Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Satellite

11.5. Satellite 検出のトラブルシューティング

マシンが Satellite Web UI の ホスト検出されたホスト に正常に表示されない場合、以下の設定領域を調べてエラーの切り分けをします。
  • デフォルト PXE Linux テンプレートの再デプロイを試行します。
  • TFTP Capsule Server で pxelinux.cfg/default 設定ファイルを確認します。
  • ホスト、Capsule Server、および Satellite Server 間で適切なネットワーク接続があることを確認します。
  • デフォルト PXE Linux テンプレートで proxy.url および proxy.type オプションを確認します。
  • DNS がそのイメージに対して適切に機能しているか確認するか、またはデフォルト PXE Linux テンプレートの proxy.url オプションで IP アドレスを使用します。
  • DHCP サーバーが IP アドレスを起動したイメージに適切に送信していることを確認します。
  • 検出されたホスト (または仮想マシン) に 500 MB 以上のメモリーがあることを確認します。メモリーがこれより小くなると、イメージがインメモリーで抽出される必要があるために各種のランダムなカーネルパニックのエラーが生じる可能性があります。
重要なシステムファクトを収集するには、discovery-debug コマンドを使用します。これにより、システムログ、ネットワーク設定、ファクトの一覧、および標準出力の他の情報が出力されます。通常のユースケースでは、この出力をリダイレクトし、追加の調査のためにこれを scp コマンドでコピーします。
検出されたホストの最初の仮想コンソールはシステムログのために予約されます。とくに役立つシステムログには以下のようにタグが付けられます。
  • discover-host: 初回ファクトのアップロード
  • foreman-discovery: ファクトの更新、リモート再起動のコマンド
  • nm-prepare: NetworkManager を事前に定義する起動スクリプト
  • NetworkManager: ネットワーク情報
TTY2 以上を使用して検出されたホストにログインします。root アカウントおよび SSH アクセスはデフォルトで無効にされますが、以下のカーネルコマンドラインのオプションを使って、デフォルト PXELinux テンプレートの APPEND 行で root パスワードを設定します。
fdi.ssh=1 fdi.rootpw=redhat