第7章 Satellite Server、Capsule Server、およびコンテンツホストの更新

Satellite のマイナーバージョン間の更新

更新は、Satellite Server、Capsule Server、およびコンテンツホストを新しいマイナーバージョンに移行するプロセスです。通常、更新ではセキュリティーの脆弱性にパッチが適用され、コードのリリース後に検出されたマイナーな問題が修正されます。一般的に、更新にはほとんど時間がかからず、ご使用の運用環境は影響を受けません。更新前に、潜在的な競合について、『Red Hat Satellite Release Notes』を参照してください。

以下の手順に従って、たとえば、6.2.0 から 6.2.1 へのマイナーバージョン間で更新を行います。

7.1. Satellite Server の更新

前提条件

  • Satellite、Capsule、および Satellite Tools 向けの Satellite Server リポジトリーが同期されていることを確認します。
  • 関連するすべてのコンテンツビューに対して更新済みリポジトリーをプロモートすることにより、各 Capsule およびコンテンツホストを更新できることを確認します。

Satellite Server を次のマイナーバージョンに更新

Satellite Server の更新手順:

  1. 適切なリポジトリーのみが有効であることを確認します。

    1. 有効なリポジトリーをリストします。

      # subscription-manager repos --list-enabled
    2. 以下のリポジトリーのみが有効であることを確認します。

      rhel-X-server-rpms
      rhel-X-server-satellite-6.2-rpms
      rhel-server-rhscl-X-rpms

      ここで、X は、使用している Red Hat Enterprise Linux のメジャーバージョンです。必要な場合は、リポジトリーの無効化および有効化の詳細について、リポジトリーの設定を参照してください。自己登録 Satellite を使用するときは、Katello エージェントを提供する rhel-X-server-satellite-tools-6.2-rpms リポジトリーも存在することがあります。必要な場合は、詳細について「katello エージェントのインストール」を参照してください。

  2. 自己登録 Satellite を使用している場合は、Satellite Server を停止する前にすべてのパッケージをダウンロードします。

    # yum update --downloadonly

    この手順は、自己登録されていない Satellites の場合はオプションです。

  3. Katello を停止します。

    # katello-service stop
  4. すべてのパッケージを更新します。

    # yum update
  5. カーネルの更新が行われたら、システムを再起動します。

    # reboot
  6. 更新を実行します。

    # satellite-installer --scenario satellite --upgrade
  7. 自己登録 Satellite を使用している場合は、goferd を再起動します。

    • Red Hat Enterprise Linux 6 の場合は、以下のコマンドを実行します。

      # service goferd restart
    • Red Hat Enterprise Linux 7 の場合は、以下のコマンドを実行します。

      # systemctl restart goferd

7.2. Capsule Server の更新

Capsule Server を次のマイナーバージョンに更新

Capsule Server の更新手順:

  1. 適切なリポジトリーのみが有効であることを確認します。

    1. 有効なリポジトリーをリストします。

      # subscription-manager repos --list-enabled
    2. 以下のリポジトリーのみが有効であることを確認します。

      rhel-X-server-rpms
      rhel-X-server-satellite-capsule-6.2-rpms
      rhel-server-rhscl-X-rpms
      rhel-X-server-satellite-tools-6.2-rpms

      ここで、X は、使用している Red Hat Enterprise Linux のメジャーバージョンです。必要な場合は、リポジトリーの無効化および有効化の詳細について、「リポジトリーの設定」を参照してください。rhel-X-server-satellite-tools-6.2-rpms リポジトリーは、Katello エージェントを提供します。必要な場合は、詳細について「katello エージェントのインストール」を参照してください。Red Hat Software Collections リポジトリーはオプションですが、リモート実行機能を使用するには必要です。

  2. Katello を停止します。

    # katello-service stop
  3. すべてのパッケージを更新します。

    # yum update
  4. カーネルの更新が行われたら、システムを再起動します。

    # reboot
  5. 更新を実行します。

    # satellite-installer --scenario capsule --upgrade
  6. goferd を再起動します。

    • Red Hat Enterprise Linux 6 の場合は、以下のコマンドを実行します。

      # service goferd restart
    • Red Hat Enterprise Linux 7 の場合は、以下のコマンドを実行します。

      # systemctl restart goferd

7.3. コンテンツホストの更新

コンテンツホストを次のマイナーバージョンに更新

コンテンツホストを更新するには、以下のコマンドを入力します。

  1. すべてのパッケージを更新します。

    # yum update
  2. カーネルの更新が行われたら、システムを再起動します。

    # reboot
  3. goferd を再起動します。

    • Red Hat Enterprise Linux 6 の場合は、以下のコマンドを実行します。

      # service goferd restart
    • Red Hat Enterprise Linux 7 の場合は、以下のコマンドを実行します。

      # systemctl restart goferd