第5章 プロビジョニングの概念

Red Hat Satellite の重要な機能は、ホストの無人プロビジョニングです。これを実現するために、Red Hat Satellite では、DNS および DHCP インフラストラクチャー、PXE ブート、TFTP、および Kickstart が使用されます。本章は、この動作原理を説明します。

5.1. PXE ブート

PXE (preboot execution environment) は、ネットワーク上でシステムを起動することができます。PXE は、ローカルハードディスクまたは CD-ROM を使用する代わりに、DHCP を使用してネットワークに関する一般情報をホストに提供し、TFTP サーバーを検出し、ブートイメージをダウンロードします。PXE サーバー設定の詳細は「How to set-up/configure a PXE Server」を参照してください。

5.1.1. PXE シーケンス

  1. ホストは、ブート可能なイメージが見つからない場合に、PXE イメージをブートします。
  2. ホストの NIC が、DHCP サーバーにブロードキャストリクエストを送ります。
  3. DHCP サーバーが、要求を受け取り、ネットワークに関する一般情報 (IP アドレス、サブネットマスク、ゲートウェイ、DNS、TFTP サーバーのロケーション、ブートイメージ) を送ります。
  4. ホストが、TFTP サーバーから、ブートローダー image/pxelinux.0 および設定ファイル pxelinux.cfg/00:MA:CA:AD:D を取得します。
  5. ホスト設定が、カーネルイメージ initrd の場所とキックスタートを指定します。
  6. ホストが、ファイルをダウンロードして、イメージをインストールします。

Satellite Server による PXE ブートの使用例は『プロビジョニングガイド』「プロビジョニングワークフローの定義」を参照してください。

5.1.2. 要件

PXE ブートでマシンをプロビジョニングするには、以下の要件を満たしていることを確認してください。

仮想マシンの前提条件:

  • DHCP サーバーおよび TFTP サーバーにアクセス可能なネットワーク接続を設定しています。

ネットワークの要件:

  • UDP ポート 67 および 68 にアクセスして仮想マシンを有効にし、ブートオプションで DHCP を利用できるようにしています。
  • UDP ポート 69 にアクセスして、仮想マシンが Capsule で TFTP サーバーにアクセスできるようにしています。
  • TCP ポート 80 にアクセスして、仮想マシンが Capsule からファイルおよびキックスタートテンプレートをダウンロードできるようにしています。

クライアント要件:

  • ホストおよび DHCP サーバーがルーターで隔てられている場合は、DHCP リレーエージェントを設定し、DHCP サーバーを指定しています。
  • すべてのネットワークベースのファイアウォールで、サブネットのホストが Capsule にアクセスするように設定されています。詳細は図2.1「分離した Capsule を含む Satellite トポロジー」を参照してください。
  • ホストが属するサブネットで、DHCP が有効になっています。

Satellite 要件:

  • Satellite インストーラーで、適切なサブネットがある DHCP が有効になっています。
  • Satellite インストーラーを使用する TFTP を有効にしています。
  • DHCP 予約の作成時に使用する Capsule を定義するように、サブネットが作成され、Web UI の DHCP Capsule に関連付けている必要があります。予約は常に Capsule から行われます。

5.2. キックスタート

Red Hat キックスタートを使用して、Red Hat Satellite または Capsule Server のインストールプロセスを自動化できます。これは、インストールに必要な情報をすべて含むキックスタートファイルを作成して行います。詳細は『Red Hat Enterprise Linux 5 インストールガイド』「キックスタートを使ったインストール」を参照してください。

5.2.1. ワークフロー

Red Hat Satellite キックスタートスクリプトを実行すると、以下のワークフローが発生します。

  1. Satellite Server または Capsule Server のインストールの場所を指定します。
  2. 事前定義済みのパッケージをインストールします。
  3. Red Hat Subscription Manager をインストールします。
  4. アクティベーションキーを使用して、ホストを Red Hat Satellite にサブスクライブします。
  5. Puppet をインストールし、puppet.conf ファイルで Red Hat Satellite または Capsule instance を指定します。
  6. Puppet を有効にして実行できるようにし、証明書を要求します。
  7. ユーザー定義のスニペットを実行します。