3.7. ホスト登録時の Puppet Agent のインストールと設定

登録時に、ホストに Puppet エージェントをインストールして設定できます。Satellite と Puppet を統合するには、設定済みの Puppet エージェントがホストに必要です。Puppet の詳細は、Red Hat Satellite での Puppet 統合を使用した設定の管理 を参照してください。

前提条件

手順

  1. Satellite Web UI で、 Configure > Global Parameters に移動して、ホストパラメーターをグローバルに追加します。あるいは、Configure > Host Groups に移動し、ホストグループを編集または作成して、ホストパラメーターをホストグループにのみ追加することもできます。
  2. グローバルパラメーターまたはホストグループのホストパラメーターを使用して、Puppet エージェントを有効化します。Enable-puppet7 という名前のホストパラメーターを追加し、boolean タイプを選択して、値を true に設定します。
  3. グローバルパラメーターまたはホストグループで次のホストパラメーターを使用して、Puppet エージェントの設定を指定します。

    • puppet_server という名前のホストパラメーターを追加し、string タイプを選択して、値を Puppet サーバーのホスト名 (puppet.example.com など) に設定します。
    • オプション: puppet_ca_server という名前のホストパラメーターを追加し、string タイプを選択して、値を Puppet CA サーバーのホスト名 (puppet-ca.example.com など) に設定します。puppet_ca_server が設定されていない場合、Puppet エージェントは puppet_server と同じサーバーを使用します。
    • オプション: puppet_environment という名前のホストパラメーターを追加し、string タイプを選択して、ホストで使用する Puppet 環境に値を設定します。

    BZ2177730 が解決されるまでは、Puppet サーバーが Capsule Server となっている統合セットアップでも、ホストパラメーターを使用して Puppet エージェント設定を指定する必要があります。

  4. Hosts > Register Host に移動し、適切なアクティベーションキーを使用してホストを登録します。詳細は、ホストの管理ホストの登録 を参照してください。
  5. Infrastructure > Capsules に移動します。
  6. 必要な Capsule Server の Actions コラムの一覧から、Certificates を選択します。
  7. 必要なホストの右にある Sign をクリックして、Puppet エージェントの SSL 証明書に署名します。