第7章 Capsule Server の監視

以下の項では、Satellite Web UI を使用して、保守とトラブルシューティングに役に立つ Capsule 情報を見つける方法について説明します。

7.1. 一般的な Capsule 情報の表示

Infrastructure (インフラストラクチャー)Capsules に移動して、Satellite Server に登録された Capsule Server の表を表示します。表に含まれる情報には以下の質問に対する回答が含まれます。
Capsule Server が実行されているか?
これは、Status (ステータス) 列で緑色のアイコンにより示されます。赤色のアイコンは、非アクティブな Capsule を示します。その Capsule をアクティベートするためにするには、Capsule Server で service foreman-proxy restart コマンドを使用します。
どのサービスが Capsule Server で有効であるか?
Features (機能) 列で、Capsule がたとえば DHCP サービスを提供するかどうかや Pulp ノードとして動作するかどうかを確認できます。Capsule の機能はインストール中に有効にしたり、後で設定したりできます。詳細については、Red Hat Satellite Installation Guide を参照してください。
Capsule Server はどの組織およびロケーションに割り当てられたか?
Capsule サーバーは複数の組織およびロケーションに割り当てることができますが、現在選択された組織に属する Capsule のみが表示されます。すべての Capsule をリストするには、左上隅にあるコンテキストメニューから Any Organization (任意の組織) を選択します。
Capsule 設定の変更後に、Actions (アクション) 列のドロップダウンメニューから Refresh (更新) を選択して Capsule の表を最新状態にしてください。
詳細情報を表示するには Capsule 名をクリックします。Overview (概要) タブでは、Capsule の表にあるのと同じ情報を見つけることができます。さらに、以下の質問に回答することができます。
どのホストが Capsule Server によって管理されているか?
関連するホストの数は Hosts managed (管理対象ホスト数) ラベルの横に表示されます。関連するホストの詳細を表示するには、その数をクリックします。
どれくらいのストレージ容量が Capsule Server で利用可能であるか?
/var/lib/pulp/var/lib/pulp/content、および /var/lib/mongodb で Pulp コンテンツにより使用されたストレージ容量が表示されます。また、Capsule で利用可能な残りのストレージ容量を確認できます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。