Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Satellite

6.2. リポジトリーの管理

このセクションでは、コンテナーイメージの内部リポジトリーを作成する方法を示します。「コンテナーの作成」 で説明されているように内部リポジトリーを使用してコンテナーを作成することができます。

6.2.1. リポジトリーの作成

リポジトリーでは、Red Hat コンテンツ配信ネットワークまたはその他のソースのいずれかのコンテナーコンテンツを同期することができます。

手順6.8 Docker リポジトリーを作成するには、以下を実行します。

  1. コンテンツ製品 に移動します。新製品 をクリックし、製品名を指定してから 保存 をクリックします。
  2. 直前の手順で作成した製品を選択し、リポジトリー タブに移動します。リポジトリーの作成 をクリックします。
  3. リポジトリー名を指定し、タイプ ドロップダウンメニューから docker を選択します。これにより、追加のフィールドが表示されます。ここで、このレジストリーで同期するコンテンツソースの URL を指定します。アップストリームリポジトリー名 フィールドでコンテンツソースからプルするリポジトリーを指定します。

    注記

    以前のバージョンの Red Hat Satellite では、ローカルに保存されたコンテナーイメージをリポジトリーにアップロードすることができましたが、Red Hat Satellite 6.2 では、このアップロードはできなくなりました。
  4. 保存 をクリックしてリポジトリーを作成します。まず URL およびリポジトリー名が検証され、次にリポジトリーが作成されます。