第9章 Satellite Server 間でのコンテンツの同期

複数の Satellite Server を使用した Satellite セットアップでは、Inter-Satellite Synchronization (ISS) を使用して、1 つのアップストリームサーバーから 1 つ以上のダウンストリームサーバーにコンテンツを同期できます。

インフラストラクチャーのデプロイ方法に応じて、Satellite には 2 つの可能な ISS 設定があります。ユースケースシナリオに応じて、ISS 用の Satellite を設定します。詳細は、オフラインネットワーク環境での Satellite Server のインストールInter-Satellite Synchronization の設定方法 を参照してください。

9.1. エクスポートとインポートを使用してコンテンツを同期する方法

エクスポートとインポートのワークフローを使用してコンテンツを同期するには、複数の方法があります。

  • アップストリームの Satellite Server をコンテンツストアとして使用します。つまり、コンテンツビューのバージョンではなく、ライブラリー全体を同期します。このアプローチは、最も単純なエクスポート/インポートワークフローを提供します。この場合、ダウンストリームのバージョンを管理できます。詳細は、「アップストリームの Satellite Server のコンテンツストアとしての使用」 を参照してください。
  • アップストリームの Satellite Server を使用して、コンテンツビューのバージョンを同期します。このアプローチにより、Satellite Server 間で同期されるコンテンツをより詳細に制御できます。詳細は、「アップストリーム Satellite Server を使用したコンテンツビューバージョンの同期」 を参照してください。
  • 単一のリポジトリーを同期します。これは、コンテンツビューの同期アプローチを使用しているが、追加のリポジトリーを既存のコンテンツビューに追加せずに同期したい場合に便利です。詳細は、「単一のリポジトリーの同期」 を参照してください。

9.1.1. アップストリームの Satellite Server のコンテンツストアとしての使用

このシナリオでは、コンテンツを管理するのではなく、アップストリームの Satellite Server を更新用のコンテンツストアとして使用します。ダウンストリームの Satellite Server を使用して、分離されたネットワークの背後にあるすべてのインフラストラクチャーのコンテンツを管理します。アップストリームの Satellite Server からライブラリーのコンテンツをエクスポートし、ダウンストリームの Satellite Server にインポートします。

アップストリームの Satellite Server の場合

  1. 次のいずれかの方法で、リポジトリーが Immediate ダウンロードポリシーを使用していることを確認します。

    1. On Demand を使用する既存のリポジトリーの場合は、リポジトリーの詳細ページでダウンロードポリシーを Immediate に変更します。
    2. 新しいリポジトリーの場合、Red Hat リポジトリーを有効にする前に、Default Red Hat Repository download policy 設定が Immediate に設定されていること、およびカスタムリポジトリーのDefault download policyImmediate に設定されていることを確認します。

    詳細は、「ダウンロードポリシーの概要」 を参照してください。

  2. 同期するコンテンツを有効にします。詳細は、「Red Hat リポジトリーの有効化」 を参照してください。

    カスタムコンテンツを同期する場合は、まず カスタム製品を作成 し、製品リポジトリーを同期 します。

  3. 有効なコンテンツを同期します。

    1. 最初のエクスポートでは、complete ライブラリーのエクスポートを実行して、同期したすべてのコンテンツがエクスポートされるようにします。これにより、1 つ以上のダウンストリーム Satellite Server に後でインポートできるコンテンツアーカイブが生成されます。完全なライブラリーのエクスポートの実行に関する詳細は、「ライブラリー環境のエクスポート」 を参照してください。
    2. アップストリームの Satellite Server の今後のすべての更新を段階的にエクスポートします。これにより、最近の一連の更新のみを含む、より無駄のないコンテンツアーカイブが生成されます。たとえば、新規リポジトリーを有効にして同期すると、次のエクスポートされたコンテンツアーカイブには、新たに有効なリポジトリーからのみコンテンツが含まれます。増分ライブラリーのエクスポートの実行に関する詳細は、「ライブラリー環境を段階的にエクスポート」 を参照してください。

ダウンストリームの Satellite Server の場合

  1. アップストリームの Satellite Server からエクスポートされたコンテンツをハードディスクに移動します。
  2. /var/lib/pulp/imports の下のディレクトリー内に配置します。
  3. 「ライブラリー環境へのインポート」 に説明されている手順に従って、コンテンツを組織にインポートします。

    その後、必要に応じてコンテンツビューまたはライフサイクル環境を使用してコンテンツを管理できます。

9.1.2. アップストリーム Satellite Server を使用したコンテンツビューバージョンの同期

このシナリオでは、アップストリームの Satellite Server をコンテンツストアとして使用するだけでなく、分離されたネットワークの背後にあるすべてのインフラストラクチャーのコンテンツを同期するためにも使用します。CDN から送られる更新は、コンテンツビューとライフサイクル環境にキュレートされます。指定されたライフサイクル環境にコンテンツをプロモートしたら、アップストリームの Satellite Server からコンテンツをエクスポートし、ダウンストリームの Satellite Server にインポートできます。

