第2章 組織の作成

組織は、所有者、目的、コンテンツ、セキュリティーレベルなどに基づいて Red Hat Satellite 6 リソースを論理グループに分割します。Red Hat Satellite 6 では複数の組織を作成および管理し、Red Hat サブスクリプションを分割して、各個別組織に割り当てることができます。これにより、1 つの管理システムで複数の個別組織のコンテンツを管理できるようになります。以下に、組織管理のいくつかの例を示します。

単一の組織
単一のシステム管理チェーンを持つ小規模な会社。この場合は、会社に対して単一の組織を作成し、コンテンツをその組織に割り当てます。
複数の組織
複数の小規模な事業単位を所有する大規模な会社 (例えば、独立したシステム管理およびソフトウェア開発グループがある会社)。この場合は、会社と会社が所有する各事業単位に対して組織を作成します。これにより、それぞれのシステムインフラストラクチャーを分けることができます。各組織にそれぞれのニーズに基づいてコンテンツを割り当てます。
外部組織
他の組織の外部システムを管理する会社 (例えば、クラウドコンピューティングと Web ホスティングを顧客に提供する会社)。この場合は、会社の独自のシステムインフラストラクチャーの組織と、外部の各会社の組織を作ることが考えられます。必要に応じて、各組織にコンテンツを割り当てます。

本ガイドのシナリオでは、ACME は単一の組織として機能するため、目的は ACME 向けの組織を作成し、管理することになります。Red Hat Satellite 6 のデフォルトのインストールでは、Default_Organization という名前のデフォルト組織が提供されます。ただし、このシナリオでは、ACME 向けのカスタム組織を作成して、設定していきます。

重要

新しいユーザーにデフォルトの組織が割り当てられていないと、そのユーザーのアクセスは制限されます。ユーザーにシステムの権限を付与するには、ユーザーをデフォルトの組織に割り当てた後に、そのユーザーでログアウトし、再度ログインします。

2.1. 組織の作成

Web UI をご利用の場合

管理 > 組織 に移動します。これにより、Satellite Server が現在管理している組織のリストが表示されます。

新規組織 をクリックします。

以下の 3 つのセクションから構成される作成ウィザードが表示されます。

組織の作成

以下のような組織の基本詳細情報を提供します。

  • 名前 - 組織の簡単な名前。このシナリオの場合は、ACME を使用します。
  • ラベル - 組織の一意な ID。これは、コンテンツストレージ用ディレクトリーなどの特定のアセットを作成およびマップする場合に使用されます。文字、数字、アンダースコア、およびダッシュを使用し、スペースは使用しないでください。このシナリオではここでも ACME を使用します。
  • 説明 - 組織の簡単な説明 (オプション)。このシナリオでは Our example organization を使用します。
ホストの選択
すべてのホストには 1 つの組織が必要です。ただし、一部の状況では、ホストが孤立することがあります。例えば、古い組織を削除すると、そのホストが孤立することがあります。これらの状況では、必要に応じて、新しく作成された組織に孤立したホストを割り当てることができます。孤立したすべてのホストを割り当てる場合は すべてを割り当て を選択し、割り当てる孤立したホストを選択する場合は 手動割り当て を選択します。ACME のシナリオでは孤立したホストは存在しないはずなので、編集に進む をクリックして プロパティーの編集 セクションに移動します。
プロパティーの編集
このセクションでは、組織に特定のインフラストラクチャーリソースを割り当てることができます。これには、ネットワークリソース、インストールメディア、キックスタートテンプレートなどが含まれます。この画面には、管理 > 組織 に移動し、編集する組織を選択することによりいつでも戻ることができます。このシナリオでは、その他の設定は必要ありません。ただし、本書では、キックスタートツリーの同期後にこのセクションに戻ります。

組織の作成後に、送信 をクリックします。

CLI をご利用の場合

# hammer organization create \
--name "ACME" \
--label "ACME" \
--description "Our example organization for managing content."

これにより、最初の組織が作成されます。

2.2. コンテキストの設定

Red Hat Satellite 6 でコンテンツを管理する前に、コンテキストを設定する必要があります。コンテキストは、コンテンツを使用する組織を定義します。

Web UI をご利用の場合

コンテキスト メニューは、画面の左上隅にあります。コンテキストを選択しない場合、メニューには「すべてのコンテキスト」と示されます。このメニューにカーソルを置き、組織 セレクターで ACME を選択します。これにより、コンテキストは ACME 組織に変更されます。

CLI をご利用の場合

CLI を使用している場合は、コマンドの最後にオプションとして --organization "ACME" または --organization-label "ACME" のいずれかを含めます。

# hammer subscription list --organization "ACME"

これにより、CLI を介した各対話のコンテキストが設定されます。

2.3. 章の概要

本章では、新しい組織を作成し、コンテンツ管理のコンテキストとして設定する方法について説明しました。

次章では、Red Hat Satellite 6 でサブスクリプションを組織にインポートする方法について説明します。サブスクリプションがインポートされると、Red Hat コンテンツを管理できるようになります。