10.8. レポートテンプレートのセーフモード

Satellite でレポートテンプレートを作成すると、セーフモードがデフォルトで有効化されます。セーフモードでは、レポートテンプレートで使用できるマクロと変数が制限されます。セーフモードは、レンダリングの問題を防ぎ、レポートテンプレートのベストプラクティスを実施します。サポートされているマクロと変数のリストは、Satellite Web UI で利用可能です。

利用可能なマクロと変数を表示するには、Satellite Web UI で、監視 > レポートテンプレート に移動し、テンプレートの作成 をクリックします。テンプレートの作成ウィンドウで、ヘルプ タブをクリックし、セーフモードメソッド をデプロイメントします。

セーフモードが有効な間に、セーフモードメソッド にリスト表示されていないマクロまたは変数を使用しようとすると、テンプレートエディターにエラーメッセージが表示されます。

Satellite のセーフモードのステータスを表示するには、Satellite Web UI で、管理 > 設定 and click the プロビジョニング タブに移動します。セーフモードレンダリング 行を特定し、値を確認します。