12.2. リモート実行のワークフロー

ホストでリモートジョブを実行すると、すべてのホストについて、Satellite は以下のアクションを実行して、使用するリモート実行 Capsule を検出します。

Satellite は、リモート実行機能が有効になっている Capsules のみを検索します。

  1. Satellite は、Remote execution のチェックボックスが選択されているホストのインターフェイスを検出します。
  2. Satellite はこれらのインターフェイスのサブネットを検出します。
  3. Satellite は、これらのサブネットに割り当てられたリモート実行 Capsule を検出します。
  4. この Capsule のセットから、Satellite は実行中のジョブの数が最も少ない Capsule を選択します。こうすることで、Satellite はリモート実行 Capsule 間でのジョブの負荷を確実に分散させます。

Prefer registered through Capsule for remote execution を有効にした場合、Satellite はホストが登録されている Capsule を使用して REX ジョブを実行します。

デフォルトでは、Prefer registered through Capsule for remote executionNo に設定されています。これを有効にするには、Satellite Web UI で Administer > Settings に移動し、Content タブで、Prefer registered through Capsule for remote executionYes に設定します。これにより、Satellite が登録先の Capsule によってホスト上で REX ジョブを実行することが保証されます。

この段階で Satellite がリモート実行 Capsule を検出できず、任意の Capsule へのフォールバック 設定が有効になっている場合、Satellite は別の Capsule のセットを追加して、そこからリモート実行 Capsule を選択します。Satellite は、ホストに割り当てられている以下のタイプの Capsule の中から最も負荷の少ない Capsule を選択します。

  • ホストのサブネットに割り当てられた DHCP Capsule、DNS Capsule、および TFTP Capsule
  • ホストのドメインに割り当てられた DNS Capsule
  • ホストのレルムに割り当てられた Realm Capsule
  • Puppet server Capsule
  • Puppet CA Capsule
  • OpenSCAP Capsule

この段階で Satellite がリモート実行 Capsule を検出せず、グローバル Capsule の有効化 設定が有効になっている場合、Satellite は、ホストの組織およびロケーションにあるすべての Capsule のセットから最も負荷の少ないリモート実行 Capsule を選択し、リモートジョブを実行します。