1.3. ホストの登録および設定

以下のセクションでは、ホストを登録する方法、サブスクリプションを特定する方法、さらにサブスクリプションを割り当て、ホストでコンテンツを使用可能にする方法について説明します。

1.3.1. Red Hat Subscription Management への登録

このプロセスの最初の手順では、ホストを Red Hat Subscription Management に登録します。この登録により、ユーザーの利用可能なサブスクリプションに基づいて、ホストがコンテンツをサブスクライブし、使用することが可能になります。このコンテンツには、Red Hat Enterprise Linux、Red Hat Software Collections (RHSCL)、および Red Hat Satellite などが含まれます。Satellite を登録するには subscription_manager register コマンドを使用します。
# subscription-manager register
Username: demouser
Password:
The system has been registered with ID: 541084ff2-44cab-4eb1-9fa1-7683431bcf9a

1.3.2. Satellite サブスクリプションの特定

ホストを登録した後は、Satellite サブスクリプションプール ID を特定する必要があります。この ID は、必要なサブスクリプションをホストに割り当てるために必要です。Satellite サブスクリプションは、Red Hat Enterprise Linux、Red Hat Software Collections (RHSCL)、および Red Hat Satellite と同様に Satellite コンテンツへのアクセスを提供します。Satellite サブスクリプションのみが必須のサブスクリプションになります。
以下のコマンドを実行して、Satellite サブスクリプションを特定します。
# subscription-manager list --all --available
Subscription Name: Red Hat Satellite
Provides:          Oracle Java (for RHEL Server)
                   Red Hat Satellite 6 Beta
                   Red Hat Enterprise Linux Server
                   Red Hat Satellite
                   Red Hat Enterprise Linux Load Balancer (for RHEL Server)
SKU:               MCT0370
Pool ID:           8a85f9874152663c0541943739717d11
Available:         3
Suggested:         1
Service Level:     Premium
Service Type:      L1-L3
Multi-Entitlement: No
Ends:              10/07/2014
System Type:       Physical

重要

プール ID を書き留めておくようにしてください。この値は、サブスクリプションを Satellite ホストに割り当てる際に必要になります。この例では、プール ID は 8a85f9874152663c0541943739717d11 です。お客様のサブスクリプションでは、これとは異なる プール ID になります。
以下のコマンドを実行してサブスクリプションを Satellite に割り当てます。実際のプール ID に置き換えてください。
# subscription-manager attach --pool=8a85f9874152663c0541943739717d11
Successfully attached a subscription for: Red Hat Satellite
以下のコマンドを実行して、サブスクリプションが正常に割り当てられていることを確認します。
# subscription-manager list --consumed
+-------------------------------------------+
   Consumed Subscriptions
+-------------------------------------------+
Subscription Name: Red Hat Satellite
Provides:          Red Hat Satellite
                   Red Hat Enterprise Linux Server
                   Red Hat Software Collections (for RHEL Server)
                   Red Hat Satellite Beta
                   Red Hat Satellite 6 Beta
                   Red Hat Software Collections Beta (for RHEL Server)
                   Red Hat Satellite Capsule Beta
                   Red Hat Enterprise Linux Load Balancer (for RHEL Server)
                   Red Hat Satellite with Embedded Oracle
                   Red Hat Satellite Capsule
                   Red Hat Enterprise Linux High Availability (for RHEL Server)
SKU:               MCT0370
Contract:          10293569
Account:           5361051
Serial:            1653856191250699363
Pool ID:           8a85f9874152663c0541943739717d11
Active:            True
Quantity Used:     1
Service Level:     Premium
Service Type:      L1-L3
Status Details:
Starts:            10/08/2013
Ends:              10/07/2014
System Type:       Physical

1.3.3. リポジトリーの設定

すべての既存リポジトリーを無効にし、Red Hat Enterprise Linux 6、Red Hat Software Collections、および Satellite 6 リポジトリーのみを有効にします。以下のコマンドを実行します。
# subscription-manager repos --disable=*
# subscription-manager repos --enable rhel-6-server-rpms \
--enable rhel-server-rhscl-6-rpms --enable rhel-6-server-satellite-6.0-rpms

1.3.4. Satellite 6 のインストール

Satellite 6 をインストールするには、以下のコマンドを実行します。
# yum install katello