Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Satellite

3.3. コンテンツのフィルタリング

フィルター は、パッケージが後続の環境にプロモートされるのを防ぐメカニズムを提供します。フィルターでパッケージ名または正規表現がフィルターを使用すると、パッケージをブラックリストに記載するためのルールが作成されます。次に、そのフィルターが製品全体か、または製品内の個別のリポジトリーに関連付けられます。

3.3.1. フィルターの作成

以下の手順では、パッケージのフィルターを作成する方法を説明します。

手順3.3 フィルターを作成するには、以下を実行します。

  1. コンテンツコンテンツビュー に移動して、フィルターするコンテンツビューを選択します。
  2. Yum コンテンツフィルター をクリックしてから 新規フィルター をクリックします。
  3. 名前 フィールドに新規フィルターの名前を指定し、コンテンツタイプ ドロップダウンメニューからコンテンツタイプを選択します。包含タイプ ドロップダウンメニューを選択し、選択したコンテンツをフィルターに組み込むか、または除外するかを選択します。オプションとして 説明 フィールドに説明を入力します。
  4. 保存 をクリックして新規フィルターを保存します。

3.3.2. コンテンツのフィルターへの追加

以下の手順では、コンテンツをパッケージフィルターに追加する方法を示します。

手順3.4 コンテンツをフィルターに追加するには、以下を実行します。

  1. コンテンツコンテンツビュー に移動して、フィルターするコンテンツビューを選択します。
  2. Yum コンテンツフィルター をクリックし、編集するフィルターの名前をクリックします。選択したフィルターのタイプに応じて以下のアクションを実行します。
    1. フィルターが複数のパッケージ用に作成されている場合、パッケージ サブタブでパッケージ名を指定し、ドロップダウンメニューから 詳細 の値を選択します。追加 をクリックしてパッケージをフィルターに追加します。
    2. フィルターが複数のパッケージグループ用に作成されている場合、追加 サブタブをクリックし、必要なパッケージグループを選択します。パッケージグループの追加 をクリックします。
    3. フィルターがエラータ用に作成されている場合、追加 サブタブをクリックします。エラータタイプ (セキュリティー機能強化、または バグ修正) を選択し、開始日と終了日を指定します。エラータの追加 をクリックします。
    4. フィルターが「エラータ - 日付およびタイプ」用に エラータの日付範囲 サブタブで作成されている場合、エラータタイプ (セキュリティー機能強化、または バグ修正) を選択し、開始日および終了日を指定します。保存 をクリックします。
  3. 影響するリポジトリー サブタブで、フィルターがリポジトリーのすべてまたはサブセットに影響を与えるようにするかどうかを選択します。リポジトリーのサブセットを選択する場合、必要なリポジトリーを選択してから リポジトリーの更新 をクリックします。
  4. 新規バージョンの公開 をクリックします。必要な場合はコマンドを入力し、保存 をクリックします。

3.3.3. フィルターからのコンテンツの削除

以下の手順では、パッケージフィルターからコンテンツを削除する方法について示します。

手順3.5 コンテンツをフィルターから削除するには、以下を実行します。

  1. コンテンツコンテンツビュー に移動して、フィルターするコンテンツビューを選択します。
  2. Yum コンテンツフィルター をクリックし、編集するフィルターの名前をクリックします。選択したフィルターのタイプに応じて以下のアクションを実行します。
    1. フィルターがパッケージ用に作成されている場合、パッケージ サブタブをクリックし、削除するパッケージの横にある パッケージ名 (Package Name) チェックボックスを選択します。パッケージの削除 をクリックして、パッケージをフィルターから削除します。
    2. フィルターが複数のパッケージグループ用に作成されている場合、一覧/削除 サブタブをクリックしてから削除するパッケージグループの横にある 名前 チェックボックスを選択します。パッケージグループの削除 をクリックして、パッケージグループをフィルターから削除します。
    3. フィルターがエラータ用に作成されている場合、一覧/削除 サブタブをクリックし、削除するエラータの横にある エラータ ID チェックボックスを選択します。エラータの削除 をクリックし、エラータをフィルターから削除します。
    4. フィルターが「エラータ - 日付およびタイプ」用に エラータの日付範囲 サブタブで作成されている場合、エラータタイプ (セキュリティー機能強化、または バグ修正) にチェックを付け、開始日および終了日を指定します。保存 をクリックします。
  3. 影響するリポジトリー サブタブで、フィルターがリポジトリーのすべてまたはサブセットに影響を与えるようにするかどうかを選択します。リポジトリーのサブセットを選択する場合、必要なリポジトリーを選択してから リポジトリーの更新 をクリックします。
  4. 新規バージョンの公開 をクリックします。必要な場合はコマンドを入力し、保存 をクリックします。

3.3.4. フィルターの削除

以下の手順では、フィルターを削除する方法について示します。

手順3.6 フィルターを削除するには、以下を実行します。

  1. コンテンツコンテンツビュー に移動して、フィルターするコンテンツビューを選択します。
  2. Yum コンテンツフィルター をクリックしてから、削除するパッケージフィルターの名前の横にあるチェックボックスを選択します。
  3. フィルターの削除 をクリックします。