Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Satellite

第1章 Red Hat Satellite コンテンツダッシュボードの使用

Red Hat Satellite コンテンツダッシュボードはサブスクリプションと現在登録されているホストの状態についての概要や、プロモーションおよび同期の概要、さらに最新の通知一覧を表示します。
モニターダッシュボード に移動してコンテンツダッシュボードにアクセスします。ダッシュボードの配置は、セクションのタイトルをクリックし、セクションを別の位置にドラッグすることで変更することができます。以下のセクションを利用できます。
コンテンツホストのサブスクリプションの状態
Satellite に登録されているホストによって現在使用されているサブスクリプションの概要です。サブスクリプションとはご購入いただいた証明書を指します。このサブスクリプションでホストのソフトウェア、アップグレード、およびセキュリティー修正などが利用できるようになります。以下の表はサブスクリプションの状態の種類を示しています。

表1.1 ホストのサブスクリプションの状態

状態
説明
アイコン
無効
製品がインストールされていて、サブスクリプションが適切に使用されていないホストです。これらのホストには早急な対応が必要です。
red
部分的
サブスクリプションが使用されていて、有効なエンタイトルメントを持つホストですが、それらのエンタイトルメントは完全には使用されていません。これらのホストが予定通りに設定されていることを確認するために、これらのホストをモニターする必要があります。
orange
有効性 (Valid)
有効なエンタイトルメントを有し、それらのエンタイトルメントを完全に使用しているホストです。
green
サブスクリプションタイプを選択し、選択したタイプのサブスクリプションに関連付けられたコンテンツホストを表示します。
最新イベント
管理情報、製品、サブスクリプションの変更およびエラーに関するホストが生成するメッセージの一覧です。
すべてのユーザーに送信されるグローバル通知や、異常なアクティビティーまたはエラーを検出するためにこのセクションをモニターします。
同期の概要
Satellite およびそれらの同期の状態で有効にされているすべての製品またはリポジトリーの概要です。同期待ちになっている製品、同期されていない製品、同期が行われた製品はすべてこのセクションに一覧表示されます。製品名をクリックすると同期の状態が表示されます。
ホストコレクション
Satellite 内のすべてのホストコレクションとそれらの状態の一覧で、各ホストコレクション内のコンテンツホストの数なども含まれます。ホストコレクションを表示するには、そのホストコレクションの名前をクリックします。
現在のサブスクリプション合計
アクティブなサブスクリプションの数、次の 120 日で期限の切れるサブスクリプションの数、および最近期限切れになったサブスクリプションの数を表示する現在のサブスクリプション合計の概要です。数をクリックして選択したサブスクリプションを一覧表示します。
コンテンツビューの概要
Satellite におけるすべてのコンテンツビューおよびそれらの公開状態の一覧です。
エラータの概要
Satellite に登録されているホストで利用できるすべてのエラータの一覧です。
タスクのステータス
ステータスと結果別に分類される現在のすべてのタスクの概要です。タスク数をクリックして対応するタスクの一覧に移動します。
最新の警告/エラータスク
警告またはエラーにより停止している最新タスクの一覧です。タスクをクリックして詳細を確認してください。

注記

Satellite Web UI で表示される日付の形式を変更することはできません。

1.1. タスクの管理

Red Hat Satellite は、同期されたリポジトリー、適用されたエラータ、公開されたコンテンツビューなどの計画されたタスクまたは実行されたタスクのすべての詳細なログを保持します。ログを確認するには、モニタータスクに移動します。このページから、特定のタスクを検索し、(該当する場合は) エラーを出したタスクを再開できます。
タスクは Dynflow エンジンを使用して管理されます。リモートタスクには、必要に応じて調整できるタイムアウトが設定されます。

手順1.1 タイムアウト設定を調整するには、以下を実行します。

  1. 管理設定 に移動します。
  2. 検索ボックスに %_timeout を入力し、検索 をクリックします。検索では、説明を含む 4 つの設定が返されるはずです。
  3. 列で、数字の横にあるアイコンをクリックして編集します。
  4. 秒単位の必要な値を入力して 保存 をクリックします。

注記

低帯域幅の場合は %_finish_timeout 値の編集が役に立つ場合があります。待ち時間が長い場合は %_accept_timeout 値が役立つことがあります。
タスクが初期化されると、Candlepin または Pulp などのタスクで使用されるすべてのバックエンドサービスについて正常に機能するかどうかがチェックされます。チェックにパスしない場合は、次のようなエラーを受信します。
There was an issue with the backend service candlepin: Connection refused – connect(2).
バックエンドサービスのチェック機能に問題が生じている場合は、以下のように無効にすることができます。

手順1.2 サービスのチェックを無効にするには、以下を実行します。

  1. 管理設定 に移動します。
  2. 検索ボックスに check_services_before_actions を入力し、検索 をクリックします。
  3. 列のアイコンをクリックし、値を編集します。
  4. ドロップダウンメニューから、false を選択します。
  5. 保存 をクリックします。