2.4. ホストのシステム目的の編集

Red Hat Enterprise Linux ホストのシステム目的属性を編集できます。システム目的により、ネットワーク上でシステムの使用目的を設定し、Red Hat Hybrid Cloud Console のサブスクリプションサービスでレポートの精度を向上させることができます。システムの目的の詳細は、標準の RHEL 8 インストールの実行システムの目的の概要 を参照してください。

前提条件

  • 編集するホストが subscription-manager で登録されている。

手順

  1. Satellite Web UI で、Hosts > All Hosts に移動します。
  2. 変更するホストの名前をクリックします。
  3. Overview タブで、System purpose カードの Edit をクリックします。
  4. ホストのシステム目的属性を選択します。
  5. Save をクリックします。

CLI 手順

  1. ホストにログインして、必要なシステム目的属性を編集します。たとえば、使用タイプを Production、ロールを Red Hat Enterprise Linux Server に設定し、addon アドオンを追加します。値の一覧は、標準の RHEL 8 インストールの実行システムの目的の概要 を参照してください。

    # subscription-manager syspurpose set usage 'Production'
    # subscription-manager syspurpose set role 'Red Hat Enterprise Linux Server'
    # subscription-manager syspurpose add addons 'your_addon'
  2. このホストのシステム目的属性を検証します。

    # subscription-manager syspurpose
  3. このホストに自動的にサブスクリプションをアタッチします。

    # subscription-manager attach --auto
  4. このホストのシステム目的のステータスを検証します。

    # subscription-manager status