Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Satellite

11.4. Discovery イメージの拡張

カスタムファクト、ソフトウェア、またはデバイスドライバーを使って Satellite Discovery イメージを拡張することができます。イメージで使用できるように追加コードが含まれる圧縮されたアーカイブファイルを提供することもできます。
最初に、以下のディレクトリー構造を作成します。
.
├── autostart.d
│   └── 01_zip.sh
├── bin
│   └── ntpdate
├── facts
│   └── test.rb
└── lib
    ├── libcrypto.so.1.0.0
    └── ruby
        └── test.rb
  • autostart.d ディレクトリーには、起動時のホストが Satellite に登録される前に、イメージによって POSIX の順序で実行されるスクリプトが含まれています。
  • bin ディレクトリーは $PATH 変数に追加されます。ここにバイナリーファイルを配置し、これらを autostart スクリプトで使用できます。
  • facts ディレクトリーは FACTERLIB 変数に追加され、カスタムファクトを設定して Satellite に送信できるようにします。
  • lib ディレクトリーは LD_LIBRARY_PATH 変数に追加され、lib/ruby は RUBYLIB 変数に追加され、/bin のバイナリーファイルを正常に実行できるようにします。
新規ディレクティブおよびオプションが既存の環境変数 (PATH、LD_LIBRARY_PATH、RUBYLIB および FACTERLIB) に追加されます。スクリプトの内容へのパスを明示的に指定する必要がある場合、zip コンテンツがイメージ上の /opt/extension ディレクトリーに抽出されます。
上記のディレクトリー構造を作成した後に、これを以下のコマンドで zip アーカイブにパッケージ化します。
zip -r my_extension.zip .
複数の zip ファイルを作成できますが、これらは Discovery イメージの同じ場所に抽出されるため、ファイル名が同じ場合に後の zip のファイルが先のファイルを上書きします。
Discovery イメージで使用される拡張子が認識されるように、TFTP サーバーに zip ファイルを検出イメージと共に配置してから、PXELinux テンプレートの APPEND 行を、パスが TFTP ルートに相対する fdi.zips オプションで更新します。たとえば、$TFTP/zip1.zip および $TFTP/boot/zip2.zip に 2 つのアーカイブがある場合、以下の構文を使用します。
fdi.zips=zip1.zip,boot/zip2.zip
PXE テンプレートの更新についての詳細は、「PXE 起動の設定」 を参照してください。