第1章 Satellite Server と Capsule Server の機能

Red Hat Satellite は、物理環境、仮想環境、およびクラウド環境でシステムをデプロイ、設定、および保守することを可能にするシステム管理ソリューションです。Satellite は、一元化された単一のツールにより、プロビジョニング、リモート管理、および複数の Red Hat Enterprise Linux デプロイメントの監視を提供します。Red Hat Satellite Server は、Red Hat カスタマーポータルからのコンテンツを同期し、詳細なライフサイクル管理、ユーザーおよびグループロールベースアクセス制御、統合サブスクリプション管理、高度な GUI、CLI、および API アクセスを含む機能を提供します。

Red Hat Satellite Capsule Server は、さまざまな地理的な場所でのコンテンツフェデレーションを実現するために Red Hat Satellite Server からのコンテンツをミラーリングします。ホストシステムは中央 Satellite Server からではなく Capsule Server からコンテンツをプルできます。また、Capsule Server は Puppet Master、DHCP、DNS、TFTP などのローカライズされたサービスも提供します。Capsule Server を使用すると、管理対象システムの数が増えたときに Satellite 環境を簡単にスケーリングできます。

Capsule Server により中央サーバーの負荷が減少し、冗長性が増加し、帯域幅の使用率が低下します。詳細については、『Red Hat Satellite Architecture Guide』を参照してください。