A.3. ERB テンプレートの作成

以下のタグは最も重要であり、ERB テンプレートで一般的に使用されています。

<% %>

すべての Ruby コードは、ERB テンプレートの <% %> 内に囲まれています。コードはテンプレートのレンダリング時に実行されます。これには Ruby の制御フロー構造と、Satellite 固有のマクロおよび変数を含めることができます。以下に例を示します。

<% if @host.operatingsystem.family == "Redhat" && @host.operatingsystem.major.to_i > 6 -%>
systemctl <%= input("action") %> <%= input("service") %>
<% else -%>
service <%= input("service") %> <%= input("action") %>
<% end -%>

このテンプレートは、サービスを使用して警告なしにアクションを実行し、出力には何も返さないことに注意してください。

<%= %>

これは、<% %> と同じ機能を提供しますが、テンプレートが実行されると、コード出力はテンプレートに挿入されます。これは変数の置き換えに便利です。以下に例を示します。

入力例:

echo <%= @host.name %>

レンダリング例:

host.example.com

入力例:

<% server_name = @host.fqdn %>
<%= server_name %>

レンダリング例:

host.example.com

誤った変数を入力した場合、出力は返されない点にご留意ください。ただし、誤った変数でメソッドを呼び出そうとすると、以下のエラーメッセージが返されます。

入力例:

<%= @example_incorrect_variable.fqdn -%>

レンダリング例:

undefined method `fqdn' for nil:NilClass

<% -%>, <%= -%>

デフォルトでは、行末で閉じられている場合に、改行文字が Ruby ブロックの後に挿入されます。

入力例:

<%= "line1" %>
<%= "line2" %>

レンダリング例:

line1
line2

デフォルトの動作を変更するには、-%> で囲みマークを変更します。

入力例:

<%= "line1" -%>
<%= "line2" %>

レンダリング例:

line1line2

これはレンダリングされるテンプレートの行数を減らすために使用されます (Ruby 構文で許可される場合)。ERB タグの空白は無視されます。

これをレポートテンプレートで使用して、FQDN と IP アドレス間の不要な改行を削除する方法の例を以下に示します。

入力例:

<%= @host.fqdn -%>
<%= @host.ip -%>

レンダリング例:

host.example.com10.10.181.216

<%# %>

テンプレートのレンダリング時に無視されるコメントを囲みます。

入力例:

<%# A comment %>

これは出力を生成しません。

ERB テンプレートのインデント

ERB タグの長さが異なるため、ERB 構文にインデントを入れると見にくい場合があります。ERB 構文は空白を無視します。インデントを処理する方法の 1 つは、新しい行の各行頭に ERB タグを宣言し、ERB タグ内の空白を使用して構文内の関係を説明することです。以下に例を示します。

<%- load_hosts.each do |host| -%>
<%-   if host.build? %>
<%=     host.name %> build is in progress
<%-   end %>
<%- end %>