Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Satellite

付録A 大規模デプロイメントに関する考慮事項

Apache 向けファイル記述子の最大数の増加

登録されているコンテンツホストの数が 800 を超える場合、Apache では複数のシステムレベルの制限に到達し、新しいコンテンツホストの登録に失敗することがあります。この問題を回避するには、大量のコンテンツホストをデプロイする前に、ファイル記述子の制限を緩和する必要があります。

  1. /etc/systemd/system/httpd.service.d/limits.conf ファイルを作成し、以下のテキストを挿入します。

    [Service]
    LimitNOFILE=65536
  2. 変更をユニットに適用します。

    # systemctl daemon-reload
  3. Katello サービスを再起動します。

    # katello-service restart

qpid 向けファイル記述子の最大数の増加

1100 を超えるコンテンツホストでエラータ更新のために goferd を実行すると、qpid でシステムレベルの制限に到達し、登録に失敗することがあります。この問題を回避するには、大量のコンテンツホストをデプロイする前に、ファイル記述子の制限を緩和する必要があります。

qpid 向けファイル記述子の最大数の増加

  1. /etc/systemd/system/qpidd.service.d/limits.conf ファイルを作成し、以下のテキストを挿入します。

    [Service]
    LimitNOFILE=65536
  2. 変更をユニットに適用します。

    # systemctl daemon-reload
    # systemctl restart qpidd.service

共有バッファーと作業メモリーの増加

shared_bufferwork_mem はそれぞれ、256M4M に増やすことができます。

  1. Red Hat Enterprise Linux 7 の場合は、/var/lib/pgsql/data/postgresql.conf ファイルを作成し、以下のテキストを挿入します。

    work_mem = 4MB
    shared_buffers = 256MB
  2. postgresql サービスを再起動します。

    # systemctl restart postgresql

同時コンテンツホスト登録の増加

システムレベルの制限に到達しないように、最大 250 の同時コンテンツホストを処理するようグローバルパッセンジャーキュー制限を増加できます。詳細は『Red Hat Satellite のチューニング』「Passenger の設定」を参照してください。以下の手順に従って、 グローバルパッセンジャーキュー制限を増やします。

  1. 最大パッセンジャープールサイズを、Satellite Server で利用可能な物理 CPU コアの 1.5 倍に調整します。

    たとえば、Satellite Server にコアが 16 個ある場合、最大パッセンジャープールサイズは 24 になります。この数は例として使用しているため、実際にはご使用の環境に応じた数を使用する必要があります。

  2. /etc/httpd/conf.d/passenger.conf ファイルを編集して以下のテキストに一致するよう IfModule スタンザを更新します。

    <IfModule mod_passenger.c>
      PassengerRoot /usr/share/gems/gems/passenger-4.0.18/lib/phusion_passenger/locations.ini
      PassengerRuby /usr/bin/ruby
      PassengerMaxPoolSize 24
      PassengerMaxRequestQueueSize 200
      PassengerStatThrottleRate 120
    </IfModule>
  3. Foreman Passenger アプリケーション設定ファイル /etc/httpd/conf.d/05-foreman-ssl.conf を編集して、以下のテキストに一致するよう PassengerAppRoot で始まるスタンザを更新します。

     PassengerAppRoot /usr/share/foreman
     PassengerRuby /usr/bin/tfm-ruby
     PassengerMinInstances 6
     PassengerStartTimeout 90
     PassengerMaxPreloaderIdleTime 0
     PassengerMaxRequests 10000
     PassengerPreStart https://example.com
  4. Puppet Passenger アプリケーション設定ファイル /etc/httpd/conf.d/25-puppet.conf を編集して以下のテキストを仮想ホスト定義の最後に追加します。

