5.5. 削除された機能

RHEV API V3
RHEV API v3 は Satellite 6.9 で非推奨になりました。本バージョンの Satellite で削除されました。
pulp-puppet-module ビルダー

Puppet コンテンツ管理および pulp-puppet-module ビルダーは Satellite 6.9 で非推奨になりました。Satellite の本バージョンで削除されました。同期された既存の Puppet リポジトリーは Satellite から削除されます。Satellite 6.10 へのアップグレード時に、以下のいずれかの条件が満たされると、Puppet リポジトリーが削除されます。

OSTree および Puppet のコンテンツタイプ

以下の OSTree および Puppet コンテンツタイプの管理操作は Satellite 6.9 で非推奨となり、このバージョンの Satellite で削除されています。

  • OSTree リポジトリーおよび Puppet リポジトリーを作成する。
  • OSTree リポジトリーおよび Puppet リポジトリーを同期する。
  • OSTree および Puppet コンテンツタイプのリポジトリーをコンテンツビューに追加する。
  • ライフサイクル環境全体で、OSTree および Puppet コンテンツタイプのリポジトリーを含むコンテンツビューを公開およびプロモートする。
Delta RPM (drpm) のサポート
Delta RPM (drpm) のサポートは、Satellite 6.9 で非推奨になりました。本バージョンの Satellite で削除されました。
Red Hat Access Insights プラグイン
Red Hat Access Insights プラグインは、Satellite 6.9 で非推奨になりました。本バージョンの Satellite で削除されました。
リポジトリーのバックグラウンドダウンロードポリシー
本リリースでは、Download Policy = Background を設定するオプションが削除されました。この設定を使用すると、アップグレードプロセスでこれらのリポジトリーを Download Policy = Immediate に更新します。その結果、リポジトリーの同期に時間がかかる場合があります。これは、すべてのコンテンツがダウンロードされるまで同期が完了したとみなされないためです。
Foreman フック
Foreman フック機能は Satellite 6.9 で非推奨になりました。本バージョンの Satellite で削除されました。
汎用およびホストのブートディスク
汎用およびホストのブートディスクは Satellite 6.9 で非推奨になりました。これらは、このバージョンの Satellite で削除され、UI と CLI の両方で無効になっています。SYSLINUX/Grub2 ブートローダーをベースとしており、すべての RHEL 認定ハードウェアで機能する Full Host Bootdisk を使用します。VMWare の自動ブートディスク割り当て機能も Full Host Disk を使用するようになりました。
hammer content-view version export および hammer content-view export-legacy

Satellite Air Gapped および Disconnected の機能拡張の一環として、コマンドの削除など、Satellite コマンドラインインターフェイスに変更が加えられています。

削除されたコマンドは次のとおりです。

  • hammer content-view version export

    Satellite 6.10 では、このコマンドは hammer content-export complete versionhammer content-export incremental version に置き換えられました。

  • hammer content-view version export-legacy

    Satellite 6.10 で、このコマンドは削除されました。

    このコマンドに代わる、同じ形式でエクスポートされたコンテンツを生成するコマンドはありません。ただし、コマンドラインを使用すると、Satellite からコンテンツをエクスポートし、別の Satellite にインポートされます。Satellite 6.10 が提供する機能の詳細は、Satellite Server 間でのコンテンツ同期 を参照してください。

MongoDB
Satellite 6.10 では、Pulp 2 が Pulp 3 にアップグレードされ、その結果、MongoDB が Satellite から削除され、PostgreSQL が採用されました。
Squid
Squid は Pulp 3 のコンポーネントである pulpcore-content の一部として提供されているため、Satellite 6.10 で非推奨となり、アンインストールされました。
汎用およびホストの起動ディスク
汎用およびホストのブートディスクは UI と CLI の両方で削除され、無効になっています。代わりに、SYSLINUX/Grub2 ブートローダーをベースとし、すべての RHEL 認定ハードウェアで機能する Full Host Bootdisk が使用されます。さらに、VMWare 自動起動ディスクも Full Host Bootdisk を使用するようになりました。