第3章 サブスクリプションの管理

Red Hat Satellite 6 では、Red Hat のコンテンツ配信ネットワーク (CDN) からコンテンツをインポートします。これを行うには、Satellite Server が利用可能な製品サブスクリプション認識する必要があります。これにより、対応するリポジトリーを見つけてアクセスし、そのリポジトリーからダウンロードできるようになります。すべてのサブスクリプション情報は Red Hat カスタマーポータルアカウントで入手できます。この情報を Satellite にインポートするために、サブスクリプションマニフェストを作成します。

サブスクリプションマニフェストは、サブスクリプション情報が含まれる暗号化されたファイルのセットです。このマニフェストは Satellite Server にインポートします。Satellite Serve はこの情報を使用して CDN にアクセスし、利用可能なリポジトリーを見つけます。

本章では、サブスクリプションのサブセットを含むサブスクリプションマニフェストを作成する方法について説明します。

3.1. 複数のマニフェストを使用した複数の組織の管理

複数の組織を管理する場合は、Satellite Server で複数のマニフェストを使用できます。Satellite 6 では、各組織ごとにSatellite で設定された単一マニフェストが必要になります。この利点は、各組織が完全に独立したサブスクリプションを保持するため、複数の組織それぞれを独自の Red Hat Network アカウントでサポートできることです。

3.2. カスタマーポータルへの Satellite Server の追加

Red Hat カスタマーポータルでは、サブスクリプション情報にアクセスできます。また、Satellite Server をサブスクリプション管理アプリケーションとして追加することもできます。これは、カスタマーポータルでサブスクリプションを Satellite に割り当てるために必要になります。

このシナリオでは、カスタマーポータルで Satellite Server をコンテンツコントリビューターとして追加します。以下の手順に従ってください。

  1. ブラウザーで https://access.redhat.com/ を開き、カスタマーポータルアカウントにログインします。
  2. カスタマーポータルの左上隅にある サブスクリプション に移動します。
  3. このページにはサブスクリプション情報が表示されます。カスタマーポータルに登録されたすべてのシステムが表示された Manage セクションにスクロールします。このセクションにも Subscription Management Applications が表示されます。Satellite をクリックします。
  4. このページには Satellite Server の一覧が表示されます。それには、以前に追加された Red Hat Satellite 5 または 6 Server が含まれます。このシナリオでは、この一覧は空であるはずです。Register a Satellite をクリックします。
  5. カスタマーポータルでは、Satellite Server の 名前バージョン を含む Satellite に関する基本詳細情報を入力するフォームが提供されます。これらの詳細情報を入力したら、Register をクリックします。

この時点でカスタマーポータルには、Satellite Server のエントリーが含まれます。このページではサブスクリプションを割り当て、サブスクリプションマニフェストを作成することができます。

3.3. サブスクリプションマニフェストの作成

Satellite サーバーのカスタマーポータルページでは、サブスクリプションのグループを収集し、管理対象システムに配布するためにサーバーに割り当てます。説明したように、Satellite Server 向けのサブスクリプションマニフェストを作成します。サブスクリプションを割り当て、ACME のマニフェストを作成するには、以下の手順を実行します。

  1. Satellite のカスタマーポータルページで、Attach a subscription をクリックします。
  2. Red Hat 製品サブスクリプションの一覧が表示されます。Satellite のサブスクリプションマニフェストに割り当てる製品を選択し、選択された各製品の 数量 も入力します。このシナリオでは Red Hat Enterprise Linux 7 のサブスクリプションを選択し、数量として 10 を入力します。選択項目のアタッチ をクリックして割り当てを完了します。
  3. カスタマーポータルでは、選択されたサブスクリプション証明書をエンコードし、ACME サブスクリプションマニフェストである .zip アーカイブを作成できます。マニフェストのダウンロード をクリックしてマニフェストを取得します。

これで、Satellite Server にアップロードするサブスクリプションマニフェストを取得できました。

3.4. Satellite Server へのサブスクリプションマニフェストのインポート

マニフェストは、Red Hat Satellite 6 の Web UI と CLI の両方でインポートできます。

Web UI をご利用の場合

コンテキストが ACME 組織に設定されていることを確認し、コンテンツ > Red Hat サブスクリプション に移動します。このシナリオでは、空のページが表示されます。マニフェストの管理 をクリックして組織のマニフェストページを表示します。参照… をクリックし、サブスクリプションマニフェストを選択して、アップロード をクリックします。マニフェストは Satellite Server によりアップロードされ、数分後に マニフェストの履歴 セクションに正常なインポートが報告されます。

CLI をご利用の場合

Red Hat Satellite 6 CLI を使用するには、マニフェストが Satellite Server 上にある必要があります。ローカルクライアントシステムで、マニフェストを Satellite Server にコピーします。

[user@client ~]$ scp ~/<manifest_file>.zip root@satellite.example.com:~/.

次に、以下のコマンドを使用してインポートします。

[root@satellite ~]# hammer subscription upload \
--file ~/<manifest_file>.zip \
--organization "ACME"

数分後に、CLI により、正常なマニフェストのインポートが報告されます。

3.5. マニフェストの更新

注記

マニフェストは削除しないでください。Red Hat カスタマーポータルまたは Satellite Web UI でマニフェストを削除すると、すべてのコンテンツホストが 登録解除されます。

カスタマーポータルでマニフェストに対するリポジトリーの追加と削除を行い、更新されたマニフェストを以下の 3 つのいずれかの方法で Satellite に追加します。

  • Satellite Web UI の更新ボタンを使用します。Web UI で、コンテンツ > Red Hat サブスクリプション > マニフェストの管理 に移動し、マニフェストの更新 ボタンを選択します。
  • カスタマーポータルからダウンロードし、Satellite Web UI でアップロードします。Web UI で、コンテンツ > Red Hat サブスクリプション > マニフェストの管理 に移動し、参照… をクリックします。サブスクリプションマニフェストを選択し、アップロード をクリックします。
  • カスタマーポータルからダウンロードし、CLI を使用して Satellite Server にアップロードします。
# hammer subscription upload --file ~/<manifest_file>.zip

3.6. 章の概要

本章では、サブスクリプションマニフェストを使用して Red Hat カスタマーポータルからサブスクリプション情報を取得し、Satellite Server にインポートする方法について説明しました。

次章では、コンテンツ (特に Red Hat の RPM リポジトリー) をインポートする方法について説明します。