     PassengerMinInstances 6
     PassengerStartTimeout 90
     PassengerMaxPreloaderIdleTime 0
     PassengerMaxRequests 10000
     PassengerPreStart https://example.com:8140
  5. /var/lib/pgsql/data/postgresql.conf ファイルで最大接続数を変更します。

    max_connections = 500
  6. postgresql サービスを再起動します。

    # systemctl restart postgresql

qdrouterd 向けオープンファイルの最大数の増加

登録されているコンテンツホストの数が 1000 を超える場合、qdrouterd はオープンファイルのデフォルトの最大数に到達することがあります。この問題を回避するには、Satellite サーバーとすべての外部 Capsule サーバーのオープンファイルの最大数を増加します。

  1. 以下の式を使用して、オープンファイルの必要な最大数を計算します。

    (3 x コンテンツホストの数) + 100

    たとえば、1020 のコンテンツホストの場合、新しい最大数は 3160 ((3 x 1020) + 100) に設定します。

  2. /etc/systemd/system/qdrouterd.service.d/limits.conf ファイルを作成し、以下のテキストを追加します。

    [Service]
    LimitNOFILE=maximum_number_of_files
    1. 変更をユニットに適用します。

      # systemctl daemon-reload
    2. Satellite のサービスを再起動します。

      # katello-service restart

ホスト登録の遅れを減少

Satellite と、登録した各ホストの間の接続は、証明書を使用することで保護されています。ホストを登録すると、Satellite は、識別証明書と Puppet 証明書の 2 つを作成します。各証明書を作成するのに使用されるアルゴリズムでは、Red Hat Enterprise Linux カーネルのランダムなデータが必要になります。ホストを登録する際に十分なエントロピーが利用できない場合は、エントロピーのレベルが十分になるまで遅延が発生します。環境が非常に大きく、10,000 台以上のホストを使用する場合は、エントロピーが足りなくなるため、ホスト登録にかかる速度はおそらく遅くなります。Linux カーネルで利用可能なエントロピーを増やし、Satellite のパフォーマンスをリスクを減らすための方法をいくつか使用できます。

デフォルトでは、Linux カーネルは、乱数のソースとして /dev/random デバイスを使用します。このデバイスはブロックデバイスで、乱数を適切に生成するためのエントロピーの数が少ないと判断すると、乱数を提供しません。それがこの待ち時間となり、ホストの登録に遅れを発生します。この問題を解決するには、非ブロックデバイスの /dev/urandom デバイスを使用します。

ハードウェアサーバーの中には、ハードウェアの乱数ジェネレーターが含まれるものもあります。その乱数ジェネレーターを Red Hat Enterprise Linux カーネルがサポートする場合は、それを乱数のソースとして使用できます。詳細は、ハードウェアベンダーのドキュメントを参照してください。

Satellite が仮想マシンにホストされている場合、ハイパーバイザーの中には、ハードウェアサーバーの乱数ジェネレーターを、それがホストする仮想マシンで利用できるようにするものもあります。Red Hat Virtualization には、Red Hat Virtualization ホストからのエントロピーへの KVM 仮想マシンアクセスを提供する virtio RNG (乱数ジェネレーター) デバイスがあります。Red Hat Enterprise Linux 7.0 を実行しているゲストには、rngd をインストールして設定する必要があります。Red Hat Enterprise Linux 7.1 以降を実行しているゲストでは、ゲストのカーネルが、必要に応じてホストからエントロピーを取得します。ホストの乱数ジェネレーターをゲストと共有している場合は、ハードウェアの乱数ジェネレーターを使用することが推奨されます。

ゲストにおける乱数ジェネレーターの詳細は Red Hat Enterprise Linux 7 『仮想化の導入および管理ガイド』「乱数ジェネレーターデバイス」を参照してください。その他のハイパーバイザーについては、ベンダーのドキュメントを参照してください。

乱数ジェネレーターデーモン (rngd) の詳細は Red Hat Enterprise Linux 7 の『セキュリティーガイド』「乱数ジェネレーターの使用」を参照してください。