. Red Hat Satellite Capsule

以下の表は、Red Hat Satellite Capsule Server のリポジトリーリストです。

表2.2 Red Hat Satellite Capsule

チャンネルリポジトリー名

Red Hat Satellite Capsule 6.5 (RHEL 7 Server 用) (RPM)

rhel-7-server-satellite-capsule-6.5-rpms

Red Hat Satellite Capsule 6.5 (RHEL 7 Server 用) (ISO)

rhel-7-server-satellite-capsule-6.5-isos

2.3. Red Hat Satellite Maintenance

以下の表は、Red Hat Satellite Maintenance のリポジトリーリストです。

表2.3 Red Hat Satellite Maintenance

チャンネルリポジトリー名

Red Hat Satellite Maintenance 6 (RHEL 7 Server 用) (RPM)

rhel-7-server-satellite-maintenance-6-rpms

2.4. Red Hat Satellite Tools

以下の表は、Red Hat Satellite Tools のリポジトリーリストです。

表2.4 Red Hat Satellite Tools

チャンネルリポジトリー名

Red Hat Satellite Tools 6.5 (RHEL 5 Server 用- AUS) (RPM)

rhel-5-server-aus-satellite-tools-6.5-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.5 (RHEL 5 Server 用 - ELS) (RPM)

rhel-5-server-els-satellite-tools-6.5-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.5 (RHEL 5 for System Z 用- ELS) (RPM)

rhel-5-for-system-z-els-satellite-tools-6.5-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.5 (RHEL 6 Desktop 用) (RPM)

rhel-6-desktop-satellite-tools-6.5-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.5 (RHEL 6 Server 用) (RPM)

rhel-6-server-satellite-tools-6.5-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.5 (RHEL 5 Server 用- AUS) (RPM)

rhel-6-server-aus-satellite-tools-6.5-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.5 (RHEL 6 Workstation 用) (RPM)

rhel-6-workstation-satellite-tools-6.5-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.5 (RHEL 6 for System Z 用) (RPM)

rhel-6-for-system-z-satellite-tools-6.5-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.5 (RHEL 6 for IBM Power 用) (RPM)

rhel-6-for-power-satellite-tools-6.5-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.5 (RHEL 6 for Scientific Computing 用) (RPM)

rhel-6-for-hpc-node-satellite-tools-6.5-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.5 (RHEL 7 Desktop 用) (RPM)

rhel-7-desktop-satellite-tools-6.5-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.5 (RHEL 7 Server 用) (RPM)

rhel-7-server-satellite-tools-6.5-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.5 (RHEL 7 Server 用 - EUS) (RPM)

rhel-7-server-eus-satellite-tools-6.5-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.5 (RHEL 7 Server for ARM 用) (RPM)

rhel-7-server-e4s-satellite-tools-6.5-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.5 (RHEL 7 Server 用 - TUS) (RPM)

rhel-7-server-tus-satellite-tools-6.5-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.5 (RHEL 7 Server 用- AUS) (RPM)

rhel-7-server-aus-satellite-tools-6.5-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.5 (RHEL 7 Workstation 用) (RPM)

rhel-7-workstation-satellite-tools-6.5-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.5 (RHEL 7 for System Z 用) (RPM)

rhel-7-for-system-z-satellite-tools-6.5-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.5 (RHEL 7 for System Z 用 - EUS) (RPM)

rhel-7-for-system-z-eus-satellite-tools-6.5-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.5 (RHEL 7 for IBM Power 用) (RPM)

rhel-7-for-power-satellite-tools-6.5-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.5 (RHEL 7 for IBM Power LE 用) (RPM)

rhel-7-for-power-le-satellite-tools-6.5-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.5 (RHEL 7 for IBM Power 用 - EUS) (RPM)

rhel-7-for-power-eus-satellite-tools-6.5-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.5 (RHEL 7 for IBM Power LE 用 - EUS) (RPM)

rhel-7-for-power-le-eus-satellite-tools-6.5-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.5 (RHEL 7 for IBM Power LE 用 - EUS) (RPM)

