付録B 用語集

この用語集では、Red Hat Satellite 6 に関連する用語を紹介します。

Activation Key (アクティべーションキー)
ホストの登録およびサブスクリプションの割り当てに使用するトークンです。アクティべーションキーは、新たに作成されるホストに関連付けられるサブスクリプション、製品、コンテンツビュー、およびその他のパラメーターを定義します。
Answer File (Answer ファイル)
インストールシナリオの設定を定義する設定ファイルです。Answer ファイルは YAML 形式で定義され、/etc/foreman-installer/scenarios.d/ ディレクトリーに保存されます。
ARF Report (ARF レポート)
OpenSCAP 監査の結果です。Red Hat Satellite で管理されるホストのセキュリティーコンプライアンスに関する概要を示すものです。
Audit (監査)
特定のユーザーが加えた変更についてレポートを提供します。監査は Satellite Web UI の モニター > 監査 で確認できます。
Baseboard Management Controller (BMC) (ベースボード管理コントローラー: BMC)
ベアメタルホストのリモートの電源管理を有効にします。Satellite 6 では、選択したホストを管理する BMC インターフェースを作成できます。
Boot Disk (ブートディスク)
PXE なしのプロビジョニングに使用される ISO イメージです。この ISO により、ホストは Satellite Server に接続でき、インストールメディアを起動し、オペレーティングシステムをインストールできます。ブートディスクの種類には、ホストイメージ完全ホストイメージ汎用イメージ、および サブネットイメージ があります。
Capsule (Capsule Server)
コンテンツのフェデレーションおよび配信を容易にする (Pulp ノードとしての機能する) ために 、そしてローカライズされた他のサービス (Puppet マスター、DHCPDNSTFTP など) を実行するために、Red Hat Satellite 6 デプロイメントで使用できる追加サーバーです。Capsule は、複数の地理的な場所での Satellite のデプロイメントに役立ちます。アップストリームの Foreman 用語では、Capsule は Smart Proxy (スマートプロキシー) と呼ばれています。
Catalog (カタログ)
Puppet が管理する特定のホストのあるべきシステム状態について説明するドキュメントです。これには、管理が必要なすべてのリソースと、それらリソース間の依存関係を一覧表示します。カタログは Puppet マニフェストから Puppet マスターによってコンパイルされ、また Puppet エージェントのデータが使用されます。
Candlepin
サブスクリプションの管理を行う Katello 内のサービスです。
Compliance Policy (コンプライアンスポリシー)
指定されたホストに SCAP コンテンツに対するコンプライアンスチェックを実行する、Satellite Server で実行されるスケジュールされたタスクを指します。
Compute Profile (コンピュートプロファイル)
コンピュートリソース上で新規仮想マシンのデフォルトの属性を指定します。
Compute Resource (コンピュートリソース)
Red Hat Satellite 6 がホストやシステムのデプロイに使用する仮想またはクラウドのインフラストラクチャーです。例として、Red Hat Enterprise Virtualization、OpenStack, EC2、VMWare などがあります。
Container (Docker Container) (コンテナー (Docker コンテナー))
アプリケーションで必要とされるすべてのランタイム依存関係が含まれる分離されたアプリケーションサンドボックスです。Satellite 6 は、専用のコンピュートリソースでコンテナーのプロビジョニングをサポートします。
Container Image (コンテナーイメージ)
コンテナーの設定の静的なスナップショットです。Satellite 6 は、コンテンツビューでイメージをホストに配信するだけでなく、コンテナーイメージをインポートする各種の方法をサポートします。
Content (コンテンツ)
Satellite がホストに配信するものの総称です。ソフトウェアパッケージ (RPM ファイル)、Puppet モジュール、Docker イメージ、または OSTree スナップショットが含まれます。コンテンツはライブラリーに同期され、コンテンツビューを使用するライフサイクル環境にプロモートされ、ホストでコンテンツを使用できるようにします。
Content Delivery Network (CDN) (コンテンツ配信ネットワーク: CDN)
Red Hat コンテンツを Satellite Server に配信するために使用されるメカニズムです。
Content Host (コンテンツホスト)
コンテンツとサブスクリプションに関連するタスクを管理するホストの一部です。
Content View (コンテンツビュー)
インテリジェントなフィルタリングによって作成されるライブラリーコンテンツのサブセットです。コンテンツビューが公開されると、ライフサイクル環境パスでプロモートしたり、増分アップグレードを使用して変更したりできます。コンテンツビューは、Red Hat Satellite 5 のチャンネルとクローン作成の組み合わせをさらに改良したものです。
Discovered Host (検出ホスト)
検出プラグインによってプロビジョニングネットワークで検出されるベアメタルホストです。
Discovery Image (検出イメージ)
プロビジョニングプロセスの開始前に、初期のハードウェア情報を取得し、Satellite Server と通信するためにホスト上で PXE で起動した Red Hat Enterprise Linux ベースの最小オペレーティングシステムを指します。
Discovery Plug-in (検出プラグイン)
プロビジョニングネットワーク上の不明なホストのベアメタルの自動検出を可能にします。このプラグインは、Satellite Server で実行するサービス、Capsule Server で実行するサービス、ホスト上で実行する Discovery イメージの 3 つのコンポーネントで構成されます。
Discovery Rule (検出ルール)
検出されたホストにホストグループを割り当て、プロビジョニングを自動的にトリガーする前に定義するプロビジョニングルールのセットです。
Docker Tag (Docker タグ)
