3.3. ライフサイクル環境

アプリケーションライフサイクルは、アプリケーションライフサイクルの各ステージを表すライフサイクル環境に分割されます。ライフサイクル環境はリンクされて環境パスを形成します。コンテンツは、必要に応じて環境パス上で次のライフサイクル環境にプロモートできます。たとえば、アプリケーションの特定のバージョンの開発が終了すると、このバージョンをテスト環境にプロモートし、次のバージョンの開発を開始することができます。
An environment path containing four environments, including the base Library environment.

図3.2 4 つの環境を含む環境パス

3.3.1. ライフサイクル環境の作成

以下の手順では、Red Hat Satellite でライフサイクル環境を作成する方法を示します。

手順3.10 ライフサイクル環境の作成:

  1. 左上隅にあるメニューから組織を選択します。
  2. Content (コンテンツ)Life Cycle Environments (ライフサイクル環境) をクリックしてから、New Environment Path (新規環境パス) をクリックします。
  3. ライフサイクル環境の名前とラベルを挿入します (Name (名前) フィールドに自動的に入力されます)。Description (説明) フィールドはオプションです。
  4. Save (保存) をクリックして環境を作成します。

3.3.2. コンテンツビューのプロモート

コンテンツビューと、2 つ以上のライフサイクル環境から構成される環境パスを作成したら、必要に応じてコンテンツビューをある環境から次の環境にプロモートできます。つまり、指定された環境に存在するコンテンツビューの最新バージョンがライフサイクル環境パスの次の環境にプロモート (つまり、コピー) されます。
コンテンツビューは、そのバージョンが存在しない環境にプロモートできます。ライフサイクル環境パスの次の環境が自動的に提示されますが、この値は上書きでき、必要に応じて別の環境にプロモートできます。

手順3.11 コンテンツビューのプロモート:

  1. メインメニューで Content (コンテンツ)Content Views (コンテンツビュー) をクリックします。
  2. Name (名前) 列で、プロモートするコンテンツビューの名前をクリックします。
  3. Versions (バージョン) タブで、最新バージョンを特定し、Promote (プロモート) をクリックします。
  4. コンテンツビューをプロモートするプロモーションパスを特定し、適切なライフサイクル環境を選択して、Promote Version (バージョンのプロモート) をクリックします。
  5. プロモーションが完了したら、Versions (バージョン) タブが更新されコンテンツビューの新しいステータスが表示されます。

3.3.3. Satellite Server からのライフサイクル環境の削除

以下の手順では、Red Hat Satellite からライフサイクル環境を削除する方法を示します。

手順3.12 ライフサイクル環境の削除:

  1. メインメニューで Content (コンテンツ)Life Cycle Environments (ライフサイクル環境) をクリックします。
  2. 削除するライフサイクル環境の名前をクリックし、Remove Environment (環境の削除) をクリックします。
  3. 確認ダイアログボックスで Remove (削除) をクリックして環境を削除します。

注記

環境パスの最新の環境のみを削除できます。たとえば、3 つの環境が LibraryDev、および Prod の順序で存在する場合は、Dev を削除する前に Prod を削除する必要があります。Library 環境は削除できません。

3.3.4. Capsule Server からのライフサイクル環境の削除

ライフサイクル環境を Capsule Server から削除する理由は複数あります。以下のような理由があります。
  • ライフサイクル環境とホストシステムとの関連性がなくなった場合
  • ライフサイクル環境が Capsule Server に誤って追加された場合

手順3.13 Capsule Server からのライフサイクル環境の削除:

  1. root ユーザーとして Satellite Server CLI にログインします。
  2. 一覧から必要な Capsule Server を選択し、その ID をメモします。
    # hammer capsule list
    Capsule Server の詳細は、以下のコマンドを使って検証することができます。
    # hammer capsule info --id capsule_id_number
  3. Capsule Server に現在割り当てられているライフサイクル環境の一覧を検証し、environment id をメモします。
    # hammer capsule content lifecycle-environments --id capsule_id_number
  4. Capsule Server からのライフサイクル環境を削除します。
    # hammer capsule content remove-lifecycle-environment --id capsule_id_number --environment-id environment_id
    ここで、
    • capsule_id_number は Capsule Server の ID 番号です。
    • environment_id は、ライフサイクル環境の ID 番号です。
    Capsule Server から削除するすべてのライフサイクル環境に対してこの手順を繰り返します。
  5. Satellite Server の環境にあるコンテンツを Capsule Server に同期します。
    # hammer capsule content synchronize --id capsule_id_number