アップストリームの Satellite Server の場合

  1. 次のいずれかの方法で、リポジトリーが Immediate ダウンロードポリシーを使用していることを確認します。

    1. On Demand を使用する既存のリポジトリーの場合は、リポジトリーの詳細ページでダウンロードポリシーを Immediate に変更します。
    2. 新しいリポジトリーの場合、Red Hat リポジトリーを有効にする前に、Default Red Hat Repository download policy 設定が Immediate に設定されていること、およびカスタムリポジトリーのDefault download policyImmediate に設定されていることを確認します。

    詳細は、「ダウンロードポリシーの概要」 を参照してください。

  2. 同期するコンテンツを有効にします。詳細は、「Red Hat リポジトリーの有効化」 を参照してください。

    カスタムコンテンツを同期する場合は、まず カスタム製品を作成 し、製品リポジトリーを同期 します。

  3. 有効なコンテンツを同期します。

    1. 最初のエクスポートでは、エクスポートするコンテンツビューのバージョンで complete バージョンエクスポートを実行します。詳細は、「コンテンツビューバージョンのエクスポート」 を参照してください。これにより、1 つ以上のダウンストリーム Satellite Server にインポートできるコンテンツアーカイブが生成されます。
    2. 接続された Satellite Server のすべての今後の更新を段階的にエクスポートします。これにより、最新の更新セットからのみ変更が含まれるよりスリムなコンテンツアーカイブが生成されます。たとえば、コンテンツビューに新しいリポジトリーがある場合、このエクスポートしたコンテンツアーカイブには最新の変更のみが含まれます。詳細は、「コンテンツビューバージョンを段階的にエクスポート」 を参照してください。
    3. 新しいコンテンツがある場合は、増分をエクスポートする前に、このコンテンツを含むコンテンツビューを再公開します。詳細は、8章コンテンツビューの管理 を参照してください。これにより、エクスポートする適切なコンテンツを持つコンテンツビューのバージョンが新たに作成されます。

ダウンストリームの Satellite Server の場合

  1. アップストリームの Satellite Server からエクスポートされたコンテンツをハードディスクに移動します。
  2. /var/lib/pulp/imports の下のディレクトリー内に配置します。
  3. コンテンツを希望の組織にインポートします。詳細は、「コンテンツビューバージョンのインポート」 を参照してください。これにより、エクスポートしたコンテンツアーカイブからコンテンツビューバージョンが作成され、コンテンツが適切にインポートされます。

9.1.3. 単一のリポジトリーの同期

このシナリオでは、単一のリポジトリーをエクスポートおよびインポートします。

アップストリームの Satellite Server の場合

  1. 次のいずれかの方法で、リポジトリーがImmediate ダウンロードポリシーを使用していることを確認します。

    1. On Demand を使用する既存のリポジトリーの場合は、リポジトリーの詳細ページでダウンロードポリシーを Immediate に変更します。
    2. 新しいリポジトリーの場合、Red Hat リポジトリーを有効にする前に、Default Red Hat Repository download policy 設定が Immediate に設定されていること、およびカスタムリポジトリーのDefault download policyImmediate に設定されていることを確認します。

    詳細は、「ダウンロードポリシーの概要」 を参照してください。

  2. 同期するコンテンツを有効にします。詳細は、「Red Hat リポジトリーの有効化」 を参照してください。

    カスタムコンテンツを同期する場合は、まず カスタム製品を作成 し、製品リポジトリーを同期 します。

  3. 有効なコンテンツを同期します。

    1. 最初のエクスポートで、complete リポジトリーエクスポートを実行して、同期されたすべてのコンテンツがエクスポートされるようにします。これにより、1 つ以上のダウンストリーム Satellite Server に後でインポートできるコンテンツアーカイブが生成されます。完全なリポジトリーエクスポートの実行の詳細については、「リポジトリーのエクスポート」 を参照してください。
    2. アップストリームの Satellite Server の今後のすべての更新を段階的にエクスポートします。これにより、最近の一連の更新のみを含む、より無駄のないコンテンツアーカイブが生成されます。増分ライブラリーのエクスポートの実行に関する詳細は、「リポジトリーを段階的にエクスポート」 を参照してください。

ダウンストリームの Satellite Server の場合

  1. アップストリームの Satellite Server からエクスポートされたコンテンツをハードディスクに移動します。
  2. /var/lib/pulp/imports の下のディレクトリー内に配置します。
  3. コンテンツを組織にインポートします。「リポジトリーのインポート」を参照してください。

    その後、必要に応じてコンテンツビューまたはライフサイクル環境を使用してコンテンツを管理できます。