rhel-7-for-power-le-e4s-satellite-tools-6.5-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.5 (RHEL 7 for Scientific Computing 用) (RPM)

rhel-7-for-hpc-node-satellite-tools-6.5-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.5 (RHEL 7 for Scientific Computing 用 - EUS) (RPM)

rhel-7-for-hpc-node-eus-satellite-tools-6.5-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.5 (RHEL 7 Workstation 用) (RPM)

rhel-7-for-power-9-satellite-tools-6.5-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.5 (RHEL 7 Server for ARM 用) (RPM)

rhel-7-for-arm-64-satellite-tools-6.5-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.5 (RHEL 7 for IBM System Z 用 - Structure A) (RPM)

rhel-7-for-system-z-a-satellite-tools-6.5-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.5 for RHEL 8 x86_64 (RPM)

satellite-tools-6.5-for-rhel-8-x86_64-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.5 for RHEL 8 IBM z Systems (RPM)

satellite-tools-6.5-for-rhel-8-s390x-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.5 for RHEL 8 Power, little endian (RPM)

satellite-tools-6.5-for-rhel-8-ppc64le-rpms

Red Hat Satellite Tools 6.5 for RHEL 8 ARM 64 (RPM)

satellite-tools-6.5-for-rhel-8-aarch64-rpms

第3章 ドキュメントスイートの重要な変更

今回のリリースでは、Red Hat Satellite のドキュメントセットにいくつかの重要な変更が加えられました。変更内容についての概要を以下の一覧に記載します。

ロードバランシングガイド

ロードバランシングガイドに以下の新規セクションを追加しました。

「Configuring Capsule Server with Custom SSL Certificates for Load Balancing without Puppet」

「Configuring Capsule Server with Custom SSL Certificates for Load Balancing with Puppet」

「Promoting SCAP Content to Clients」

ホストの管理

以下の新規セクションを追加しました。

https://access.redhat.com/documentation/en-us/red_hat_satellite/6.5/html/managing_hosts/chap-managing_hosts-generating_host_monitoring_reports

Red Hat Satellite の管理

以下のセクションを削除しました。

Foreman フック

コンテンツ管理ガイド
コンテンツ管理ガイドは、学術用語およびトレーニングマニュアルのような文調を削除するように更新されました。

コンテンツ管理ガイドの言語とレイアウトが整理され、他の Satellite のガイドと一致するようになりました。

https://access.redhat.com/documentation/en-us/red_hat_satellite/6.5/html/content_management_guide/index

第4章 新機能および改良された機能

本章では、Red Hat Satellite 6.5 の新機能について説明しています。

Red Hat Enterprise Linux 8 プロビジョニングおよびパッチ適用

Satellite 6.5 は、Red Hat Enterprise Linux 6 および Red Hat Enterprise Linux 7 で現在利用可能なプロビジョニングおよびパッチサポートと同じ内容を Red Hat Enterprise Linux 8 でもサポートします。

以前の Red Hat Satellite バージョンは Red Hat Enterprise Linux 8 をサポートしません。

Red Hat Enterprise Linux 8 アプリケーションストリーム
Satellite 6.5 では、Red Hat Enterprise Linux 8 アプリケーションストリーム (AppStreams) のサポートが導入されました。これは、Satellite ではモジュールストリームと呼ばれます。AppStream の追加オプションを使用して、作業フローの複雑性を軽減することができます。たとえば、ニーズに合わせて、RPM の依存関係の競合を考慮したり、追加のリポジトリー設定をしたりせずに、PostgreSQL 10 または PostgreSQL 9.6 を選択できます。
Red Hat Enterprise Linux 8 システムの目的

システムの目的属性を設定して、 Red Hat Enterprise Linux 8 ホストの用途を記述できるようになりました。システムの目的属性では、ホスト作成時に自動的にアタッチするサブスクリプションを定義します。これには以下のような利点があります。

