3.2. ロケーション

ロケーションは、地理的なロケーションに基づいて組織を論理グループに分割します。各ロケーションは 1 つの Red Hat カスタマーポータルアカウントにより作成および使用されますが、それぞれのアカウントで複数のロケーションと組織を管理できます。
Red Hat Satellite のインストールプロセスでは、Default Location (デフォルトのロケーション) という名前のロケーションが作成されます (別の名前が指定されない場合)。新しいユーザーにデフォルトのロケーションが割り当てられていないと、そのユーザーのアクセスは制限されます。ユーザーにシステムの権限を付与するには、デフォルトのロケーションを割り当て、そのユーザーでログアウトし、再度ログインします。

重要

デフォルトのロケーションは削除できませんが、必要に応じて名前を変更できます。Web UI またはコマンドラインを使用してデフォルトのロケーションを削除しようとすると、Satellite によりエラーメッセージが返されます。

3.2.1. ロケーションの作成

以下の手順は、ロケーションを作成する方法を示しています。

手順3.7 ロケーションの作成:

  1. Administer (管理)Locations (ロケーション) に移動します。
  2. New Location (新規ロケーション) をクリックします。
  3. Name (名前) フィールドに新規ロケーションの名前を挿入します。ネストされたロケーションを作成する場合は、ドロップダウンメニューから Parent (親) ロケーションを選択します。オプションで、ロケーションの Description (説明) を指定できます。Submit (送信) をクリックします。
  4. 新規ロケーションに割り当てるホストを選択します。
    • Assign All (すべてを割り当て) をクリックしてロケーションのないすべてのホストを新しいロケーションに割り当てます。
    • Manually Assign (手動割り当て) をクリックしてロケーションのないホストを手動で選択し、割り当てます。
    • Proceed to Edit (編集に進む) をクリックしてホストの割り当てを省略します。
  5. Capsule Server、サブネット、コンピュートリソースなどのロケーションの設定詳細を指定します。「ロケーションの編集」 で説明されているように、これらの設定はあとで変更できます。
  6. 送信 をクリックします。

3.2.2. ロケーションの編集

手順3.8 ロケーションの編集:

  1. Administer (管理)Locations (ロケーション) に移動します。
  2. 編集するロケーションの名前をクリックします。
  3. 左側の一覧から編集するリソースを選択します。
  4. 必要な項目の名前をクリックし、それらを 選択された項目 の一覧に追加します。
  5. 送信 をクリックします。

3.2.3. ロケーションの削除

以下の手順は、既存のロケーションを削除する方法を示しています。現時点では、インストール中に作成されたデフォルトのロケーションの削除はサポートされていません。

手順3.9 ロケーションの削除:

  1. Administer (管理)Locations (ロケーション) に移動します。
  2. 削除するロケーションの名前の右側にあるドロップダウンメニューから、Delete (削除) を選択します。
    警告ボックスが表示されます。
    Delete Location?
  3. OK をクリックします。