付録B Capsule Server のスケーラビリティーに関する考慮事項

Satellite Server がサポートできる Capsule Server の最大数には固定された制限がありません。テスト済みの制限は、Red Hat Enterprise Linux 6.6 および 7 ホストの Satellite Server で 17 の Capsule Server と 2 の vCPU です。ただし、スケーラビリティーは非常に柔軟です (特に Puppet クライアントを管理する場合)。

Puppet クライアントを管理するときの Capsule Server のスケーラビリティーは、CPU の数、実行間隔の分散、および Puppet 管理リソースの数によって異なります。Capsule Server には、ある時点で実行されている同時 Puppet エージェントの数が 100 という制限があります。100 を超える同時 Puppet エージェントを実行すると、503 HTTP エラーが発生します。

たとえば、Puppet エージェントの実行が、1 つの実行間隔のある時点で実行されている 100 未満の同時 Puppet エージェントで均等に分散されると仮定した場合に、4 CPU で構成される Capsule Server での最大値は 1250〜1600 Puppet クライアントになり、各 Puppet クライアントに中程度のワークロードである 10 Puppet クラスが割り当てられます。必要な Puppet クライアントの数に応じて、Satellite のインストールでは、Capsule Server の数をスケールアウトできます。

Puppet クライアントの管理時に Capsule Server をスケーリングする場合は、以下のことを前提とします。

  • Satellite 6 統合 Capsule に直接報告する外部 Puppet クライアントが存在しません。
  • 他のすべての Puppet クライアントは外部 Capsule に直接報告します。
  • すべての Puppet エージェンの実行間隔が均等に分散されています。
注記

均等に分散されないと、パッセンジャー要求キューがいっぱいになる可能性が高くなります。100 の同時要求の制限が適用されます。

以下の表は、推奨される 4 CPU と Red Hat Enterprise Linux 7 を使用した場合のスケーラビリティーの制限を示しています。

表B.1 Red Hat Enterprise Linux 7 で 4 CPU を使用した場合の Puppet のスケーラビリティー (推奨)

1 つのホストあたりの Puppet 管理リソース数実行間隔の分散

1

3000〜2500

10

2400〜2000

20

1700〜1400

以下の表は、最小 2 CPU と Red Hat Enterprise Linux 7 を使用した場合のスケーラビリティーの制限を示しています。

表B.2 Red Hat Enterprise Linux 7 で 2 CPU を使用した場合の Puppet のスケーラビリティー

1 つのホストあたりの Puppet 管理リソース数実行間隔の分散

1

1700〜1450

10

1500〜1250

20

850〜700

以下の表は、推奨される 4 CPU と Red Hat Enterprise Linux 6 を使用した場合のスケーラビリティーの制限を示しています。

表B.3 Red Hat Enterprise Linux 6 で 4 CPU を使用した場合の Puppet のスケーラビリティー (推奨)

1 つのホストあたりの Puppet 管理リソース数実行間隔の分散

1

2250〜1875

10

1600〜1250

20

700〜560

以下の表は、最小 2 CPU を使用した場合のスケーラビリティーの制限を示しています。

表B.4 Red Hat Enterprise Linux 6 で 2 CPU を使用した場合の Puppet のスケーラビリティー

1 つのホストあたりの Puppet 管理リソース数実行間隔の分散

1

未テスト

10

1020〜860

20

375〜330