  • システム管理者およびビジネス運営に向けた詳細にわたるシステムレベルの情報
  • システムのプロビジョニングの理由やその用途を判断してオーバーヘッドを削減
  • サブスクリプションマネージャーの自動アタッチ、システム使用状況の自動検出および照合のユーザーエクスペリエンスを改善
Red Hat Enterprise Linux システムロール
Satellite 6.5 には Red Hat Enterprise Linux システムロールのサポートがあります。このようなシステムロールには、Satellite で管理するホストに実行可能な Ansible Playbook が割り当てられます。これには、SELinux の設定、システムの時間の設定、Red Hat Insights クライアントの設定などが含まれます。
FIPS が有効な Red Hat Enterprise Linux 7 ホストへの Satellite 6.5 のインストール

FIPS が有効な Red Hat Enterprise Linux 7 ホストに Satellite Server と Capsule Server をインストールできるようになりました。この機能により、Satellite 6.5 は Red Hat Enterprise Linux の FIPS レベルを継承します。

注記

FIPS が有効な Red Hat Enterprise Linux 7 ホストに Satellite 6.5 を新規インストールできるようになりました。Satellite がインストール済みの既存のホストで FIPS を有効化することはできません。そのため、既存のシステムを Satellite 6.5 にアップグレードして FIPS を有効にすることはできません。FIPS を Satellite Server で有効化する場合は、その Satellite に接続されている全 Capsule Server で FIPS を有効にする必要があります。

OpenSCAP 機能拡張
Satellite 6.5 では、個別の OpenSCAP ルールに違反する全ホストを表示できるようになりました。
Satellite 管理者ロール
Satellite 6.5 には新たに Satellite 管理者ロールが追加されました。このユーザータイプでは、Satellite インフラストラクチャーを管理して、新しい組織を作成できますが、ホストの管理はできません。
コンテンツビューのエクスポート
Hammer CLI ツールを使用して Satellite からコンテンツビューをエクスポートして、別の Satellite のコンテンツビューにインポートできるようになりました。コンテンツビューのエクスポート、インポート、公開、コンテンツビューのバージョンの作成には、Hammer CLI を使用できます。これにより、ネットワーク接続のない Satellite のプロセスが簡素化されます。
コンテナー機能への機能拡張

Satellite 6.5 では新しいコンテナーイメージの管理機能が拡張されました。新しい機能は以下のとおりです。

  • リポジトリーの機能拡張
  • Docker リポジトリーの検出。これで、イメージ名でレジストリーを検索して、検索結果からローカルのリポジトリーを作成できます。
  • 新しい認証機能のあるレジストリー
  • カスタマイズされたイメージのネーミング
主要なクラウドプロバイダーでの Satellite または Capsule の実行

クラウドアクセスを使用するお客様は、以下のクラウドプロバイダーでのサポート例外を使用せずに Satellite または Capsule をデプロイできるようになりました。

  • AWS
  • Azure
  • Google
  • Alibaba
  • IBM

    注記

    他のプロバイダーは、サポート例外が必要です。現在、AWS および Google でホストプロビジョニングのサポートがあります。

Infoblox IPAM サポート
Satellite 6.5 は Infoblox IPAM をサポートするようになりました。Infoblox アプリケーションを使用して DNS と DHCP を管理できます。
新規のレポーティングエンジン

Satellite 6.5 には、以下のレポーティングテンプレートが含まれるレポーティングエンジンが導入されました。

  • ホストのステータス
  • サブスクリプション
  • 登録済みのホスト
  • 適用可能なエラータ

    テンプレートをコピーして、ニーズに合わせてカスタマイズしたり、独自のレポートを作成したりできます。

第5章 リリースの情報

本リリースノートには主に、今回リリースされた Red Hat Satellite 6 のデプロイメント時に考慮すべきテクノロジープレビューの項目、推奨事項、既知の問題、非推奨となった機能について記載します。

Red Hat Satellite 6 の本リリースのサポートライフサイクル中にリリースされたアップデートについての注記は、各アップデートに付属のアドバイザリーテキストに表示されます。