コンテナーイメージを、通常はイメージに保存されるアプリケーションのバージョンで区別するのに使用するマークです。Satellite 6 Web UI の コンテンツ > Docker タグ で、タグを使用してイメージをフィルタリングできます。
ERB
Embedded Ruby (ERB) は、プロビジョニングおよびジョブテンプレートで使用されるテンプレートの構文です。
Errata (エラータ)
セキュリティー修正、バグ修正、および機能拡張を含む更新された RPM パッケージです。ホストとの関連では、エラータはホストにインストールされているパッケージを更新する場合は 適用可能 となり、ホストのコンテンツビューにある場合は インストール可能 になります (つまり、ホストでのインストールのためにアクセス可能になります)。
External Node Classifier (外部ノードの分類子)
ホストの設定時に Puppet マスターが使用する追加データを提供する Puppet コンストラクトです。Red Hat Satellite 6 は、Satellite デプロイメントで Puppet マスターに対する外部ノードの分類子として機能します。
Facter
Facter は一種のプログラムであり、それを実行するシステムに関する情報 (ファクト) を提供します。たとえば、Facter は合計メモリー、オペレーティングシステムのバージョン、アーキテクチャーなどをレポートできます。Puppet モジュールは、Facter が収集したホストデータに基づいて、特定の設定を有効にします。
Fact (ファクト)
合計メモリー、オペレーティングシステムのバージョン、アーキテクチャーなどのホストのパラメーターです。ファクトは Fater によってレポートされ、Puppet で使用されます。
Foreman
主にプロビジョニングおよびコンテンツのライフサイクル管理を行う Red Hat Satellite 6 コンポーネントです。Foreman は Red Hat Satellite 6 に対応する主なアップストリームのコンポーネントです。
Foreman Hook
ホストの作成時やホストのプロビジョニングの完了時など、オーケストレーションイベントが発生する際に自動的にトリガーされる実行可能プログラムです。
Full Host Image (完全ホストイメージ)
特定のホストの PXE なしのプロビジョニングに使用されるブートディスクです。この完全なホストイメージには、組み込み Linux カーネルと、関連付けられたオペレーティングシステムインストーラーの init RAM ディスクが含まれます。
Generic Image (汎用イメージ)
特定ホストに関連付けられていない PXE なしのプロビジョニングのブートディスクです。この汎用イメージは、ホストの MAC アドレスを Satellite Server に送信し、これをホストエントリーに対してマッチングします。
Hammer
Red Hat Satellite 6 を管理するコマンドラインツールです。コマンドラインから Hammer コマンドを実行したり、スクリプトで実行したりできます。また、 Hammer は対話式シェルも提供します。
Host (ホスト)
Red Hat Satellite 6 が管理するすべてのシステム (物理または仮想システム) を指します。
Host Collection (ホストコレクション)
エラータのインストールなど、1 つ以上のホストへの一括動作に使用されるユーザー定義グループです。Satellite 5 システムグループに相当します。
Host Group (ホストグループ)
ホストをビルドするためのテンプレートです。ホストグループは、ホストグループメンバーが継承する、サブネットやライフサイクル環境などの共有パラメーターを保持します。ホストグループはネスト化して階層構造を作成できます。
Host Image (ホストイメージ)
特定ホストの PXE なしのプロビジョニングに使用されるブートディスクです。ホストイメージには、Satellite Server のインストールメディアにアクセスするのに必要なブートファイルのみが含まれます。
Incremental Upgrade (of a Content View)((コンテンツビューの) 増分アップグレード)
ライフサイクル環境に新規 (マイナー) コンテンツビューバージョンを作成する動作です。増分アップグレードにより、すでに公開されているコンテンツビューのインプレースの変更を行うことが可能になります。セキュリティーエラータの適用時など、迅速な更新に役立ちます。
Job (ジョブ)
リモートで、Satellite Server からホストに実行されるコマンドです。すべてのジョブはテンプレートで定義されます。Satellite 5 のリモートコマンドに似ています。
Job Template (ジョブテンプレート)
ジョブのプロパティーを定義します。
Katello
サブスクリプションおよびリポジトリー管理を行う Foreman プラグインです。
Lazy Sync (遅延同期)
即時 という yum リポジトリーのデフォルトのダウンロードポリシーを オンデマンド または バックグラウンド に変更する機能です。オンデマンド 設定は、クライアントによる要求時にのみパッケージをダウンロードすることでスペースと同期時間を節約し、バックグラウンド 設定は、リポジトリーのメタデータの同期後にパッケージをダウンロードして同期時間を節約します。
Location (ロケーション)
物理的な場所を表すデフォルト設定のコレクションです。
Library (ライブラリー)
Satellite Server の同期済み全リポジトリーの、コンテンツのコンテナーです。各組織にデフォルトで存在する主なライフサイクル環境、すべてのライフサイクル環境パスのルート、およびすべてのコンテンツビューのコンテンツのソースです。
Life Cycle Environment (ライフサイクル環境)
コンテンツホストによって使用されるコンテンツビューのバージョンのコンテナーです。ライフサイクル環境はライフサイクル環境パスのステップを表します。コンテンツはコンテンツビューを公開し、プロモートすることによりライフサイクル環境を通過します。
Life Cycle Environment Path (ライフサイクル環境パス)
コンテンツビューがプロモートされるライフサイクル環境の順序です。たとえば、プロモートパス (たとえば、開発からテスト、テストから本番へ) で、コンテンツビューをプロモートすることができます。Red Hat Satellite 5 では、チャンネルのクローン作成がこの概念を実行するものとなってきました。
Manifest (Subscription Manifest)(マニフェスト (サブスクリプションマニフェスト))

