12.11. プッシュモードでのリモート実行ジョブの代替ディレクトリー設定

デフォルトでは、Satellite はプッシュモードでのリモート実行ジョブにホスト上の /var/tmp ディレクトリーを使用します。ホスト上の /var/tmp ディレクトリーが noexec フラグ付きでマウントされている場合、Satellite はこのディレクトリー内のリモート実行ジョブスクリプトを実行できません。Satellite-installer を 使用して、プッシュモードでリモート実行ジョブを実行するための代替ディレクトリーを設定できます。

手順

  1. ホスト上で、新しいディレクトリーを作成します。

    # mkdir /My_Remote_Working_Directory
  2. デフォルトの /var/tmp ディレクトリーから SELinux コンテキストをコピーします。

    # chcon --reference=/var/tmp /My_Remote_Working_Directory
  3. 新しいディレクトリーを使用するように Satellite Server または Capsule Server を設定します。

    # satellite-installer \
    --foreman-proxy-plugin-remote-execution-script-remote-working-dir /My_Remote_Working_Directory