第13章 コンテンツ管理の最終処理

コンテンツ管理は Red Hat Satellite 6 の機能の一部に過ぎません。Red Hat Satellite 6 ではシステムのプロビジョニングやシステム管理、カプセル制御、モニタリング、およびレポーティングなどの機能が提供されます。ただしコンテンツ管理は、Red Hat Satellite 6 エコシステムの初期段階として機能します。本章では、本ガイドでここまで説明したコンテンツ管理についておさらいし、これが他のr Red Hat Satellite 6 の機能に及ぼす影響について説明します。

13.1. シナリオにおける目的の完了

本ガイドでは、ACME という架空の企業におけるエンドツーエンドのシナリオで、以下の目的を達成してきました。

Red Hat サブスクリプションの管理
サブスクリプションマニフェストを使って Red Hat Satellite 6 内の Red Hat コンテンツにアクセスします。サブスクリプションマニフェストを生成し、カスタマーポータルからこれをダウンロードして、Satellite Server 上の組織にこれをインポートします。これで Satellite 環境から RPM、キックスタートコンテンツ、ISO、および Red Hat の Content Delivery Network からのコンテナーイメージにアクセスできるようになります。
Definitive Media Library (DML) の作成
コンテンツ管理は、DML の作成が基礎となります。DML は、コンテンツのすべてのマスターコピー用の中央ライブラリーとして機能します。外部ソースからのコンテンツを Red Hat Satellite 6 に同期して DML を形成します。この外部ソースには、Red Hat のソースやカスタムソースも含まれます。また、同期プランを使って DML を最新に保ちます。
異なるコンテンツタイプの管理
本ガイドでは、RPM ファイルや Puppet モジュール、コンテナーイメージなどの異なるタイプのコンテンツを管理する例を説明してきました。
アプリケーションライフサイクルの作成
アプリケーションライフサイクルは、コンテンツ管理の核となる概念です。組織の実稼働サイクルをベースに、アプリケーションライフサイクル内に環境を作成します。次に、コンテンツをフィルタリングするコンテンツビューを定義し、作成されるリポジトリーを公開して、それらをアプリケーションライフサイクル内の環境にプロモートします。アクティベーションキーを使ってシステムを特定の環境に登録します。
エラータの管理
Red Hat Satellite 6 のツールを使ってエラータを確認し、これを登録済みのシステムに適用します。各エラータには、該当システムにリモートでインストール可能な関連パッケージのセットが含まれています。
コンテナーイメージの管理
Satellite Server がコンテナーイメージのレジストリーとして機能するようにします。Red Hat および他のソースからのコンテナーイメージを同期し、コンテンツビューを使ってそれらを管理、公開します。

13.2. システムのプロビジョニング

本ガイドのシナリオにおける Satellite Server には、この時点でアプリケーションライフサイクルにわたって管理されているコンテンツが含まれています。これで、特定の環境にシステムをプロビジョニングすることが可能です。ここからベアメタルシステムをプロビジョニングする方法を説明していきます。

インストールメディアの使用

Red Hat コンテンツのインポート時に最初に注意する点は、Red Hat Enterprise Linux 7 を格納しているキックスタートツリーを同期したということです。Red Hat Satellite 6 は自動でこのキックスタートツリーを組織向けのインストールメディアとして追加します。Web UI を使用している場合は ホスト > インストールメディア に移動し、CLI を使用している場合は以下のコマンドを実行すると、このキックスタートツリーが確認できます。

# hammer medium list --organization "ACME"

Satellite Server には、プロビジョニングプロセス中に選択するインストールメディアを格納しているキックスタートのテンプレートセットも含まれています。

環境への登録

キックスタートプロセスの一部として、Satellite Server はプロビジョニングテンプレートとスニペットを使ったキックスタートファイルを作成します。特に 1 つのスニペット (subscription_manager_registration) が登録プロセスを制御します。Web UI では ホスト > プロビジョニングテンプレート に移動して subscription_manager_registration スニペットをクリックするとこれを確認できます。CLI では、以下のコマンドで同様の結果が得られます。

# hammer template dump --name subscription_manager_registration

スニペットは以下のようになります。

<% if @host.params['kt_activation_keys'] %>
# add subscription manager
yum -t -y -e 0 install subscription-manager
rpm -ivh <%= subscription_manager_configuration_url(@host) %>

echo "Registering the System"
subscription-manager register --org="<%= @host.rhsm_organization_label %>" --name="<%= @host.name %>" --activationkey="<%= @host.params['kt_activation_keys'] %>"

<% if @host.operatingsystem.name == "RedHat" %>
  # add the rhel rpms to install katello agent
  subscription-manager repos --enable=rhel-*-satellite-tools-*-rpms
<% end %>

echo "Installing Katello Agent"
yum -t -y -e 0 install katello-agent
chkconfig goferd on
<% end %>

このスニペットには 2 つの機能があります。1 つ目は、プロビジョニング中に選択したアクティベーションキーを使って、プロビジョニングされたシステムを Satellite Server に登録することです。2 つ目は、katello-agent をインストールすることです。Satellite Server はこれを使ってシステムと通信します。デフォルトのキックスタートプロビジョニングテンプレートのほとんどには、システム登録のためにこのスニペットが含まれています。独自のキックスタートテンプレートを作成する場合は、テンプレートに以下の行を使ってこのスニペットを参照するようにしてください。

<%= snippet "subscription_manager_registration" %>
新規システムのプロビジョニング

新規システムの作成時には、コンテンツ管理設定から以下の点を選択します。

  • アプリケーションライフサイクルの環境
  • その環境におけるコンテンツビュー
  • 選択した環境からの Puppet クラス
  • 希望するインストールメディア

    新規ホストのこれらの点は、プロビジョニング中にインストールされるパッケージや登録に使用するアクティベーションキー、更新用のリポジトリー、設定中にシステムに適用する Puppet モジュールとそのクラスに影響を与えます。また、ネットワーク情報やパーティションテーブル、カプセル、およびプロビジョニングテンプレートで変数として使用されるシステム固有のパラメーターなど、ホストの他の点も指定する必要があります。

    Web UI では、ホスト > 新規ホスト に移動して新規システムを作成します。順番に各タブ (ホストPuppet クラスネットワークオペレーティングシステムパラメーター追加情報) でシステム向けの必須情報を入力します。これが完了して 送信 をクリックすると、プロビジョニングプロセスが開始されます。

    CLI では hammer host create で新規ホストのプロビジョニングを行います。

13.3. その他のドキュメント

以下のガイドでは、Red Hat Satellite 6 の関連情報と次のステップの例が提供されます。

Red Hat Satellite 6 ホスト設定ガイド

インフラストラクチャー管理やプロビジョニングなど、Red Hat Satellite 6 の主要機能についてのガイド

https://access.redhat.com/documentation/ja-jp/red_hat_satellite/6.2/html/host_configuration_guide/

Red Hat Satellite 6 Provisioning Guide

Red Hat Satellite Server から物理ホストと仮想ホストのプロビジョニングを実行するためのガイド

https://access.redhat.com/documentation/en/red-hat-satellite/6.2/paged/provisioning-guide/

Red Hat Satellite 6 Puppet Guide

独自の Puppet モジュールを構築し、これを Red Hat Satellite 6 にインポートするためのガイド

https://access.redhat.com/documentation/en/red-hat-satellite/6.2/paged/puppet-guide/