Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Satellite

4.2. エラータのコンテンツホストへの適用

以下の手順では、1 つ以上のエラータをコンテンツホストに適用する方法を示しています。

手順4.2 単一エラータをコンテンツホストに適用するには、以下を実行します。

  1. コンテンツエラータ に移動して、利用可能なエラータの一覧を表示します。
  2. 適用する必要のある エラータ ID をクリックします。
  3. コンテンツホスト タブで、更新する 1 つ以上のコンテンツホストを選択します。環境別に利用可能なコンテンツホストをフィルターし、名前でそれらを検索できます。ページの上部にあるチェックボックスを選択すると、ライフサイクル環境にインストール可能なエラータをすでに含んでいるコンテンツホストのみが表示されます。
  4. ホストに適用 をクリックします。
    • エラータが 適用可能 な場合、コンテンツビューのマイナーバージョンが新たに作成されます。公開直後にエラータをコンテンツホストに適用 を選択する場合、Satellite は更新されたコンテンツビューのプロモート時に、エラータをコンテンツホストに自動的にインストールします。これを選択しない場合は、エラータがコンテンツホストにインストールできるように利用可能になります。インストール可能なエラータについては同じ手順で後で適用するか、または 手順4.4「インストール可能なエラータをコンテンツホストに適用するには、以下を実行します。」 で説明されているようにコンテンツホストごとに手動で適用できます。
    • エラータが インストール可能 の場合、つまりエラータが選択されたコンテンツホストのライフサイクル環境にすでにあるものの、まだインストールされていない場合は、コンテンツビューの新規バージョンは作成されません。
  5. 確定します (Confirm) をクリックします。

手順4.3 複数のエラータをコンテンツホストに適用するには、以下を実行します。

  1. コンテンツエラータ に移動して、利用可能なエラータの一覧を表示します。
  2. エラータ ID フィールドの左側にあるチェックボックスを選択して適用するエラータを選択します。
  3. エラータを適用 をクリックして、すべての選択したエラータを適用します。
  4. 更新する 1 つ以上のコンテンツホストを選択します。環境別に利用可能なコンテンツホストをフィルターし、名前でそれらを検索できます。ページの上部にあるチェックボックスを選択する場合、ライフサイクル環境にインストール可能なエラータをすでに含んでいるコンテンツホストのみが表示されます。
  5. 次へ をクリックします。選択したエラータの一部が 適用可能 である場合、コンテンツビューのマイナーバージョンが新たに作成されます。公開直後にエラータをコンテンツホストに適用 を選択する場合、Satellite は更新されたコンテンツビューのプロモート時に、エラータをコンテンツホストに自動的にインストールします。インストール可能なエラータのみが選択されている場合、それらはコンテンツビューの新規バージョンを作成せずにインストールされます。
コンテンツホストのライフサイクル環境にインストール可能なエラータが含まれる場合、それらを 手順4.4「インストール可能なエラータをコンテンツホストに適用するには、以下を実行します。」 にあるように コンテンツホスト ページからインストールできます。エラータは、コンテンツホストを管理するパーミッションを持つものの、より高いレベルでエラータ管理を行う権利が与えられていないユーザーが適用できます。同様に 「エラータのホストコレクションへの追加」 に説明されているように、インストール可能なエラータはホストコレクションに適用することができます。

手順4.4 インストール可能なエラータをコンテンツホストに適用するには、以下を実行します。

  1. ホストコンテンツホスト に移動します。
  2. 管理するコンテンツホストの名前をクリックします。
  3. エラータ タブで、インストールするエラータを選択します。
  4. 選択を適用 をクリックして選択した更新をインストールします。