5.4. Satellite で利用可能なボンディングモード

ボンディングモード説明

balance-rr

送受信は、ボンディングインターフェイスで順次行われます。

active-backup

ボンディングインターフェイスの中で最初に利用可能になったものから送受信が行われます。アクティブなボンディングインターフェイスに障害がある場合に限り別のボンディングインターフェイスが使用されます。

balance-xor

送信は選択されたハッシュポリシーに基づいて行われます。このモードでは、特定のピア用に宛先が指定されたトラフィックは常に同じインターフェイスで送信されます。

broadcast

すべての送信はすべてのボンディングインターフェイスで行われます。

802.a3

同じ設定を共有するアグリゲーショングループを作成します。アクティブなグループのすべてのインターフェイスで送受信が行われます。

balance-tlb

送信トラフィックが各ボンディングインターフェイスの現在の負荷に応じて配分されます。

balance-alb

受信ロードバランシングは ARP (Address Resolution Protocol) ネゴシエーションにより実現されています。