6.3. 静的 IP アドレスを使用したホストのプロビジョニング

Red Hat Satellite 6 では、所定 MAC アドレスの DHCP レコードを予約するため、すべてのシステムが DHCP 用に設定されていることが想定されています。静的 IP アドレスを使ったホストのプロビジョニングは、カスタムプロビジョニングテンプレートやホストパラメーターを使用するか、またはサブネット情報に基づいて行うことができます。

6.3.1. 静的 IP アドレスを割り当てるためのカスタムテンプレートの使用

プロビジョニングされるすべてのホストの静的 IP サポートを提供するカスタムプロビジョニングテンプレートを作成することができます。PXE 設定テンプレートはコピーして、「RHEL 7.1 static」などのように別のオペレーティングシステムに関連付けることができます。つまり、このテンプレートを使用してシステムをキックスタートすると、静的 IP の受け取りが行われます。Satellite 6.0 および 6.1 では既存の「新規ホストの作成」ワークフローでの動的または静的 IP 設定の選択に対応していないため、現時点でこの方法は必須になっています。
この方法では、静的ネットワークを有効にするために PXE テンプレートを編集する必要があります。以下の例で説明されているように、PXE テンプレートを編集し、&static=yes を foreman_url('provision') の各インスタンスの末尾に追加します。

手順6.5 PXE テンプレートの編集:

  1. ホストすべてのホスト に移動し、編集する必要のあるテンプレートを持つホストの名前をクリックします。
  2. テンプレート タブをクリックし、選択可能なテンプレートタイプの一覧を表示します。
  3. PXELinux テンプレート タイプの 編集 をクリックします。テンプレートがテンプレートエディターに表示されます。
  4. 必要な変更を加えてから 送信 をクリックします。PXE テンプレートの更新方法の例については、例6.1「静的 IP アドレスを割り当てるための PXE テンプレートの編集」 を参照してください。

例6.1 静的 IP アドレスを割り当てるための PXE テンプレートの編集

default linux
label linux
kernel <%= @kernel %>
<% if @host.operatingsystem.name == 'Fedora' and @host.operatingsystem.major.to_i > 16 -%>
append initrd=<%= @initrd %> ks=<%= foreman_url('provision')%>&static=yes ks.device=bootif network ks.sendmac
<% elsif @host.operatingsystem.name != 'Fedora' and @host.operatingsystem.major.to_i >= 7 -%>
append initrd=<%= @initrd %> ks=<%= foreman_url('provision')%>&static=yes network ks.sendmac
<% else -%>
append initrd=<%= @initrd %> ks=<%= foreman_url('provision')%>&static=yes ksdevice=bootif network kssendmac
<% end -%>
IPAPPEND 2

6.3.2. 静的 IP アドレスを割り当てるためのホストパラメーターの使用

ホストパラメーターを使用して、ホストごとに静的 IP アドレスをセットアップすることができます。新規ホストを作成する場合、ホスト新規ホスト に移動してから パラメーター タブに必要なパラメーターを入力します。
例6.2「静的 IP アドレスを割り当てるためのホストパラメーターの使用」 は、静的 IP アドレスを設定するために、ホストパラメーターと共に if ステートメントを使用する方法を示しています。

例6.2 静的 IP アドレスを割り当てるためのホストパラメーターの使用

<% if @host.params['my_param_deploy_static'] == "true" -%>
   network --bootproto <%= "static --ip=#{@host.ip} --netmask=#{@host.subnet.mask} --gateway=#{@host.subnet.gateway} --nameserver=#{[@host.subnet.dns_primary,@host.subnet.dns_secondary].reject{|n| n.blank?}.join(',')}" %> --hostname <%= @host %>
<% else -%>
   network --bootproto 'dhcp' --hostname <%= @host %>
<% end -%>
詳細は、Red Hat Satellite 6 User Guide を参照してください。

6.3.3. 静的 IP アドレスを設定するためのサブネットの使用

ホストのサブネットに基づいて静的な IP アドレスを使ったホストのプロビジョニングを行えるよう Red Hat Satellite を設定することができます。サブネットをセットアップする場合、DHCP または静的ブートモードのいずれかを指定することができます。Red Hat Enterprise Linux インストールプログラム (Anaconda) はこの値を使用して、静的 IP アドレスまたは DHCP プールからのアドレスを割り当てるかどうかを判別します。このサブネットにプロビジョニングされるすべてのホストが静的 IP アドレスを受け取れるようにするには「静的」を指定します。

手順6.6 デフォルトの静的ブートモードの指定:

  1. インフラストラクチャーサブネット に移動して、設定する必要のあるサブネットの名前をクリックします。新規サブネットを作成するには、手順2.4「デフォルトサブネットの選択:」 の手順に従います。
  2. サブネット タブで、ブートモード ドロップダウンリストから 静的 を選択してから 送信 をクリックします。
新規ホストを作成し、それをこのサブネットに割り当てると、ホストは常にデフォルトで静的 IP アドレスを使用します。