第5章 リリースの情報

本リリースノートには主に、今回リリースされた Red Hat Satellite 6 のデプロイメント時に考慮すべきテクノロジープレビューの項目、推奨事項、既知の問題、非推奨となった機能について記載します。この Red Hat Satellite 6 リリースのサポートライフサイクル中にリリースされた更新に関する注記は、それぞれの更新に付属するアドバイザリーテキストに表示されます。

5.1. 主な変更点

このリリースの Red Hat Satellite 6 には、次の主要な変更が含まれています。

レジストリーおよびポートの変更
以前は、Satellite サーバーはポート 5000 とポート 443 の 2 つのレジストリーを使用していました。6.10 では、ポート 5000 のレジストリーが使用されなくなりました。ポート 443 で使用されるレジストリーは、引き続き Satellite と Capsule の両方に適用されます。

サポートされるポートおよびファイアウォール要件の完全なリストについては、以下を参照してください。

  • Installing Satellite Server from a Connected NetworkPorts and Firewalls Requirements
  • Installing Satellite Server from a Disconnected NetworkPorts and Firewalls Requirements
  • Installing Capsule ServerPorts and Firewalls Requirements

    Pulp 2 から Pulp 3 への変更
    Satellite 6.10 では Pulp 2 が Pulp 3 に置き換えられています。Satellite を 6.9 から 6.10 にアップグレードすると Pulp コンテンツも移行されますが、これには時間がかかる場合があります。Preparing to Migrate Content to Pulp 3 では、Pulp コンテンツを Pulp 2 から Pulp 3 に事前に移行して、アップグレード前に時間を節約する手順が記載されています。
    コマンドラインインターフェイス (CLI) の変更
    Satellite 6.10 は、コンテンツ管理バックエンドを Pulp-2 から Pulp-3 にアップグレードします。新しい CLI では、コンテンツのエクスポートおよびインポートがサポートされるようになりました。これは、エアギャップ切断された Satellite 環境をサポートするためによく使用されます。
    新規 CLI へのマッピング
    このリリースの CLI 更新により、Satellite 6.10 でのエクスポートおよびインポートは CDN 形式ではなくなるため、Satellite 6.10 と Satellite 6.9 以前ではエクスポートとインポートに互換性がなくなります。新規 CLI を使用するには、すべてのサーバーで同じバージョンの Satellite を実行する必要があります。エクスポートされたコンテンツを同期する場合は、同等のインポートを使用する必要があります。

export-default コマンドおよび export-legacy コマンドは利用できなくなったため、これらのコマンドをシミュレートするエクスポートコマンドがあります。

以下の表では、利用可能なエクスポートコマンドおよびインポートコマンドをマッピングしています。

表5.1 エクスポートコマンド

コマンドSat 6.9 以前Sat 6.10 以降

コンテンツビューバージョンの完全なエクスポート

hammer content-view version export –id=<version-id>

hammer content-view version export-legacy –id=<version-id>

hammer content-export complete version –id=<version-id>

コンテンツビューバージョンの段階的エクスポート

* hammer content-view version export-legacy –id=<version-id> –since=<date>

* hammer content-export incremental version –id=<version-id>

リポジトリーの完全なエクスポート

hammer repository export –id=<repository id>

hammer content-export complete repository –id=<repository-id>

リポジトリーの段階的エクスポート

hammer repository export –id=<repository id> –since=<date>

hammer content-export incremental repository –id=<repository-id>

組織のデフォルトコンテンツビューバージョン (ライブラリー) の完全なエクスポート

該当なし

hammer content-export complete library –organization-id=<org id>

組織のデフォルトのコンテンツビューバージョン (ライブラリー) の段階的エクスポート

該当なし

hammer content-export incremental library –organization-id=<org-id>

全組織にわたる全コンテンツの完全なエクスポート

hammer content-view version export-default

該当なし

表5.2 インポートコマンド

コマンドSat 6.9 以前Sat 6.10 以降

コンテンツビューバージョンをインポートします。

hammer content-view version import –export-tar=<…​.> –organization-id=<organization-id>

hammer content-import version –path=<path> –organization-id=<organization-id>

リポジトリーをのインポート

該当なし (同期のみ可能)

hammer content-import repository –path=<path> –organization-id=<organization-id>

ライブラリーバージョンのインポート

該当なし

hammer content-import library –path=<path> –organization-id=<organization-id>