付録B キックスタートリポジトリーのインポート

キックスタートリポジトリーは、コンテンツ ISO イメージでは提供されません。オフラインの Satellite でキックスタートリポジトリーを使用するには、使用する Red Hat Enterprise Linux のバージョンのバイナリー DVD ISO ファイルをダウンロードし、キックスタートファイルを Satellite にコピーする必要があります。

Red Hat Enterprise Linux 7 のキックスタートリポジトリーをインポートするには、「Red Hat Enterprise Linux7 キックスタートリポジトリーのインポート」 を実行します。

Red Hat Enterprise Linux 8 のキックスタートリポジトリーをインポートするには、「Red Hat Enterprise Linux 8 のキックスタートリポジトリーのインポート」 を実行します。

B.1. Red Hat Enterprise Linux7 キックスタートリポジトリーのインポート

Red Hat Enterprise Linux 7 のキックスタートリポジトリーをインポートするには、Satellite で以下の手順を実行します。

手順

  1. Red Hat カスタマーポータル access.redhat.com/ へ移動し、ログインします。
  2. ウィンドウの右上隅で ダウンロード をクリックします。
  3. Red Hat Enterprise Linux 7 の右側の Versions 7 and below をクリックします。
  4. Version リストから、7.7 など Red Hat Enterprise Linux 7 で必要なバージョンを選択します。
  5. Red Hat Enterprise Linux のダウンロードウィンドウで、ISO イメージのバイナリー DVD バージョン (たとえば、Red Hat Enterprise Linux 7.7 バイナリー DVD) を見つけて、今すぐダウンロード をクリックします。
  6. ダウンロードが完了したら、ISO イメージを Satellite Server にコピーします。
  7. Satellite Server で、マウントポイントを作成し、そのロケーションに ISO イメージを一時的にマウントします。

    # mkdir /mnt/iso
    # mount -o loop rhel-binary-dvd.iso /mnt/iso
  8. kickstart ディレクトリーを作成します。

    # mkdir --parents /var/www/html/pub/sat-import/content/dist/rhel/server/7/7.7/x86_64/kickstart/
  9. ISO イメージから kickstart ファイルをコピーします。

    # cp -a /mnt/iso/* /var/www/html/pub/sat-import/content/dist/rhel/server/7/7.7/x86_64/kickstart/
  10. 次のエントリーをリストファイルに追加します。

    /var/www/html/pub/sat-import/content/dist/rhel/server/7/listing ファイルで改行してバージョン番号を追加します。たとえば、RHEL 7.7 ISO の場合には、7.7 を追記します。

    /var/www/html/pub/sat-import/content/dist/rhel/server/7/7.7/listing ファイルで改行して、アーキテクチャーを追加します。(例: x86_64)

    /var/www/html/pub/sat-import/content/dist/rhel/server/7/7.7/x86_64/listing ファイルで改行して kickstart を追加します。

  11. ISO イメージから .treeinfo ファイルをコピーします。

    # cp /mnt/iso/.treeinfo /var/www/html/pub/sat-import/content/dist/rhel/server/7/7.7/x86_64/kickstart/treeinfo
  12. マウントされたバイナリー DVD ISO イメージを使用する予定がない場合は、ディレクトリーをアンマウントして削除します。

    # umount /mnt/iso
    # rmdir /mnt/iso
  13. Satellite Web UI で、Kickstart リポジトリーを有効にします。