第8章 RHEL Web コンソールを使用したホストの管理と監視

RHEL Web コンソールは、アクションの実行および Red Hat Enterprise Linux ホストの監視に使用できるインタラクティブな Web インターフェイスです。remote-execution 機能を有効化し、Satellite を RHEL Web コンソールに統合できます。Satellite で管理するホストに RHEL Web コンソールをインストールすると、そのホストの RHEL Web コンソールダッシュボードを Satellite Web UI 内から表示できます。RHEL Web コンソールに統合されている機能 (Red Hat Image Builder など) を使用することもできます。

8.1. Satellite での RHEL Web コンソールの有効化

デフォルトでは、Satellite では RHEL Web コンソール統合が無効になっています。Satellite 内からホストの RHEL Web コンソール機能にアクセスする場合は、最初に Satellite Server で RHEL Web コンソール統合を有効にする必要があります。

手順

  • Satellite Server で --enable-foreman-plugin-remote-execution-cockpit オプションを指定して satellite-installer を実行します。

    # satellite-installer --enable-foreman-plugin-remote-execution-cockpit