3.2. 登録方法

以下の方法を使用して、ホストを Satellite に登録できます。

グローバル登録

Satellite から curl コマンドを生成し、ホスト(数に制限なし)からこのコマンドを実行して、Satellite API 経由でプロビジョニングテンプレートを使用してこれらのホストを登録します。詳細は、「グローバル登録を使用したホストの登録」 を参照してください。

この方法を使うと、Satellite への登録時に Satellite SSH 鍵をホストにデプロイし、リモート実行ジョブのホストを有効にすることもできます。詳細は、12章リモートジョブの設定およびセットアップ を参照してください。

この方法を使うと、Satellite への登録時に Red Hat Insights でホストを設定することもできます。詳細は、「Satellite のホストでの Red Hat Insights の使用」 を参照してください。

(非推奨) Katello CA Consumer
コンシューマー RPM を satellite.example.com/pub/katello-ca-consumer-latest.noarch.rpm からホスト上にダウンロードしてインストールしてから、subscription-manager を実行します。
(非推奨) ブートストラップスクリプト
ブートストラップスクリプトを satellite.example.com/pub/bootstrap.py からホスト上にダウンロードしてから、スクリプトを実行します。詳細は、「ブートストラップスクリプトを使用したホストの登録」 を参照してください。