第5章 非推奨の機能

このパートでは、Red Hat Satellite 6.14 で 非推奨 となった機能の概要を説明します。

非推奨の機能は、本製品の今後のリリースではサポートされない可能性が高く、新たに実装することは推奨されません。特定のメジャーリリースにおける非推奨機能の最新情報は、そのメジャーリリースの最新版のリリースノートを参照してください。

非推奨の機能のサポート状況は、Red Hat Satellite 6.14 では変更されません。サポート期間の詳細は、Red Hat Enterprise Linux のライフサイクル および Red Hat Enterprise Linux アプリケーションストリームのライフサイクル を参照してください。

現行および今後のリリースでは、非推奨のハードウェアコンポーネントの新規実装は推奨されません。ハードウェアドライバーの更新は、セキュリティー修正と重大な修正でのみ行われます。Red Hat では、このようなハードウェアの早期交換を推奨します。

パッケージが非推奨となり、使用の継続が推奨されない場合があります。製品からパッケージが削除されることもあります。その場合には、製品のドキュメントで、非推奨となったパッケージと同様、同一、またはより高度な機能を提供する最近のパッケージが指定され、詳しい推奨事項が記載されます。

katello-agent

katello-agent は非推奨となり、Satellite 6.15 で削除される予定です。今すぐリモート実行またはリモート実行プルモードに移行してください。移行せずに Satellite 6.15 にアップグレードすると、パッチ適用やセキュリティー更新などの重要なホストパッケージのアクションを実行できなくなります。リモート実行への移行の詳細は、ホストの管理Katello エージェントからリモート実行への移行 を参照してください。

Jira:SAT-18124

スナップショットベースのバックアップ

スナップショットベースのバックアップ機能は非推奨となり、今後のリリースで削除される予定です。

Jira:SAT-20862

非同期 SSH リモート実行モード

async-ssh リモート実行モードは非推奨となり、今後のリリースで削除される予定です。Capsule と管理対象ホスト間の接続が不安定な場合、Red Hat は pull モードを使用することを推奨します。pull モードの詳細は、ホストの管理リモート実行用のトランスポートモード を参照してください。

同時実行制御とタイムスパン

リモートジョブスケジューリングの同時実行制御とタイムスパンの設定は非推奨となり、今後のリリースで削除される予定です。

Append domain names to the host

Append domain names to the host 設定は非推奨となり、今後のリリースで削除される予定です。FQDN (完全修飾ドメイン名) を使用してホストを識別してください。

Foreman フック

Foreman フック機能は非推奨となり、今後のリリースで削除される予定です。この機能は、新しい Foreman Webhooks 機能に置き換えられます。ドキュメントはリリース時に提供されます。

Red Hat Virtualization でのプロビジョニング

Red Hat Virtualization (RHV) と Satellite の統合は非推奨となり、将来のリリースでは削除される予定です。RHV タイプの既存のコンピューティングリソースはすべて削除され、RHV に関連付けられているホストは切断されます。

Bootstrap.py

ホストの Satellite Server または Capsule Server への登録に bootstrap.py スクリプトを使用していましたが、グローバル登録テンプレートで作成した curl コマンドを使用するようになりました。

エンタイトルメント

エンタイトルメントベースのサブスクリプション管理は非推奨となり、将来のリリースで削除される予定です。サブスクリプションについては、管理者のエンタイトルメントエクスペリエンスを簡素化する Simple Content Access の代用が推奨されます。

Jira:SAT-21137

katello-ca-consumer パッケージ

katello-ca-consumer パッケージは非推奨であり、将来のリリースで削除される予定です。グローバル登録テンプレートを使用して、ホストを Red Hat Satellite に登録してください。katello-ca-consumer rpm は、BZ#(2153548) が解決するまでは、Satellite を使用したシステムのデプロイに引き続き使用される予定です。

katello-rhsm-consumer スクリプト

katello-rhsm-consumer スクリプトは非推奨となり、今後のリリースで削除される予定です。グローバル登録テンプレートを使用して、ホストを Red Hat Satellite に登録してください。

Jira:SAT-21372