Red Hat カスタマーポータルから Red Hat Satellite 6 にサブスクリプションを送信するメカニズムです。これは Red Hat Satellite 5 で使用される証明書と機能的に似ています。

「Puppet マニフェスト」 と混同しないようにしてください。

OpenSCAP
Security Content Automation Protocol (SCAP) に基づいてセキュリティーコンプライアンスの監査を実施するプロジェクトです。OpenSCAP は、管理対象ホストのコンプライアンス監査を実行するために Satellite 6 に統合されています。
Organization (組織)
Satellite 6 デプロイメント内の複数のシステム、コンテンツ、その他の機能からなる単独のコレクションです。
OSTree
起動可能で、変更不能で、バージョン管理されたシステムツリーを管理するツールです。Satellite 6 は、OSTree スナップショットのミラーリングと、コンテンツビューでの配信をサポートします。
Parameter (パラメーター)
プロビジョニング時の Red Hat Satellite コンポーネントの動作を定義します。パラメーターの範囲に応じて、グローバル、ドメイン、ホストグループ、およびホストパラメーターの間で区別します。パラメーターの複雑度にもよりますが、単純なパラメーター (キーと値のペア) およびスマート変数 (条件付き引数、検証、オーバーライド) 間で区別できます。
Parametrized Class (Smart Class Parameter) (パラメーター化されたクラス (Smart Class パラメーター))
Puppet マスターからクラスをインポートして作成されるパラメーターです。
Permission (パーミッション)
Satellite インフラストラクチャーの選択された部分 (リソースタイプ) に関連するアクションを定義します。各リソースタイプはパーミッションのセットに関連付けられます。たとえば、Architecture というリソースタイプのパーミッションは、view_architecturescreate_architecturesedit_architectures、および destroy_architectures となります。パーミッションはロールに分類し、ロールをユーザーまたはユーザーグループに関連付けることができます。
Product (製品)
コンテンツリポジトリーのコレクションです。製品は Red Hat CDN から提供されるか、Satellite 管理者によってカスタムリポジトリーを分類するために作成されます。
Promote (a Content View)((コンテンツビューの) 公開)
1 つのライフサイクル環境から別のライフサイクル環境へコンテンツを移行する動作を指します。
Provisioning Template (プロビジョニングテンプレート)
ホストプロビジョニングの設定を定義します。プロビジョニングテンプレートはホストグループ、ライフサイクル環境、またはオペレーティングシステムに関連付けることができます。Satellite 6 では、Red Hat Satellite 5 のキックスタートプロファイルおよび Cobbler スニペットと同様の機能を提供します。
Publish (a Content View)((コンテンツビューの) 公開)
コンテンツビューのバージョンをライフサイクル環境で利用可能にし、ホストが利用できるようにする動作です。
Pulp
リポジトリーおよびコンテンツ管理を行う Katello 内のサービスです。
Pulp Node (Pulp ノード)
コンテンツをミラーリングする Capsule Server のコンポーネントです。これは Red Hat Satellite 5 Proxy に似ています。主な違いは、Pulp ノードの場合には、コンテンツがホストによって使用される前にそのノード上でコンテンツをステージングできる点にあります。
Puppet
Satellite 6 の設定および管理コンポーネントです。
Puppet Agent (Puppet エージェント)
設定変更をホストに適用するホスト上で実行されるサービスです。
Puppet Environment (Puppet 環境)
Puppet モジュールの特定のセットに関連付けることのできる Puppet エージェントノードの単独のセットです。
Puppet Manifest (Puppet マニフェスト)

