第3章 組織、ロケーション、およびライフサイクル環境の設定

Red Hat Satellite 6 は、組織とロケーションの管理に対して統合的なアプローチを取ります。システム管理者は、1 台の Satellite サーバーに、複数の組織とロケーションを定義します。たとえば、3 つの国 (米国、英国、および日本) に 3 つの組織 (「Finance (財務)」、「Marketing (マーケティング)」、および「Sales (営業)」) がある会社について考えてみましょう。この例では、Satellite Server がすべての地理的な場所 (ロケーション) にあるすべての組織を管理しているため、システムを管理するためのコンテキストを 9 つ作成します。ユーザーはロケーションを定義し、そのロケーションをネストして階層を作成できます。たとえば、Satellite 管理者が、米国ロケーションをさらにボストン、フェニックス、サンフランシスコなどの都市に分けるような場合です。

Red Hat Satellite 6 のトポロジー例

Example Topology for Red Hat Satellite 6

Satellite Server は、ロケーションと組織をすべて定義します。各 Satellite Capsule Server がコンテンツを同期し、ロケーションが異なるシステムの設定を処理します。

コンテンツと設定は、中央の Satellite Server と、特定のロケーションに割り当てられた Satellite Capsule Server との間で同期され、中央の Satellite Server が管理機能を保持します。

3.1. 組織

組織は、所有者、目的、コンテンツ、セキュリティーレベルなどに基づいて Red Hat Satellite 6 リソースを論理グループに分割します。Red Hat Satellite 6 では複数の組織を作成して管理し、Red Hat サブスクリプションを分けて各組織に割り当てることができます。これにより、1 つの管理システムで複数の組織のコンテンツを管理できるようになります。

3.2. ロケーション

ロケーションは、地理的な場所に基づいて組織を論理グループに分割します。各ロケーションは、1 つの Red Hat カスタマーポータルアカウントで作成および使用されますが、1 つのアカウントで管理できるロケーションと組織の数は複数になります。

3.3. ライフサイクル環境

アプリケーションライフサイクルは、アプリケーションライフサイクルの各ステージを表す ライフサイクル環境 に分割されます。ライフサイクル環境はそれぞれがリンクし 環境パス を形成します。コンテンツは、必要に応じて環境パスの次のライフサイクル環境にプロモートできます。たとえば、アプリケーションのあるバージョンの開発が終了したら、そのバージョンをテスト環境にプロモートし、次のバージョンの開発を開始できます。

4 つの環境を含む環境パス

An Environment Path Containing Four Environments