6.2. カスタム SSL 証明書のインポート

外部ソースからカスタムコンテンツを同期する前に、SSL 証明書をカスタム製品にインポートする必要がある場合があります。これには、同期するアップストリームリポジトリーのクライアント証明書および鍵または CA 証明書が含まれる可能性があります。

RPM のダウンロードに SSL 証明書とキーが必要な場合は、Satellite に追加できます。

Satellite Web UI の代わりに CLI を使用する場合は、CLI 手順 を参照してください。

手順

  1. Satellite Web UI で Content > Content Credentials に移動します。コンテンツ認証ウィンドウで、コンテンツの認証情報の作成 をクリックします。
  2. 名前 フィールドに、SSL 証明書の名前を入力します。
  3. タイプ のリストから、SSL 証明書 を選択します
  4. Content Credentials Content フィールドに SSL 証明書を貼り付けるか、Browse をクリックして SSL 証明書をアップロードします。
  5. Save をクリックします。

CLI 手順

  1. SSL 証明書を Satellite Server にコピーします。

    $ scp My_SSL_Certificate root@satellite.example.com:~/.

    または、SSL 証明書をオンラインソースから Satellite Server にダウンロードします。

    $ wget -P ~ http://upstream-satellite.example.com/pub/katello-server-ca.crt
  2. SSL 証明書を Satellite にアップロードします。

    # hammer content-credential create \
    --content-type cert \
    --name "My_SSL_Certificate" \
    --organization "My_Organization" \
    --path ~/My_SSL_Certificate