Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Satellite

7.5. アクティべーションキーを使用したホストの自動登録

以下の手順は、アクティべーションキーを使用してホストを自動登録する方法を示しています。アクティべーションキーが作成されたら、Satellite Server 上でのホストの登録時に subscription-manager ユーティリティーを使用してこれを適用できます。インストールされる subscription-manager ユーティリティーのバージョンは 1.10 以上である必要があることに注意してください。「ホスト登録の設定」 に説明されているようにホストを準備してから、手順7.11「アクティベーションキーを使ってホストを自動登録するには、以下を実行します。」 で説明されている手順に従います。

手順7.11 アクティベーションキーを使ってホストを自動登録するには、以下を実行します。

  1. 古くなった登録データをシステムからクリアします。
    # subscription-manager clean
  2. Satellite Server からホストの CA 証明書のコピーをダウンロードし、これをインストールします。
    # rpm -Uvh http://satellite.example.com/pub/katello-ca-consumer-latest.noarch.rpm
  3. システムを Satellite Server 上の必要な組織に登録します。--activationkey フラグを使用し、アクティべーションキーを使用してシステムを登録します。プロンプトが出されたらユーザー認証の詳細を入力します。
    # subscription-manager register --org "Default_Organization" --activationkey "Test_Key"
  4. システムが登録されると、リポジトリーコンテンツにアクセスできるようになりますが、管理者は、Katello エージェントがクライアントシステムに登録されるまでパッケージおよびエラータの管理を行うことができません。これを実行するには、以下を実行します。
    # yum install katello-agent

ホストを登録するための複数アクティべーションキーの組み合わせ

コンテンツホストの登録時に複数のアクティべーションキーを使用することができます。これにより、特定のサブスクリプションセット用にアクティべーションキーを作成してから、コンテンツホストの要件に従ってそれらを組み合わせることができます。たとえば、以下のコマンドは VDC および OpenShift サブスクリプションでコンテンツホストを ACME 組織に登録します。
# subscription-manager register --org "ACME" --activationkey "ak-VDC,ak-OpenShift"
アクティべーションキーの設定に競合が生じる場合、右端のキーが優先されます。たとえば、上記の ak-OpenShift アクティべーションキーの自動割り当て設定は 有効 にされており、ak-VDC キーの自動割り当て設定は 無効 にされている場合、コンテンツホストは自動割り当ての設定が 有効 の状態で登録されます。