第4章 テクノロジープレビュー機能

重要

テクノロジープレビュー機能は、Red Hat の実稼働サービスレベルアグリーメント (SLA) でサポートされておらず、機能的に完全でない可能性があります。Red Hat は、実稼働環境での使用は推奨していません。これらの機能により、近日発表予定の製品機能をリリースに先駆けてご提供でき、お客様は開発プロセス時に機能をテストして、フィードバックをお寄せいただくことができます。詳細は、テクノロジープレビュー機能のサポート範囲 を参照してください。

以下の機能は、Red Hat Satellite のテクノロジープレビューとして利用できます。

OVAL / CVE レポート作成サポート

Satellite に、Red Hat が提供する OVAL 標準データフィードを使用して、システムの脆弱性をスキャンする機能が追加されました。

foreman_openscap に、OVAL oscap スキャンをトリガーするために使用する OVAL コンテンツをアップロードするための API が含まれています。結果は CVE に対して解析され、Satellite に送信され、マネージドホストとそれに影響を与える CVE のレポートを生成します。

Container-native Virtualization Plug-in
Container-Native Virtualization を使用した仮想マシンのプロビジョニング
カーネル実行 (kexec) テンプレート
PXE なしの起動方法が含まれるカーネル実行テンプレートです。