5.1. 非推奨の機能

Red Hat Access プラグイン
Red Hat Access プラグインは Red Hat Satellite 6.5 で削除されました。

5.1.1. テンプレートの非推奨化

以下のテンプレート機能は、Satellite 6.5 で削除されたか、非推奨のフラグが付けられました。以下の変更に一致する場合には、お使いのテンプレートを更新するようにしてください。

modulepath テンプレートの設定
modulepath 設定が削除されました。
カーネルおよび initramdisk 命名規則の変更
今回のリリースでは、TFTP フォルダーのカーネルと initramdisk の命名規則が変更されました。詳細は、BZ#1447963 を参照してください。
テンプレートの Web UI の変更
2 ペインのレイアウトが非推奨になり、次のバージョンで削除される予定です。
スニペットのテンプレートマクロ
スニペットのテンプレートマクロは非推奨になり、次のバージョンで削除される予定です。代わりに、snippet() を使用してください。
オペレーティングシステムのブートファイル API
ブートファイルのオペレーティングシステム API /api/operatingsystems/:id/bootfiles エンドポイントは非推奨になり、次のバージョンで削除される予定です。各ホストのブートファイルを計算してください。
オペレーティングシステムの medium_uri メソッド
オペレーティングシステムの medium_uri メソッドが、MediumProviders medium_uri メソッドに置き換えられます。オペレーティングシステムの medium_uri メソッドは次のバージョンで削除される予定です。このメソッドを使用するテンプレートを更新して、新規メソッドを使用してください。
オペレーティングシステムの repos メソッド
オペレーティングシステムの repos メソッドが、MediumProviders additional_media メソッドに置き換えられます。オペレーティングシステムの repos メソッドは次のバージョンで削除される予定です。このメソッドを使用するテンプレートを更新して、新規メソッドを使用してください。

5.2. 既知の問題

現時点で Red Hat Satellite 6 の既知の問題は以下のとおりです。

BZ#1465521

既知の問題

CLI ではこのアクションを実行できません。今後のリリースでこの機能は追加される予定です。

BZ#1508957

既知の問題

これはアップストリームで修正済みで、今後のリリースで解決予定です。

BZ#1585272

回避策

この問題を回避するには、除外フィルターを使用して、コンテンツビューフィルターを設定してください。

BZ#1607550

回避策

この問題の回避策については、https://access.redhat.com/solutions/3596821 の KCS ソリューションを参照してください。

BZ#1655233

既知の問題

これはアップストリームで修正済みで、今後のリリースで解決予定です。

BZ#1671319

既知の問題

ID フィールドに現在問題があります。

回避策

他の属性を使用してエクスポートしてください。

BZ#1672802

既知の問題

これはアップストリームで修正済みで、今後のリリースで解決予定です。

BZ#1673447

既知の問題

これはアップストリームで修正済みで、今後のリリースで解決予定です。

BZ#1676626

既知の問題

これはアップストリームで修正済みで、今後のリリースで解決予定です。

BZ#1678339

既知の問題

フォグライブラリーにはリージョンが存在しません。これは、今後のリリースで解決予定です。

BZ#1682953

回避策

ページごとに検索条件をリセットする必要があります。

BZ#1686979

既知の問題

ページを明確化するために、今後のリリースで別途テキストが追加される予定です。

BZ#1692425

回避策

これは手動でオンにできます。

BZ#1694727

既知の問題

再帰論理 ID は今後のリリースで追加予定です。

BZ#1695159

既知の問題

これはアップストリームで修正済みで、今後のリリースで解決予定です。

BZ#1696790

既知の問題

テキストは今後のリリースで更新予定です。

BZ#1696960

既知の問題

これはアップストリームで修正済みで、今後のリリースで解決予定です。

BZ#1698945

既知の問題

これはアップストリームで修正済みで、今後のリリースで解決予定です。

BZ#1700715

既知の問題

根本的な原因は調査中です。

BZ#1703391

既知の問題

これはアップストリームで修正済みで、今後のリリースで解決予定です。

BZ#1707298

既知の問題

これはアップストリームで修正済みで、今後のリリースで解決予定です。