付録A Satellite で提供され、必要になるテクニカルユーザー

Satellite のインストール時にシステムアカウントが作成されます。それらは、ファイルや、Satelite に統合されるコンポーネントのプロセス所有権を管理するために使用されます。これらのアカウントの一部には固定の UID があり、その他のアカウントには、システムで次に利用可能な UID が割り当てられます。各種のアカウントに割り当てられた UID を管理するために、そのアカウントを事前に定義して UID を固定することができます。アカウントの一部にはハードコーディングされた UID があるため、Satellite のインストール時に作成されるアカウントにはこれを実行することはできません。

以下の表は、インストール時に Satellite で作成されるすべてのアカウントの概要を示しています。flex UID マークが付いているアカウントは、Satellite のインストール前にカスタム UID を使用して事前に定義することができます。

home または shell などのフィールドは Satellite が正常に機能するための要件になるため、UID 以外に指定されたアカウントのパラメーターや値を変更することは推奨されません。

表A.1 Satellite で提供され、必要になるテクニカルユーザー

ユーザー名UIDFlex UIDHomeShell

qpidd

なし

はい

/var/lib/qpidd

/sbin/nologin

foreman

なし

はい

/usr/share/foreman

/sbin/nologin

unbound

なし

はい

/etc/unbound

/sbin/nologin

foreman-proxy

なし

はい

/usr/share/foreman-proxy

/sbin/nologin

puppet

52

いいえ

/var/lib/puppet

/sbin/nologin

postgres

26

いいえ

/var/lib/pgsql

/bin/bash

mongodb

184

いいえ

/var/lib/mongodb

/sbin/nologin

apache

48

いいえ

/usr/share/httpd

/sbin/nologin

tomcat

91

いいえ

/usr/share/tomcat

/bin/nologin

qdrouterd

なし

はい

なし

/sbin/nologin

saslauth

76

はい

なし

/sbin/nologin