6.3. ログファイルからの情報の収集

ログファイルから情報を収集するには以下の 2 つのユーティリティーがあります。

表6.2 ログ収集ユーティリティー

コマンド
説明
foreman-debug
foreman-debug コマンドは、Red Hat Satellite とそのバックエンドサービスの設定およびログファイルデータとシステム情報を収集します。この情報は収集され、tar ファイルに書き込まれます。
デフォルトでは、出力された tar ファイルは /tmp/foreman-debug-xxx.tar.xz にあります。詳細については、foreman-debug --help を実行します。
このコマンドの実行時はタイムアウトがありません。
sosreport
sosreport コマンドは、Red Hat Enterprise Linux システムから設定および診断情報 (実行中のカーネルバージョン、ロードされたモジュール、システムおよびサービス設定ファイルなど) を収集するツールです。また、このコマンドは外部プログラムを実行して (たとえば、foreman-debug -g)、Satellite 固有の情報を収集し、この出力を tar ファイルに格納します。
デフォルトでは、出力 tar ファイルは /var/tmp/sosreport-XXX-20171002230919.tar.xz にあります。詳細については、sosreport --help を実行するか、https://access.redhat.com/solutions/3592: 『What is a sosreport and how can I create one?』 を参照してください。
sosreport コマンドは foreman-debug -g を呼び出し、500 秒後にタイムアウトします。Satellite Server のログファイルが大きい場合や多くの Satellite タスクがある場合、サポートエンジニアはサポートケースを作成するときに sosreportforeman-debug の出力を必要とすることがあります。

重要

foreman-debugsosreport では、情報を収集する間にパスワード、トークン、キーなどのセキュリティー情報が削除されます。ただし、tar ファイルには依然として Red Hat Satellite Server についての機密情報が含まれる可能性があります。Red Hat は、この情報はパブリックではなく特定の受信者に直接送信することを推奨します。