Puppet スクリプト (拡張子 .pp) を参照します。このファイルには、パッケージ、サービス、ファイル、ユーザー、グループなど、必要なリソースセットを定義するコードが含まれており、各属性はキーと値のペアを使用します。 詳細と使用例は『Puppet ガイド』「Puppet モジュールの内容の検証」を参照してください。

「マニフェスト (サブスクリプションマニフェスト)」 と混同しないようにしてください。

Puppet Master (Puppet マスター)
Puppet エージェントが実行する Puppet マニフェストをホストに提供する Capsule Server のコンポーネントです。
Puppet Module (Puppet モジュール)
ユーザー、ファイル、サービスなどのリソースを管理するのに利用できるコード (Puppet マニフェスト) およびデータ (ファクト) の自己完結型のバンドルです。
Recurring Logic (再帰論理)
スケジュールに従って自動的に実行されるジョブです。Satellite 6 Web UI では、これらのジョブを モニター > 再帰論理 で確認できます。
Registry (レジストリー)
コンテナーイメージのアーカイブです。Satellite 6 は、ローカルおよび外部のレジストリーからのイメージのインポートをサポートします。Satellite 自体はホストのイメージレジストリーとして機能できます。ただし、ホストは変更をレジストリーに戻すことができません。
Red Hat Access Insights
Satellite Web UI から選択した Red Hat カスタマーポータルサービスへのアクセスを提供するモジュールです。
Repository (リポジトリー)
コンテンツのコレクションにストレージを提供します。
Resource Type (リソースタイプ)
ホスト、Capsule、アーキテクチャーなどの Satellite インフラストラクチャーの一部を指します。パーミッションのフィルターで使用されます。
Role (ロール)
ホストなどのリソースのセットに適用されるパーミッションのコレクションを指します。ロールはユーザーおよびユーザーグループに割り当てることができます。Satellite は事前に定義されたロールを数多く提供します。
SCAP content (SCAP コンテンツ)
ホストのチェックに使用される設定およびセキュリティーのベースラインを含むファイルです。コンプライアンスポリシーで使用されます。
Scenario (シナリオ)
Satellite CLI インストーラーの事前に定義された設定のセットです。シナリオでは、インストールのタイプを定義します。たとえば、Capsule Server をインストールするには、satellite-installer --scenario capsule を実行します。すべてのシナリオには、シナリオの設定を保存するための独自の Answer ファイルがあります。
Smart Proxy (スマートプロキシー)
DNSDHCP などの外部サービスと統合できる Capsule Server です。アップストリームの Foreman の用語では、Smart Proxy (スマートプロキシー) は Capsule の同意語です。
Smart Variable (Smart 変数)
Puppet モジュールのクラスで使用される設定値です。
Standard Operating Environment (SOE) (標準運用環境 (SOE))
アプリケーションがデプロイされるオペレーティングシステムの制御されたバージョンです。
Subnet Image (サブネットイメージ)
Capsule Server 経由で通信する PXE なしのプロビジョニングの汎用イメージのタイプです。
Subscription (サブスクリプション)
Red Hat からコンテンツおよびサービスを受け取るためのエンタイトルメントです。
Synchronization (同期)
外部リソースのコンテンツを Red Hat Satellite 6 ライブラリーにミラーリングすることを指します。
Synchronization Plan (同期プラン)
コンテンツ同期の実行をスケジュールします。
Task (タスク)
リポジトリーの同期またはコンテンツビューの公開など、Satellite または Capsule Server で実行されるバックグラウンドプロセスです。タスクステータスは、Satellite Web UI の モニター > タスク でモニターできます。
Trend (トレンド)
Satellite 6 インフラストラクチャーの特定の部分で変更を追跡する手段です。トレンドを、Satellite web UI の モニター > トレンド で設定します。
User Group (ユーザーグループ)
ユーザーのコレクションに割り当てることのできるロールのコレクションです。これは、Red Hat Satellite 5 のロールに似ています。
User (ユーザー)
Red Hat Satellite を使用できるように登録されたすべてのユーザーを指します。認証および認可については、外部リソース (LDAP、Identity Management、または Active Directory) または Kerberos を使用し、ビルトインロジックで実行できます。
virt-who
ハイパーバイザーから仮想マシンの ID を取得するためのエージェントです。Satellite 6 で使用すると、virt-who はその ID を Satellite Server に報告するため、仮想マシンにプロビジョニングされているホストにサブスクリプションを提供できます。