2.5. 複数ホストのシステム目的の編集

Red Hat Enterprise Linux ホストのシステム目的属性を編集できます。システム目的属性は、どのサブスクリプションを自動的にホストにアタッチするかを定義します。システムの目的の詳細は、標準の RHEL 8 インストールの実行システムの目的の概要 を参照してください。

前提条件

  • 編集するホストが subscription-manager で登録されている。

手順

  1. Satellite Web UI で、ホスト > コンテンツホスト に移動し、編集する Red Hat Enterprise Linux 8 ホストを選択します。
  2. Select Action リストをクリックし、Manage System Purpose を選択します。
  3. 選択したホストに割り当てるシステム目的属性を選択します。以下の値のいずれかを選択できます。

    • 選択した全ホストを設定するための特定の属性
    • 変更なし (選択したホストに設定された属性を保持)
    • なし (消去) (選択したホストの属性を消去)
  4. 割り当て をクリックします。
  5. Satellite Web UI で、Hosts > Content Hosts に移動し、同じ Red Hat Enterprise Linux 8 ホストを選択し、システム目的に基づいてサブスクリプションを自動的にアタッチします。
  6. アクションの選択 リストをクリックして サブスクリプションの管理 を選択します。
  7. 自動アタッチ をクリックして、選択した全ホストに、システムロールをもとにサブスクリプションを自動的にアタッチします。