第2章 コンテンツ配信ネットワーク (CDN) のリポジトリー

このセクションでは Red Hat Satellite のインストールに必要なリポジトリーについて説明します。

Red Hat Satellite は、コンテンツ配信ネットワーク (CDN) からインストールすることができます。CDN からインストールするには、オペレーティングシステムのバージョンとバリアントに合った正しいリポジトリーを使用するように subscription-manager を設定します。

CDN リポジトリーを有効化するには、以下のコマンドを実行します。

# subscription-manager repos --enable=reponame

CDN リポジトリーを無効化するには、以下のコマンドを実行します。

# subscription-manager repos --disable=reponame

以下のセクションでは、Red Hat Satellite で必要なリポジトリーについて説明します。このドキュメントでは、パッケージのインストールに必要な場合にリポジトリーを有効にする手順を説明します。

2.1. Red Hat Satellite、Capsule、および Maintenance

以下の表は、Satellite Server、Capsule Server、および Satellite Maintenance のリポジトリーリストです。

表2.1 Red Hat Satellite、Capsule、および Maintenance

リポジトリー名リポジトリーラベル

Red Hat Satellite 6(RHEL 7 Server 用)(RPM)

rhel-server-7-satellite-6.10-rpms

Red Hat Satellite 6(RHEL 7 Server 用)(ISO)

rhel-server-7-satellite-6.10-isos

Red Hat Satellite Capsule 6(RHEL 7 Server 用)(RPM)

rhel-server-7-satellite-capsule-6.10-rpms

Red Hat Satellite Maintenance 6 (RHEL 7 Server 用) (RPM)

rhel-7-server-satellite-maintenance-6-rpms