12.14. リモート実行のための SSH 鍵の配布

ssh モードの Capsule の場合、リモート実行接続は SSH を使用して認証されます。Capsule からの公開 SSH 鍵は、管理するアタッチ済みのホストに配布する必要があります。

ホストで SSH サービスが有効化され、実行していることを確認します。ポート 22 にアクセスできるように、ネットワークまたはホストベースのファイアウォールを設定し、ポート 22 へのアクセスを有効化します。

Capsule からターゲットホストに公開 SSH 鍵を配布するには、以下のいずれか 1 つの方法を使用します。

  1. 「リモート実行用の SSH 鍵の手動での配布」
  2. 「Satellite API を使用したリモート実行用の SSH 鍵の取得」
  3. 「プロビジョニング中に SSH キーを配布するためのキックスタートテンプレートの設定」
  4. 新しい Satellite ホストの場合、グローバル登録テンプレートを使用して、登録中に SSH 鍵を Satellite ホストにデプロイすることができます。詳細は、ホストの管理グローバル登録テンプレートを使用した Red Hat Satellite へのホストの登録 を参照してください。

Satellite は、リモート実行機能の SSH 鍵を、デフォルトで Satellite からプロビジョニングされたホストに配布します。

ホストが Amazon Web Services で実行されている場合は、パスワード認証を有効にします。詳細は、New User Accounts を参照してください。